床の間(とこのま)とは【住宅建築用語の意味】

家づくりを応援する情報サイト


家づくりを応援するサイトのトップへ

>>床の間とは【住宅建築用語の意味】

<スポンサーリンク>

 

 

他の床の間へ床の間の部位の名称はこちら

床の間とは、和室の代表的な座敷飾りです。

床の間は来客者を通す客間の一角に設けられ、床柱、床框、落とし掛けなどで構成されていて、掛け軸や置物、花瓶などを飾るスペースです。

床の間のある方が上座となり、来客者には上座に座って頂くのがマナーです。

 

床の間 

 

<スポンサーリンク>

 

 

実は床の間というのは俗称で、「床(とこ)」というのが正式名称です。

床の間を単独で設けている和室がほとんどですが、本格的な和室では縁側の方(光が入ってくる方)に書院、反対側に違い棚を設けた床脇を配置します。
写真のように左から「書院→床の間→床脇」となるのが「本勝手」、逆の並びになっているのを「逆勝手」と呼びます。

 

床の間の由来


室町時代、社会は公家から武家へと変化し、建築様式も寝殿造りから書院造りへと変化していきました。

書院造りが確立する過程で、身分の上下を表す手段として「上段の間」と「下段の間」ができました。
上段の間には君主が着座し、家臣と対面します。
家臣は上段の間より1段低くなっている下段の間に着座しました。

そして、家臣の中でも身分の高い者ほど上段の間に近い所へ着座しました。
この事が、床の間のある方を上座とする事に繋がっていきます。

ところで、あくまで上段の間に着座できるのは君主だけです。

家臣が自身の住宅に主君への忠誠心の現れとして、上段の間を取り入れたのですが、
住宅事情から、上段の間のサイズを最小限に抑えて座敷の一角に備えるようになりました。

一方で、僧侶の住宅では仏画を壁に飾り、その下に机を置いて、香炉・花瓶・燭台の三具足(みつぐそく)を並べました。
やがて、机は作り付けになり、「押し板」になります。

そして、武家の「上段の間」と僧侶の「押し板」が融合した結果、「床の間」ができました。

 

ところで書院造りの書院とは書斎の事です。
この書斎を住宅の主室としているのが特徴です。

書斎とはいっても居間や客間の役目も果たしていました。

座敷に書物を読み書きするための作り付けの机(書院)を設け、
筆記用具や書物などを置くための棚(違い棚)を設けました。

また、主室ですから当然、床の間も設けました。

後に、書斎としての機能は形式だけになり、装飾が主目的となります。

 

書院について詳しくはこちら

  他の床の間へ書院とは

違い棚について詳しくはこちら

  他の床の間へ違い棚とは

 

江戸時代に差し掛かると、茶の湯の文化と共に、数寄屋造りの建築様式が台頭します。

数寄屋造りはそれまでの書院造りの様な厳格さはなく、自由でラフなスタイルを追求するようになります。

数寄屋造りの登場で、床の間は色々な型が省略されるようになりました。
書院や床脇が省略されたり、床の間の段差が無くなったり、あるいは長押も亡くなるなど、シンプルなインテリアへと変化していきました。

現代では、床の間自体を省略する傾向にあります。

 

 

★その他の関連記事

「和室」の各部位の名称・・・鴨居、敷居、長押など

他の部屋の部位へ和室の部位【名前・名称】

 

「床の間」の各部位の名称・・・鴨居、敷居、長押など

他の部屋の部位へ床の間の部位【名前・名称】

 

「洋室」の各部位の名称・・・ドア枠、ケーシング、沓摺など

他の部屋の部位へ部屋の部位【名前・名称】

 

 

 ★オススメの記事

 

 

このページのトップへ ↑ 


住宅のサポートへ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市東山区泉涌寺東林町37-7

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅相見積サービス」を運営し、京都・滋賀・大阪・奈良で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について

 

 

 

 

▲Page Top