雪見障子(ゆきみしょうじ)とは
【住宅建築用語の意味】



 

業務内容

相見積サービスへ お客様の声へ

 

住宅業界の情報

ハウスメーカー比較へ ハウスメーカーのランキングへ 住宅業界の裏側へ

 

家づくりの知識

家づくりの基礎知識へ 快適な住まい方へ おしゃれなインテリアへ 実例ギャラリーへ 家相と風水へ

 

その他の基礎知識

不動産の豆知識へ 住宅ローン入門へ 住宅用語辞典へ

 

サイトの管理人

Placeholder image

(株)ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄

詳しくはこちら

 

問合せフォームへ

 

 

 

 

 

雪見障子とは、
障子の下半分がガラスになっていて、障子を閉めても、外の景色が見える障子のことです。

部屋の中から、雪が積もった景色を楽しめる事から、雪見障子と呼ばれています。

雪見障子のイラスト

 

 

 

お勧め記事


この記事をご覧になった方は、次の記事もご覧になっています

他の部屋の部位へ障子の種類【名称・名前】-枠のデザイン
 障子の種類と特徴・メリットとデメリットなど

他の部屋の部位へ和室の部位【名前・名称】
 「和室」の各部位の名称・・・鴨居、敷居、長押など

他の部屋の部位へ床の間の部位【名前・名称】
 「床の間」の各部位の名称・・・床框、違い棚、書院など

他の部屋の部位へ部屋の部位【名前・名称】
 「洋室」の各部位の名称・・・ドア枠、ケーシング、沓摺など

 

 

雪見障子の詳細説明

雪見障子とは、
障子の下半分がガラスになっていて、障子を閉めても、外の景色が見える障子のことです。

部屋の中から、雪が積もった景色を楽しめる事から、雪見障子と呼ばれています。

 

 摺り上げ雪見障子

 

 

雪見障子の中には
ガラスの前に上下にスライドする障子が組み込まれているモノもあります。

それを「摺り上げ雪見障子」、あるいは「猫間障子」と呼びます。

スライド式の障子を上げると、普通の雪見障子と同じように障子を閉めた状態で、外の景色を楽しむ事ができます。

スライド式の障子を下げると、一見したら普通の一般的な障子(水腰障子)のようになります。

雪見障子または猫間障子

 

「摺り上げ雪見障子」を単に「雪見障子」と呼んでいる場合もありますが、正確には雪見障子と言えば、上げ下げする機能のない、ガラスがハメ込まれただけの障子の事を指します。

 

 

 猫間障子との違い

 

「摺り上げ雪見障子」は、「猫間障子」と呼ばれる場合が多いです。

特に関東地方では「猫間障子」と呼ぶ方がポピュラーなようで、様々な書籍を見ても「猫間障子」という名称で紹介されています。

 

 

なぜ、猫間障子という名称の由来ですが、
「間」というのは部屋を指す言葉なので、猫が居る部屋の障子という事になります。

つまり、障子の一部をスライドさせて、猫が自由に出入りできるようにしたのが猫間障子です。

明治以降になって、ガラスがハメ込まれようになり、名称はガラスが入っても猫間障子のままでした。

ただ、ガラスがハメ込まれると猫が自由に出入りできなくなるので、「猫間障子」とは区別して、「摺り上げ雪見障子」と呼ぶのが正確であるという意見もあります。

猫間障子 

 

 

 

 

 ★オススメの記事

 

 

 


このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市東山区泉涌寺東林町37-7

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅相見積サービス」を運営し、京都・滋賀・大阪・奈良で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について

▲Page Top