HOME住宅建築用語た行土台

土台(どだい)とは
【住宅建築用語の意味】



 

業務内容

相見積サービスへ お客様の声へ

 

住宅業界の情報

ハウスメーカー比較へ ハウスメーカーのランキングへ 住宅業界の裏側へ

 

家づくりの知識

家づくりの基礎知識へ 快適な住まい方へ おしゃれなインテリアへ 実例ギャラリーへ 家相と風水へ

 

その他の基礎知識

不動産の豆知識へ 住宅ローン入門へ 住宅用語辞典へ

 

サイトの管理人

Placeholder image

(株)ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄

詳しくはこちら

 

問合せフォームへ

 

土台とは、
基礎の上に水平に固定される角材のこと。基礎とアンカーボルトによって固定されます。

土台の実例

土台の実例画像

 

お勧め記事


この記事をご覧になった方は、次の記事もご覧になっています

他の部屋の部位へ木造住宅の工事|チェックポイント
 上棟前後のチェックポイントを動画と画像で解説

住宅の構造材の関連記事大引き(おおびき)とは

住宅の構造材の関連記事根太(ねだ)とは
 

 

 

 

 

 

 

土台の詳細説明

 

土台とは、 基礎の上に水平に固定される角材のこと。

地面に最も近いところにある木材のため、細菌やシロアリにやられないように、ヒノキ、ヒバ、栗、あるいは、防腐・防蟻(ぼうぎ)処理された木材を施すことが一般的です。

 

在来工法の床組み
在来工法の床組み

 

土台は、基礎と、建物の骨組みをつなぐ役割があり、アンカーボルトによって固定されます。

アンカーボルトは柱の取り付け位置や、土台の継手から15cmぐらい離れた所と在来工法の場合、途中4m間隔以内の所、
ツーバイフォー工法の場合、途中2m間隔以内の所に設置しなければなりません。

また、土台の上端には、土台水切り鉄板などの雨じまい対策を施す必要があります。
また、土台と基礎の間には防湿シートや基礎パッキンなどを敷いて、直接、基礎に触れないようにします。

これは、基礎からの湿気が土台に上がってこないように遮断するためです。

「土台」という言葉は、建築用語から派生して、一般的に使われる言葉として定着しています。

「土台から崩れる」といえば、まさに建物が元から崩壊する様を例えている訳で、住宅建築上、土台は特に重要な部分です。

 

 

 

 

 

 

 

実際に土台の工事をしている状況を動画でご覧ください
(動画長さ 2分00秒)

 

 

 

 ★オススメの記事

 

 

 


このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市東山区泉涌寺東林町37-7

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅相見積サービス」を運営し、京都・滋賀・大阪・奈良で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について

▲Page Top