鴨居(かもい)とは
【住宅建築用語の意味】



 

業務内容

相見積サービスへ お客様の声へ

 

住宅業界の情報

ハウスメーカー比較へ ハウスメーカーのランキングへ 住宅業界の裏側へ

 

家づくりの知識

家づくりの基礎知識へ 快適な住まい方へ おしゃれなインテリアへ 実例ギャラリーへ 家相と風水へ

 

その他の基礎知識

不動産の豆知識へ 住宅ローン入門へ 住宅用語辞典へ

 

サイトの管理人

Placeholder image

(株)ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄

詳しくはこちら

 

問合せフォームへ

 

 

 

 

 

鴨居(かもい)とは
障子や襖など、引き戸の上枠で、溝が彫られた部材のこと。

下枠の敷居の溝と対になり、建具をスライドさせて開閉させます。

鴨居(かもい)の実例

 

 

お勧め記事


この記事をご覧になった方は、次の記事もご覧になっています

他の部屋の部位へ障子の種類【名称・名前】-枠のデザイン
 障子の種類と特徴・メリットとデメリットなど

他の部屋の部位へ和室の部位【名前・名称】
 「和室」の各部位の名称・・・鴨居、敷居、長押など

他の部屋の部位へ床の間の部位【名前・名称】
 「床の間」の各部位の名称・・・床框、違い棚、書院など

他の部屋の部位へ部屋の部位【名前・名称】
 「洋室」の各部位の名称・・・ドア枠、ケーシング、沓摺など

 

 

鴨居の詳細説明

鴨居(かもい)とは
障子や襖など、引き戸の上枠で、溝が彫られた部材のこと。

下枠の敷居の溝と対になり、建具をスライドさせて開閉させます。

 

鴨居の溝の方が敷居の溝より深く彫られていて、
鴨居の溝の深さが12ミリほどなのに対し、敷居の溝の深さは3ミリほどです。

ですから、障子や襖などの戸を鴨居の溝に差し込んでから敷居の溝にハメれば、簡単に取り付ける事ができます。

逆に取り外す際は、戸を少し持ち上げて、敷居の溝から外します。

このように、簡単に脱着できる仕組みを、建築の世界では「行って来い」と称します。

行って来いの仕組み

 

木材の性質上、乾燥が進むと木表(きおもて※1)側が凹むように反ってきます。
そのため、もし、鴨居を木裏(きうら)側が下になる様に取り付けてしまうと、次第に建付けが悪くなります。

それを防ぐため、鴨居は木表側に溝を彫り、木表が下向きになるよう取り付けます。

※1 木表とは木材の表皮側の事。木の芯に近い方を木裏と言います。

 

 

 鴨居の種類

 

鴨居には他に次の様な種類があります。

 

 

無目鴨居(むめかもい)

障子や襖が無い開口部などに付ける溝のない鴨居

 

薄鴨居(うすかもい)

欄間など差し込むために使う、薄い鴨居

無目鴨居と薄鴨居 

 

指鴨居・差鴨居(さしかもい)

普通の鴨居より大きな断面の鴨居で、構造上の役目も担う

 

指鴨居・差鴨居の実例 

 

付け鴨居(つけかもい)

開口部ではない壁面に、鴨居と同じ高さに取り付ける装飾部材としての鴨居

 

付け鴨居の実例 

 

 鴨居の語源と由来

 

鴨居の語源については諸説ありますが、よく言われているのは、下に敷いてある「敷居(しきい)」に対し、上にある事から「上居(かみい)」と呼ばれていたものが変化したとする説です。

また、引き戸が倒れないように、溝が噛んでいるという事から、「噛む居(かむい)」だとする説や、アイヌ語の神がいる場所を意味する「カムイ」から来ているという説もあります。

いずれにしても、「かもい」に変化し、「鴨」の字が当てられた訳ですが、鴨は水鳥であることから、火災から家を守るという願いが込められていると言われています。

ちなみに、敷居には同じく水鳥の「鴫(しぎ)」という字が当てられていたという説もあり、上下で水鳥が火災除けの役目をしていたという話しもあります。

 

 

 

 

 ★オススメの記事

 

 

 


このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市東山区泉涌寺東林町37-7

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅相見積サービス」を運営し、京都・滋賀・大阪・奈良で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について

▲Page Top