外皮平均熱貫流率(UA値)とは【住宅建築用語】

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>>外皮平均熱貫流率とは【住宅建築用語】

<スポンサーリンク>

 

 

外皮平均熱貫流率とは
UA値とも言い、住宅の断熱性能を数値的に表したものです。

外皮平均熱貫流率(UA値)の単位はW/m2K。
外皮平均熱貫流率(UA値)の計算式は次のようになります。

 

Q値(熱損失係数)の計算式

 

 

上記の計算式だと難しくて何のことか分かりにくいですが、
分かりやすく言えば、建物のそれぞれの部位の熱損失量を合計して、建物外皮の面積で割ったものが、外皮平均熱貫流率(UA値)です。

分かりやすく図解すると次のようになります。

 

Q値(熱損失係数)の簡易計算式

熱損失係数

 

まず、建物の各部位の熱損失量を合計します。

熱損失量を算出するためには熱貫流率を使って計算します。
熱貫流率についてはご参照ください

 熱貫流率へ熱貫流率(U値)とは

建物全体の熱損失量の合計を、建物全体の外皮合計面積で割れば外皮平均熱貫流率(UA値)を求める事ができます。


 

 

<スポンサードリンク>

 

このページのトップへ ↑ 

 

外皮平均熱貫流率(UA値)と同じように、建物の断熱性能を示す値として熱損失係数(Q値)というのがあります。

外皮平均熱貫流率(UA値)と熱損失係数(Q値)は次の2点が違います。

<違い1>

外皮平均熱貫流率(UA値)は外皮の1㎡当たりの熱損失量なのに対し、
熱損失係数(Q値)では床面積の1㎡当たりの熱損失量を表しています。

<違い2>

熱損失係数(Q値)では換気による熱損失量が含まれていますが
外皮平均熱貫流率(UA値)は換気による熱損失量は含まれていません。

 

 

 ★オススメの記事

 

 

このページのトップへ ↑ 


住宅のサポートへ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について