HOMEハウスメーカー比較住友林業

住友林業
特徴と坪単価(価格)


<スポンサーリンク>

 


 

業務内容

相見積サービスへ お客様の声へ

 

住宅業界の情報

ハウスメーカー比較へ ハウスメーカーのランキングへ 住宅業界の裏側へ

 

家づくりの知識

家づくりの基礎知識へ 快適な住まい方へ おしゃれなインテリアへ 実例ギャラリーへ 家相と風水へ

 

その他の基礎知識

不動産の豆知識へ 住宅ローン入門へ 住宅用語辞典へ

 

サイトの管理人

Placeholder image

(株)ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄

詳しくはこちら

 

問合せフォームへ

 

住友林業の価格(坪単価)

 

坪単価の目安


住友林業の営業マンに価格のことをたずねると、
「住友林業はプランの自由度が高いのが特徴です。
いつも、お客さんの予算に合わせたプランの提示をしていますので、 一概にいくらとは言えません。」
との事です。

でも、「タマホームのようなローコスト系のハウスメーカーを検討する ような客は来ないでほしい!」
というような ちょっと高飛車な感じがあります。

ですから、価格は決して安くありません。
大手ハウスメーカーの 中でも、高い方の部類になります。

実際に住友林業で建てた人達の話を聞くと、 外部の給排水・電気工事も含めた、最終引渡し価格は
坪単価80~90万円ぐらいが目安のようです。

住宅産業新聞の調べによると、
住友林業の全国平均坪単価は97.9万円となっています。

ハウスメーカーの中でも、結構高めの価格帯ですね。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

住友林業の営業スタイル

 

敷地調査は有料


これまでに、何人かの住友林業の営業マンに接したことがありますが、
皆、一様に紳士的で、同じ在来工法でローコストの「タマホーム」とは違い、 すごく品がいいです。

ただ、「ウチは貧乏な客を相手にしません!」というような ちょっと高飛車な感じを受けます。

「たまに、タマホームと競合させられることがあるんです。」 と言って、苦笑いをしていました。

これまでの私の経験上、 こちらから具体的なアクションを起こさない限り、住友林業はあまりしつこい営業攻勢はしてきません
(ちなみに、住宅展示場のセンターハウスでアンケートに答えると、 いつも真っ先に電話をしてくるのが日本ハウスHDかミサワホームです。)

住友林業の営業スタイルで、他社と大きく違うのは、
他のハウスメーカーは無料で敷地調査をしてくれるのに対し、
住友林業では有料で、5万円の費用が必要です

大手ハウスメーカーのほどんどは、敷地調査は無料です。
しかし、実際には、費用が発生している訳ですから、 敷地調査をしたのに受注できなかったお客さんの分は、
そのハウスメーカーで家を建てる人が負担していることになります。

ですから、住友林業のように有料にするという姿勢は評価できます。

住友林業と契約して以降の流れですが、
ヘーベルハウスでは、 初めは営業マン、設計段階では設計士、 詳細仕様決定の段階ではインテリアコーディネーター。
という具合に、ベルトコンベア式に分業されています。

住友林業では、建築士やインテリアコーディネーターが、 打合せに同席します。
でも常に営業マンがイニシアティブを取ります。
ですから、 住友林業で家を建てる場合、担当する営業マンによって、 家づくりの良し悪しの差が生じます

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

住友林業の特徴

住友林業は国内に4万ヘクタールの 社有林を所有している事もあり。
国内産の木を使用していることをウリにしていますが、 実際構造材に使われているのは3割ほどのようです。

冒頭でお伝えした楳図かずお氏の自宅の工事も請負うことができたぐらいですから、 他のハウスメーカーよりも自由度が高いです。

また、他のハウスメーカーに比べ、社員総数に占める一級建築士の割合が、ダントツに多いです

更に、住友林業緑化という外構専門のグループ会社を持っているので、
外構を含めて、家づくり全体を通したバランスの良い提案ができるという点において、他社よりも優れています。

 

住友林業の断熱、気密性


C値:公表されていません
UA値:0.46(1地域)~0.87(7地域)

ZEH(ゼロエネルギー住宅)の基準

 

<スポンサーリンク>

 

 

3種類の構法


住友林業では「マルチバランス構法」「ビッグフレーム構法」「ツーバイフォー構法」の3種類から選べるようになっています。
それぞれの構法の特徴は次のようになっています。

 

マルチバランス構法

木造軸組工法(在来工法)をベースにした構法です。

筋交いの代わりに、細く薄い板を斜め格子のように組合わせた、
「きずれパネル」と呼ばれる、ラティスフェンスのようなパネルを 柱の外側から釘打ちして、耐震性を確保しています。

標準で耐震等級3を実現しています。

構法に対して、特にこだわりが無い人は、マルチバランス工法で充分です。

工事中の住友林業

工事中の住友林業

 

ビッグフレーム構法

木造のラーメン構造で、大きな断面形状の集成材を使って、金属で接合します。

大きな開口を作る事ができ、20畳を超える大空間を設ける事が可能で、間取りの自由度が高い構法です。

壁を設けなくても良いので、都会の間口が狭い敷地などでも、ひじょうに有利です。

 

ツーバイフォー構法

元々はスミリンツーバイフォーと称して住友林業の家とは別ブランドでした。

壁を基本とした構法なので、他の2つの構法よりも自由度は高くありませんが、それほど気にする事はないでしょう。

ただ、ツーバイフォー工法ですから、構造に使用する木材は輸入材になります。

住友林業の場合、気密測定はしていませんので、どこまで気密性が確保されているか分かりません。
その点、ツーバイフォー工法は他の2つの構法よりも気密性が確保しやすいので、
気密性が気になる人はツーバイフォー構法を選ばれるのが良いかも知れません。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

住友林業の売れ筋商品


住友林業では主力なのが「My Forest」、「The Forest BF」、「Grand Life」の商品シリーズになります。

 

My Forest(マイ フォレスト)

昔からの定番商品です。自由設計を前面に出して、色々な提案を盛り込んでいます。

例えば、ウォークスルークローゼット。
玄関からリビングに直接行ける動線とは別に、クローゼットを通ってからリビングに行く動線も用意されているという提案です。

私のクライアントからも、住友林業のウォークスルークローゼットのようにして欲しいというご要望が、よくあります。

また、ポケットスペースというのもあり、リビングやダイニングに趣味コーナーや家族のパソコンコーナーなどを設けて、できるだけ家族が一緒にいる時間を作るという提案も積極的に採用しているようです。

 

The Forest(ザフォレスト BF)

BFはボーイフレンドではなく、ビックフレーム構法の事です(笑)

ビッグフレーム構法を前提とした商品で、工法の特徴を活かした、大空間や間取りの自由度が特徴です。
また、最大で2メートル80センチの天井高もウリになっています。

また、大きな開口部を作る事が可能なので、庭とリビングの繋がりを積極的に提案しています。

内装は木の風合いのイメージを前面に出しています。

 

Grand Life(グランド ライフ)

平屋建てを前面に出した商品です。平屋建てを前提にした商品というのはなかなか珍しいです。

平屋は構造的にも他の階との関係を考えなくてよいので、ひじょうに間取りの自由度は高くなります。
また、上下の動線が無いので、実際に生活する上でも、とても楽です。

ご高齢者にはとてもお薦めですし、高齢者ではなくても、平屋をご希望される方は多いです。

都会では平屋暮らしは難しいですが、郊外の広い土地であれば、とても良いかも知れません。

 

<スポンサーリンク>

 

 

女性の視点による商品展開


住友林業では女性視点を意識した商品シリーズもいくつかあります。

特に「 mamato」、「ikiki」、「konoka」の商品シリーズは女性の年齢に応じた提案をしていて、他社と、ちょっと違いを出しています。

私の所にご相談に来られる方の中には、住友林業の「konoka」のような家を建てて欲しいというご要望をおっしゃる方もいらっしゃいました。

それぞれの商品は次のような特徴があります。

 

mamato ママト

鉄隕石をイメージした濃いメタリックなブルーの外壁が最大の特徴です。
アクセントととして白の外壁を使って、都会的なイメージを演出しています。

2階建てから4階建てまで対応しています。

 

ikiki イキキ

最も売れ筋のキュービックからの派生商品で、陸屋根ではなく南側が緩勾配で、北側が急勾配の屋根が付いているのが特徴です。

2階の北側の部屋にロフトを設け、南側に多くの太陽光パネルが載せられます。

 

konoka コノカ

都市部の狭小地向に3階建ての家を建てる事に特化した商品。

スキップフロアー風に床の高さを変えて、限られた空間に広がりを感じさせるように工夫させる事を特徴としています。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

断熱性能は標準で「平成25年省エネルギー基準」をクリア


標準仕様で省エネ等級4をクリアしています。

北海道や東北以外の地域では余裕を持って基準をクリアしています。
しかし、北海道や東北においては、 基準をギリギリでクリアしているだけなので、
北海道や東北の人にとっては、 その断熱性能は物足りないかも知れません

実際、北海道の方に聞いたところ、住友林業の家は地元の建築会社の家と比べると寒いとの事でした。

 

 

自由度の高さ


だいぶ前の話しになりますが、
漫画家の楳図かずお氏が東京・吉祥寺の高級住宅街に建築した自宅が 赤白のストライプで近隣の人達とトラブルになり、
当時はかなり話題になりました。

こちらを参照

「まことちゃんハウス」は何が悪いのか? 

あの家、‥‥実は住友林業が建築しています。

楳図氏のデザインした、 あの個性的な建物の建築工事を請負えるのですから、 自由度の高さを感じます。

しかし、住友林業から出てくる提案には、 その自由度があまり活かされているようには感じられません。
保守的で無難な形でまとめてくることが多いようです。

でも、その保守的なところが住友林業の特色と言うこともできますね。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

自慢の社内検査。その実態は?


住友林業では工事の節目毎に、社内検査を実施して、
それに合格しなければ、先の工程に進めない事になっているようです。

その社内検査項目は360項目にも及ぶという説明を受けました。

どんな項目があるのかと言う事を尋ねると、 社外秘なので、施主であっても教えられないとのことです。

しかし、検査は施主のために行うべきものですから、 検査基準を公開し、施主に報告するのが本来の姿ではないでしょうか。

そもそも、身内で行う検査など、当てになる訳がありません。
特に決算期であれば、決算に間に合わせるように工事を終わらせ、 引渡ししてしまわなくてはなりません。

同じ会社の社員である検査員は、 その事情をよく分かっている訳ですから、
不具合を発見しても、 見なかったことにしてしまうなんて事はないのでしょうか?

 

 

涼温房?


住友林業のモデルハウスに行くと「涼温房(りょうおんぼう)」 と書かれた展示パネルが目に入ります。

それは、言わば、住友林業の設計指針のようなもので、風や太陽を利用して、冷暖房を補おうというものです

そこで言っている事は、ごく一般的な内容で、 取り立てて、どうという事はありません。

ただ、あれ?と思ったのは、 冬に、南側の大きな窓から入ってくる太陽熱を床に蓄熱して、 夜間の暖房を補うという所です。

それ自体はいい考え方ですが、 よく考えてみたら、住友林業の窓ガラスは標準でLOW-Eガラスです。
普通のガラスより断熱性に優れ、熱を遮断します。

つまり、家の中に入ってくる太陽光線の熱も遮断してしまうので、 床に太陽熱をどれだけ蓄熱できるのか疑問が残るところです。

 

 

24時間365日体制の「コールセンター」


住友林業では24時間365日体制の「コールセンター」を設置しています。

いつでも不具合やクレームを受付て、 直ぐに対応できる体制を整えています。
ただ、夜間の対応は、本部で一括して電話を受けるだけで、 翌日、該当の営業所に連絡し、実際の対応はそれ以降となるようです。

このサポート体制については、 以前、お邪魔したヘーベルハウスの営業マンが
「住友林業さんはヘーベルハウスの真似をして、後から始めたんです。」
とムキになって言っていたことを思い出だします。

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

口コミ・建てた人の評価

当社に寄せられた住友林業に関してのご相談や提供して頂いた情報をご紹介します。

住友林業の評判を示すうえで、ここでご紹介した事例のみで全体としての評判を語れるものでは無い事は十分承知しておりますが、
実際にあった参考事例として掲載致します。

事例が多いので、別のページで掲載しています。

 

このままだと家が傾いてしまいます

元々、敷地の奥の方が80センチほど低くなっていたので、敷地奥の隣地境界にべニア板を立て、土を入れて高くしました。住友林業の現場監督からは、建物が完成した後に、外構工事でコンクリートの擁壁を作るという説明がありました。ところが・・・

続きはこちら

 

住友林業から理不尽な追加請求が・・・

今回、我が身も顧みず住友林業で注文住宅を建て、結果、非常に不本意な思いをし、泣き寝入りさせられた事を悔み、今後住宅購入を計画している消費者の参考となり、無用な被害に遭遇しない様に情報提供と注意喚起をするものです・・・

続きはこちら

 

工事現場が1年以上ストップ・・・

通勤で通る道沿いで住友林業が工事を始めました。毎日、前を通る度に、工事が進行していくのを楽しみに見ていました。ところが、工事が始まってから1ヶ月半ほどが経過すると工事がストップして、全く進まなくなってしまいました・・・

続きはこちら

 

断熱材の施工不良

ある工務店の社長さんから頂いた情報提供です。
現場が何件か錯綜したので、住友林業の大工さんに助っ人をお願いしました。そして、断熱工事の段階で現場を見に行くと、こんな状態に・・・

続きはこちら

 

アフターフォローはどうなってるの!

隣との境界線の杭が1本外れており、住友林業○○支店(建築先拠点)に連絡し、お客様センターが担当し、最終的に下請けの測量士から連絡がくることになりました。ところが約束の日時に連絡がなく、こちらから連絡して理由を問うと・・・・・・

続きはこちら

 

 

住友林業に関する評判や口コミを募集します

住友林業で家づくりを検討している方々のために、
ご参考になるような実際にあったお話しを教えてください。

悪い話しでも結構ですし、住友林業で建てて良かったというお話しも歓迎です。

ぜひ、こちらの問合せフォームから、情報をお寄せください。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

口コミ・主婦からの評価

住友林業の口コミの記事は別ページです。
下記よりご覧ください

  • 住友林業・主婦の視点から
    ミサワホームのモデルハウスを訪問た主婦からの口コミを紹介。主婦の視点で評価。
    玄関に入ると木の香りが・・・。複雑に入り組んだスキップフロアが・・・。結構贅沢なインテリア。・・・などなど

 

 

住友林業の歴史

 

住友林業の歴史の記事は別ページです。
下記よりご覧ください

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

住友林業の総評

在来工法のトップメーカーですが、
地元工務店とは違って、非常に高額です。

積水ハウスやヘーベルハウスなどのプレハブメーカーと 肩を並べるほどの価格です。

工法では、在来工法という強みを活かし、設計の自由度をウリにして、 他の大手ハウスメーカーとは差別化を図っています。

でも、提案は非常に保守的ですから、 個性的な提案を希望する人には向きません。
(楳図かずお氏のように、自分でデザインするのであれば別ですが)

高断熱高気密に関して、大手ハウスメーカーの中では、 割りと充実している方ですが、 北海道や東北の人には物足りないかもしれません。

24時間365日体制の「コールセンター」を設置していて いつでも不具合やクレームを受付て、 直ぐに対応できる体制を整えています。

他社の似たような体制よりは、少し先を行っているような感じはします。

ところで、住友林業のお客さんには 非常に熱烈なファンもいれば、険悪な状態の人もいて、 両極端の人が存在しているようです。
おそらく、担当者の力量に差があるためでしょう。

最後に、 住友林業は、予算の限られた人が行くべきではありません。
間違って行ってしまうと、営業マンから白い目で見られそうです。

 

 

 

 ★オススメの記事

 

 

 


このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市東山区泉涌寺東林町37-7

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅相見積サービス」を運営し、京都・滋賀・大阪・奈良で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について

▲Page Top