火打ち(ひうち)とは
【住宅建築用語の意味】



 

業務内容

相見積サービスへ お客様の声へ

 

住宅業界の情報

ハウスメーカー比較へ ハウスメーカーのランキングへ 住宅業界の裏側へ

 

家づくりの知識

家づくりの基礎知識へ 快適な住まい方へ おしゃれなインテリアへ 実例ギャラリーへ 家相と風水へ

 

その他の基礎知識

不動産の豆知識へ 住宅ローン入門へ 住宅用語辞典へ

 

サイトの管理人

Placeholder image

(株)ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄

詳しくはこちら

 

問合せフォームへ

 

 

 

 

 

火打ちとは、
桁(けた)土台のコーナー部がしっかりと固定されるよう、斜めにかけ渡された補強材のことをいいます。

火打ちは地震や台風時に発生する水平力による変形を、防止するする役目があります。

火打ちの実例

火打ちの実例画像

 

お勧め記事


この記事をご覧になった方は、次の記事もご覧になっています

お勧めの記事木造住宅の工事|チェックポイント
 上棟前後のチェックポイントを動画と画像で解説

お勧めの記事屋根形状の種類と特徴
 住宅の屋根形状の種類とメリットとデメリットを解説

他の部屋の部位へ【住宅の工法】種類と特徴の比較
 住宅の工法の主な6種類について、メリットやデメリットを比較

 

 

 

 

 

 

火打ちの詳細説明

 

火打ちとは、
桁(けた)土台のコーナー部が
しっかりと固定されるよう、
斜めにかけ渡された補強材のことをいいます。

火打ちは地震や台風時に発生する水平力による変形を、
防止するする役目があります。

1階の床に設けるものを「火打ち土台」、
2階などの床や小屋組に設けるものを
「火打ち梁」と言います。

一般的には木材を使用しますが、
最近では火打ち金物の使用も多くなってきました。

 

在来工法の屋根組み(火打ち梁)
在来工法の屋根組み

在来工法の床組み(火打ち)
在来工法の床組み

 

 

 

 

 

 

火打ちで囲まれた面積が、
16㎡以内になるように火打ちを配置する事が望ましく、
当然、火打ちで囲まれた面積が小さい程、床の強さは強くなります。

尚、火打ちの付近で土台や梁の継手を設けることは好ましくない。

また、床組みを、構造用合板張りにした剛床とする場合は
火打ちを省くことができます。

 

火打ちの語源

「火打ち」の語源は火打石と火打金から来ています。

時代劇などで、ご主人が出かける時に奥さんが頭の後ろで、火打石と火打金を使って火花を出して、厄除けをしますね。

その火打金の形状が、概ね三角形だったので、隅に三角形ができることから「火打ち」と呼ばれるようになりました。

和裁では袖下と脇の角に、ゆとりを出すためにつける三角形の襠 (まち) や
羽織の背の縫い目の裂けた所につける三角形の布のことを「火打ち」と呼びます。


 

 

 

 ★オススメの記事

 

 

 


このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市東山区泉涌寺東林町37-7

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅相見積サービス」を運営し、京都・滋賀・大阪・奈良で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について

▲Page Top