HOME住宅建築用語ま行棟木

棟木(むなぎ)とは
【住宅建築用語の意味】



 

業務内容

相見積サービスへ お客様の声へ

 

住宅業界の情報

ハウスメーカー比較へ ハウスメーカーのランキングへ 住宅業界の裏側へ

 

家づくりの知識

家づくりの基礎知識へ 快適な住まい方へ おしゃれなインテリアへ 実例ギャラリーへ 家相と風水へ

 

その他の基礎知識

不動産の豆知識へ 住宅ローン入門へ 住宅用語辞典へ

 

サイトの管理人

Placeholder image

(株)ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄

詳しくはこちら

 

問合せフォームへ

 

棟木とは
屋根の一番高い位置で、母屋や軒桁と平行方向に取り付けられる部材で、棟木が取り付けられる瞬間を「上棟(じょうとう)」あるいは「棟上げ(むねあげ)」と呼びます。

屋根組みの実例

屋根組みの実例画像

 

お勧め記事


この記事をご覧になった方は、次の記事もご覧になっています

お勧めの記事木造住宅の工事|チェックポイント
 上棟前後のチェックポイントを動画と画像で解説

お勧めの記事屋根形状の種類と特徴
 住宅の屋根形状の種類とメリットとデメリットを解説

他の部屋の部位へ上棟式のご祝儀・費用・表書き
 上棟式はどんな事をするのか?ご祝儀や費用などはどうか?

 

 

 

 

 

 

棟木の詳細説明

 

棟木とは
屋根の一番高い位置で、母屋軒桁と平行方向に取り付けられる部材で、
棟木が取り付けられる瞬間を「上棟(じょうとう)」あるいは「棟上げ(むねあげ)」と呼びます。

棟木の読み方は
「むなぎ」あるいは「むなき」ですが、どちらかと言えば「むなぎ」の方が一般的です。

 

在来工法の屋根組み
在来工法の屋根組み

 

 

 

 

 

 

 上棟は工事の節目

 

木造軸組工法(在来工法)では、棟木を取り付ける事で、建物の骨組みが完成したという、大きな工事の節目になります。
それを祝して行われるのが上棟式です。

昔の上棟式は職人さんを初め近所の人たちや親しい人を呼んで、食事やお酒を振る舞いましたが、現在では簡略化され、上棟式を行わないケースも多くなりました。

上棟式について、詳しくはこちらをご覧ください。

 

 棟木の樹種と断面寸法

 

棟木は構造的には母屋や軒桁と一緒に垂木を支え、屋根の荷重をに伝える訳ですが、
最も高いところにある棟木の役目はとても重要です。

一般的によく使われる樹種は松、米松、杉などが一般的です。

断面寸法は105ミリ角か120ミリ角がよく使われますが、
小屋裏収納などを作るために、長いスパンを飛ばさなければならない場合は、飛ばすスパンに応じた断面寸法が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 棟木は途中で継ぎ足すものです

 

木材の長さは、4メートルが最も一般的です。
もっと長尺のものもありますが、価格はぐっと高くなります。

なので、棟木は途中で継ぎ足す事になります。

よく、継ぎ足しても大丈夫なのかと心配される方もいらっしゃいますが、
しっかりと継手加工を施し、必要に応じて金物による補強などもするので問題ありません。

 

梁方向と桁方向
棟木を継いでいる箇所

 

 棟木の割れについて

 

よく、リフォームなどで棟木に割れがあり、心配される事がよくあります。
昔は自然乾燥だったので、よく割れの生じる事がありましたが、構造的には特に問題はありません。

現在は強制的によく乾燥させた材を使っていますが、それでも、稀に割れが生じる事があります。

築50年の家の棟木
割れが生じています
割れが生じた棟木

 

 

 

 ★オススメの記事

 

 

 


このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市東山区泉涌寺東林町37-7

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅相見積サービス」を運営し、京都・滋賀・大阪・奈良で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について

▲Page Top