「家相」と「風水」の違い

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>> 家相や風水 >> 家相と風水の違い

<スポンサーリンク>

 

 

 

「家相」と「風水」は似ているようで違います。

風水は
古代中国が発祥で
奈良時代に仏教と共に
「土地の良し悪しを見るもの」として伝来してきました。

風や水、樹木、大地などが発する気を使って
生活環境を整えるという考え方に根差しています。

家相は
風水をベースに
日本の気候風土や文化に合わせてカスタマイズされ
江戸時代に発展したものです。

建物の形や部屋の位置など、半分迷信的(?)な要素のある
住宅建築の処方箋のようなものです。

家相と風水で重要な玄関

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

 

家相と風水では
どちらも方位が重要です。

しかし、その方位の考え方は、かなり違います。

 

家相では
鬼門(北東方向)や裏鬼門(南西方向)の方角を「凶」としていて
その方角にトイレや玄関を配置するのはご法度で
それをリカバリーする方法はありません。

また、家相の方角を診る時の方位の取り方は
東、西、南、北を30度
北東、南東、北西、南西を60度ずつに分けます。

家相の方位 

 

方位の取り方は同じ角度に分けるのが自然だと思うのですが、 なぜ家相では角度が違うのでしょうか?

家相が発展する前から、日本では方位を十二支で表現し、それが一般庶民にまで普及していました。

ところが家相の基である風水は、方位を8つに分けています。

おそらく、12に分かれていた方位を無理矢理8つに分けたために、この様な形になったのでしょう。

 

 

 

一方、風水では
鬼門や裏鬼門というような
万人にとって「凶」となるような方位は元々はありませんでした。

その人の産まれた年などによって
「吉」や「凶」の方角が違っているのが
家相との大きな違いです。

しかも
仮に凶の方角であっても、常に清潔に保ち、盛り塩をしたり
観葉植物を飾るなどする事でリカバリーできます。

ですから、たとえ家相が凶であっても
それを風水でリカバリーするというのが良いのではないでしょうか。

また、風水の方位の取り方は
単純に45度ずつに分けていています。

 

風水の方位(羅盤) 

<スポンサーリンク>

 

 

家相・風水のメニュー

家相と風水のメニュー家相や風水・信じる?信じない?

家相と風水のメニュー家相と風水の違い

家相と風水のメニュー家の中心の出し方

家相と風水のメニュー方位(北)を確認する

家相と風水のメニュー鬼門と裏鬼門

家相と風水のメニュー鬼門除け・鬼門封じ

家相と風水のメニュー「欠け」と「張り」の判断

家相と風水のメニューリビング >>色と柄

家相と風水のメニューキッチン >>方角と色

家相と風水のメニュー寝室 >>色と柄

家相と風水のメニュー玄関 >>方角と色

家相と風水のメニュー階段

家相と風水のメニュートイレ >>方角と色

家相と風水のメニュー洗面所 >>方角と色

家相と風水のメニュー浴室(お風呂)

家相と風水のメニュー本当にあった怖い話

 

 

 ★オススメの記事

 

 

このページのトップへ ↑ 


住宅のサポートへ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市東山区泉涌寺東林町37-7

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について