【相続税】いくらから掛かるのか?(基礎控除額)



 

業務内容

相見積サービスへ お客様の声へ

 

住宅業界の情報

ハウスメーカー比較へ ハウスメーカーのランキングへ 住宅業界の裏側へ

 

家づくりの知識

家づくりの基礎知識へ 快適な住まい方へ おしゃれなインテリアへ 実例ギャラリーへ 家相と風水へ

 

その他の基礎知識

不動産の豆知識へ 住宅ローン入門へ 住宅用語辞典へ

 

サイトの管理人

Placeholder image

(株)ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄

詳しくはこちら

 

問合せフォームへ

 

 

 

 

 

相続税の基礎控除

 

相続税がかかる? かからない?・・・とても気になるところです。

遺産の総額が相続税の基礎控除額より少ないと、相続税がかかりません。

控除額の計算の仕方を例題を使ってご紹介します。

 

 

目次


 

関連記事


遺産相続のメニュー子や孫への相続
 ‥‥最も基本的な相続の形

遺産相続のメニュー代襲相続
 ‥‥子供の代わりに孫が相続

遺産相続のメニュー相続の承認と放棄
 ‥‥相続を放棄した方が良い場合もある

遺産相続のメニュー第二順位と第三順位
 ‥‥子供や孫がいない場合の相続

遺産相続のメニュー遺産分割と期限
 ‥‥土地や住宅、車、などをどう分割するか

遺産相続のメニュー遺言
 ‥‥自分の財産を誰にどれだけ託すのか、意思表示する

遺産相続のメニュー相続税
 ‥‥相続税がかかる? かからない?

 

 

 

 

基礎控除額の計算

 

簡単な例を使って計算


 

基礎控除額は相続人の数によって変わります。

相続税の基礎控除額は次の式で計算します。
(2015年1月1日に改正されました)

相続税の基礎控除額の計算

 

例えば次のような家族構成の場合を見てみましょう。

 

相続税の基礎控除の例

 

遺産を相続する権利がある法定相続人は 妻、長女、長男の3人になります。

式に当てはめて計算すると、3,000万円+(600万円×3人)=4,800万円

この家族の場合、基礎控除額は4,800万円となり、遺産がそれより少なければ非課税となり、相続税はかかりません。

しかし、遺産が基礎控除額を超えている場合、 超えた分に対して相続税がかかります。

仮に遺産の額が5,000万円だとしたら、基礎控除額の4,800万円を引いて、残りの200万円に対し相続税がかかる事になります。

 

 

 

 

基礎控除額の早見表

 

相続人の数と基礎控除額


 

相続人の数と基礎控除額は次の表のようになります。

 

相続税の基礎控除額の一覧表

 

 

その他、留意する事

 

他にも控除できるものが・・・


 

なお、遺産には
現金や預金、株式、土地や建物などの不動産といったものはもちろん、
それ以外にも生命保険や死亡退職金なども含まれます。

生命保険や死亡退職金には非課税枠が設けられています。

また、基礎控除以外にも
葬儀に掛かった費用や借金などがあれば遺産から控除する事ができます。

 

 

その他、相続の税金に関してはこちらからご覧ください。

相続税のメニュー相続税の税率と計算方法

相続税のメニュー不動産(土地・建物)の評価額

 

 

このページの関連記事

遺産相続のメニュー子や孫への相続
 ‥‥最も基本的な相続の形

遺産相続のメニュー代襲相続
‥‥子供の代わりに孫が相続

遺産相続のメニュー相続の承認と放棄
‥‥相続を放棄した方が良い場合もある

遺産相続のメニュー第二順位と第三順位
‥‥子供や孫がいない場合の相続

遺産相続のメニュー遺産分割
‥‥土地や住宅、車、などをどう分割するか

遺産相続のメニュー遺言
‥‥自分の財産を誰にどれだけ託すのか、意思表示する

遺産相続のメニュー相続税
‥‥相続税がかかる? かからない?

 

 

 

 ★オススメの記事

 

 

 


このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市東山区泉涌寺東林町37-7

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅相見積サービス」を運営し、京都・滋賀・大阪・奈良で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について

▲Page Top