書院(しょいん)とは
【住宅建築用語の意味】



 

業務内容

相見積サービスへ お客様の声へ

 

住宅業界の情報

ハウスメーカー比較へ ハウスメーカーのランキングへ 住宅業界の裏側へ

 

家づくりの知識

家づくりの基礎知識へ 快適な住まい方へ おしゃれなインテリアへ 実例ギャラリーへ 家相と風水へ

 

その他の基礎知識

不動産の豆知識へ 住宅ローン入門へ 住宅用語辞典へ

 

サイトの管理人

Placeholder image

(株)ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄

詳しくはこちら

 

問合せフォームへ

 

 

 

 

 

書院とは
床の間の横、屋外に近い側に設けられる出窓の様な設えの座敷飾りのことです。

床の間の横の書院

 

 

お勧め記事


この記事をご覧になった方は、次の記事もご覧になっています

他の部屋の部位へ和室の部位【名前・名称】
 「和室」の各部位の名称・・・鴨居、敷居、長押など

他の部屋の部位へ床の間の部位【名前・名称】
 「床の間」の各部位の名称・・・床框、違い棚、書院など

他の部屋の部位へ「床の間」の様式と種類|真・行・草
 真・行・草(しんぎょうそう)・・・本格的な床の間からラフな床の間まで

 

 

 

 

 

 

書院の詳細説明

書院とは
床の間の横、屋外に近い側に設けられる出窓の様な設えの座敷飾りのことです。

元々は書物を読み書きするため、作り付けの机として設けらた事から、書院と呼ばれています。
後に、書院は本来の機能が形骸化し、床の間や床脇とセットになり、座敷飾りとして発展しました。

 

 寝殿造りから書院造りへ(歴史)

 

書院造りは室町時代中期に始まり桃山時代に完成した、武家住宅の様式です。

書院造り以前の寝殿造りでは、各部屋が別棟になっていました。
しかし、書院造りでは
1棟の建物を襖や障子などの建具で仕切り、複数の部屋に区切って使うようになりました。

桃山時代には雨戸も発明され、屋内と屋外をしっかりと仕切るようになります。
また、それまでは屋根組みが表しになっていましたが、天井を設け、床面は板敷きから畳敷きへと変化を遂げます。

そして客間には書院、床の間、床脇が設けらるようになり、床脇には違い棚が設けられ、書院造りを代表する座敷飾りの様式が誕生しました。

 

書院造りの座敷飾り 

 

違い棚は、床の間側の棚を高くすることが決まりです。
床の間が左にある場合は、違い棚の左側を高く、床の間が右側にある場合は、違い棚の右側を高くします。

 

本勝手の書院造り 
逆勝手の書院造り 

 

 

 

 

 

 

 書院の由来

 

書院を住宅の要としていることから、書院造りと呼ばれるようになりました。

書院造りの書院は、書斎を兼ねた客間を中国風に付けた呼び名のようです。

書院造りの座敷飾りは、室町時代の僧侶の住宅にルーツがあります。
僧侶の住宅では元々部屋に置いていた机が作り付けとなり、出窓のような設えへと変化し、それが武家住宅へ取り入れられて、「書院」へと発展します。

筆記用具や書籍を収納する移動式の棚が作り付けとなり、床脇に設ける「違い棚」へと発展します。

僧侶の住宅で、仏画を掛けて、香炉・花瓶・燭台を飾った「押し板」という設えが、武家住宅へ取り入れられて、「床の間」へと発展します。

室町時代の中期以降になると、元々の読み書きをするための機能は失われ、書院造りの様式として確立していきます。

 

付書院と平書院


安土桃山時代になると、出窓の様な形で縁側に張り出さずに、明かり窓だけの「平書院」というものが登場します。

「平書院」に対し、本来の縁側に張り出す形で設けられたものを「付書院」と呼びます。

平書院の例

 

 

床の間について詳しくはこちら

  他の床の間へ床の間とは

違い棚について詳しくはこちらをご覧ください。

  他の床の間へ違い棚とは

 

 

 

 ★オススメの記事

 

 

 


このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市東山区泉涌寺東林町37-7

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅相見積サービス」を運営し、京都・滋賀・大阪・奈良で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について

▲Page Top