【洋室】部屋の部位(名前・名称)

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>>(洋室)部屋の部位の名称

<スポンサーリンク>

 

住宅の動画のチャンネル

 
YouTubeチャンネルで住まいの動画をアップしてます

チャンネル登録をお願いします

←こちらをクリックしてね

 

部屋の部位、あるいは色々な部分の名称について図解にて解説します。

普段の生活では、あまり意識する事はありませんが、新築やリフォームなどで業者との打合せをすると、部屋の各部位について、専門的な名前が飛び交います。

そうなる素人としてはどの部分を指しているのか、さっぱり分かりません。

そこで、中でも、よく出てくる名前を下に記載しました。

それぞれの名称と役割についてご紹介します。

 

部屋の部位(部分)の名前と名称

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

部位の名称①

廻り縁(まわりぶち) 部位の名前の詳細へ詳しくはこちら

天井と壁の境目を綺麗に見せるために取り付ける部材。
廻り縁の一般的な断面寸法は、幅30mm、厚さ5~10mm。

部位の名称②

巾木(はばぎ) 部位の名前の詳細へ詳しくはこちら

床と壁の境目が綺麗に納まるように取り付ける部材。
巾木の一般的な断面寸法は、、幅50~80mm、厚さ5~10mm

部位の名称③

窓枠(まどわく) 部位の名前の詳細へ詳しくはこちら

窓の開口部に取り付け、
サッシが綺麗に納まるようにするための枠の事。

部位の名称④

クレセント 部位の名前の詳細へ詳しくはこちら

引違いサッシの施錠金物。
クレセントの意味は三日月で、三日月の形をしている事から名付けられました。

部位の名称⑤

ドア枠

内装ドアの開口部に取り付ける枠の事。
上枠、縦枠、下枠(沓摺ともいう)から構成されていますが、
部屋の内と外の床材が同じ場合は、下枠を使わない場合が多い。

部位の名称⑥

沓摺(くつずり) 部位の名前の詳細へ詳しくはこちら

ドア枠の下枠の事を沓摺と言います。
部屋の内と外の床材が違う場合、見切り材としての役目を果たします。

 

スポンサーリンク

 

このページのトップへ ↑ 

 

 

部位の名称⑦

戸当り(とあたり) 部位の名前の詳細へ詳しくはこちら

ドア枠の上枠と縦枠の中央付近に取り付けられ、ドアが当たる凸部材。
壁にドアが当たらないように取り付ける金物の事も戸当りと呼びます。

部位の名称⑧

ケーシング 部位の名前の詳細へ詳しくはこちら

壁とドア枠の境目を綺麗に納めるため、取り付ける部材。
断面形状がL字になっていて、壁の厚さが違っても対応できるようになっています。

部位の名称⑨

レバーハンドル

「ドアの把手(とって)」という場合が多いですが、正確にはレバーハンドルは把手の一種。
ドアノブよりも握りやすく、軽く簡単に開け閉めができるので、一般住宅ではレバーハンドルが最もポピュラーに使われている把手になります。

部位の名称⑩

丁番(ちょうばん)

ドアの蝶番(ちょうつがい)の事です。
建築の業界では丁番(ちょうばん)と呼ぶのが一般的です。

部位の名称⑪

ニッチ

ニッチを直訳すると「隙間」です。
建築の場合、小物や花、絵などを飾るために、壁の一部を凹ませた飾り棚のことです。照明を仕込んだりもします。

部位の名称⑫

ニッチカウンター

ニッチの下に設けたカウンター材の事。

 

スポンサーリンク

 

 

 ★オススメの記事

 

 

このページのトップへ ↑ 


住宅のサポートへ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市東山区泉涌寺東林町37-7

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について