束石(つかいし)とは【住宅建築用語の意味】

家づくりを応援する情報サイト


家づくりを応援するサイトのトップへ

>>束石とは【住宅建築用語の意味】

 

 

 

束石とは、
基礎の部分で、1階床を支える床束の下に設ける
石やコンクリートの部材のこと。

 

1階の床組み

 

束をそのまま基礎や地面に置くと水分があがって、
腐ってしまう可能性があるため、束石が設けられる。

この束石がしっかりしていないと、
1階床が沈んだり床鳴りの恐れがあります。

動くようであれば、
しっかり固定させるようにしましょう。

束石は、ウッドデッキなどの
簡易な工作物にもで使用されます。

 

その他、住宅構造材の関連記事

住宅の構造材の関連記事大引き(おおびき)とは

住宅の構造材の関連記事管柱(くだばしら)とは

住宅の構造材の関連記事束(つか)とは

住宅の構造材の関連記事束石(つかいし)とは

住宅の構造材の関連記事胴差し(どうさし)とは

住宅の構造材の関連記事通し柱(とうしばしら)とは

住宅の構造材の関連記事土台(どだい)とは

住宅の構造材の関連記事根太(ねだ)とは

住宅の構造材の関連記事火打ち(ひうち)とは

 

 

 ★オススメの記事

 

 

このページのトップへ ↑ 


住宅のサポートへ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市東山区泉涌寺東林町37-7

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅相見積サービス」を運営し、京都・滋賀・大阪・奈良で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  個人情報保護について

 

 

 

 

▲Page Top