【ダイケンホーム&サービスの評判】坪単価(価格)や特徴など

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>> ダイケンホームの評判

<スポンサーリンク>

 

他のハウスメーカーの特徴へ他のハウスメーカーの特徴はこちら

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

★あれっ、どこかで見たことがある営業マン

今はリフォームがメインで新築はほとんどしていませんが
かつては分譲地で土地と一緒に新築の建物を売るというスタイルがメインでした。

以前、ダイケンホームが新築メインだったころ
私がダイケンホームのモデルハウスへ行くと
ダイニングで商談中のお客さんが‥‥。

その商談をしている営業マンを見て、
あれっ、どこかで見たような‥‥‥。

‥‥‥思い出しました。

以前、私のクライアントが
この近くの分譲地で家を建てたのですが、

隣の区画に仮設事務所が建てられていて、
そこにいつも詰めていた彼だ‥‥。

でも、あの時は別のハウスメーカーの家を売っていたと思うのですが‥‥。

聞けば、1年間の期限付きで、
そのハウスメーカーの応援に行っていたとか。

実は中小工務店向けに営業支援をするというビジネスがあります。

どうやらダイケンホームは営業を外部に委託しているようで、
今でもそのスタンスは変わっていないでしょう。

このページのトップへ ↑ 

 

 

★一般の方には、あまり知られていません

ダイケンホームの親会社は 大手建材メーカーの大建工業です。

必然的に、建材はすべて大建工業の製品が使われています。

大建工業の建材は品質的にも信頼できますし、
同じグループ内でその高品質な建材を調達できるという所が
ダイケンホームの強みになります。

昔は他のハウスメーカーと同様に色々な住宅展示場に出店していましたが
現在ではリフォームにシフトしています。

大手ハウスメーカーや地元工務店も大建工業の建材をよく採用していて、
ダイケンホームがドンドン受注していくと、
親会社の得意先の妨げになってしまうという
難しい立場にあります。

そのためかどうか知りませんが、細々と営業しているので、
一般の方にはあまり知られていません。

 

 

★建材メーカーの利点を活かしています

親会社の大建工業は
他の建材メーカーと比べても、扱う建材が多義にわたっています。

普通の内装ドアや床材などはもちろん
音響に関する建材や介護に関する建材、
あるいはペットや耐震など、
色々な方面に特化した機能を備えた建材が充実しています。

例えば、リビングの防音性能をアップさせて
ホームシアターとして利用できるようにリフォームしたいと言った場合、
そのための内装ドアや壁材、吸音材などを大建工業の商品だけで揃えられ、
しかも、仕様や施工方法もマニュアル化されています。

 

ダイケンホームについて、私の耳には良い評判も悪い評判も入ってきていません。

着工数がそれほど多くないからかもしれません。

 

 

ダイケンホームに関する評判や口コミを募集します

ダイケンホームで家づくりを検討している方々のために、
ご参考になるような実際にあったお話しを教えてください。

悪い話しでも結構ですし、ダイケンホームで建てて良かったというお話しも歓迎です。

ぜひ、こちらの問合せファームから、情報をお寄せください。

住友林業の評判の募集お問合せフォーム

 

 

<スポンサーリンク>

 

このページのトップへ ↑ 

 

ダイケンホームは大建工業の一部門が独立して
1964年に創業し、ツーバイフォー工法の戸建て住宅を手掛けるようになりました。
同じツーバイフォーの三井ホームよりも古いです。

2015年頃までは新築住宅をやっていたのですが、
現在ではリフォームにシフトしています。

親会社の大建工業は元々は旧伊藤忠財閥で、
伊藤忠商事や丸紅商事とも深い関係にあります。

ここで、以降はこのサイトのいつものパターンで、
ダイケンホームとは関係のない話になります。

★近江商人の心得「三方よし」

旧伊藤忠財閥の創業者は伊藤忠兵衛。

1842年(天保13)に琵琶湖の東側にある豊郷町で生まれました。

実家は「紅長」(べんちょう)の屋号で繊維小売業を営む近江商人でした。

伊藤忠兵衛は兄の伊藤長兵衛と共に
堺や紀州へ麻布の行商をするようになり、
それが、伊藤忠財閥の始まりでした。

これまでにも何度かお伝えした旧財閥の創業者同様に
商才を発揮して財をなす訳ですが、
近江商人自体が非常に商才に長けていたようです。

近江商人の流れを汲む企業には
伊藤忠財閥だった伊藤忠商事、丸紅商事、大建工業の他にも
次のようなところがあります。

・高島屋
・大丸
・西武百貨店
・伊藤忠商事
・丸紅
・トーメン
・ニチメン
・ヤンマー
・三中井
・日清紡
・東洋紡
・東レ
・日本生命
・ワコール
・西川産業

このような名立たる企業を築いた近江商人には
ある心得がありました。

その心得とは「三方よし」と言い、
私も大好きな言葉の一つです。

取引は、売り手と買い手だけでなく、
世間の為にもなるものでなければならない
というものです。

近江商人は行商に行った旅先で
人々の信頼を得ることが何より大切でした。

「三方よし」によって他国で自分の存在価値を築く事で
商売を広げていく事ができたのです。

また、近江商人の生活は質素倹約で、ひたすら蓄財をしました。

しかし、天候不良で農作物が壊滅状態になるような事があると、
「これでもか!」というような豪華な屋敷を建築します。

そして、その屋敷の建築に、近隣の農家の人たちを動員し、
彼らに仕事を与え、その場をしのげる様にしたのでした。

 

近江商人・・・見習うべき事が沢山ありますね。

 

例によって、全然関係のないお話しでした。

 

<スポンサーリンク>

 

このページのトップへ ↑ 

 

コンシェルジェの奥さんがハウスメーカーを厳しくチェック

ダイケンホームは、分譲を専門にしていて
家だけを建てるということはほとんどなく、 必ず土地とセットです。

そのため、私の妻は全く興味が無いとのことで
取材に同行してくれませんでした。

という訳で、主婦の目チェックがありません。

 

他のハウスメーカーの特徴へ他のハウスメーカーの特徴はこちら

 

 ★オススメの記事

 

 

このページのトップへ ↑ 


住宅のサポートへ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市東山区泉涌寺東林町37-7

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について