【相続の順位】子供がいない場合の相続人と割合



 

業務内容

相見積サービスへ お客様の声へ

 

住宅業界の情報

ハウスメーカー比較へ ハウスメーカーのランキングへ 住宅業界の裏側へ

 

家づくりの知識

家づくりの基礎知識へ 快適な住まい方へ おしゃれなインテリアへ 実例ギャラリーへ 家相と風水へ

 

その他の基礎知識

不動産の豆知識へ 住宅ローン入門へ 住宅用語辞典へ

 

サイトの管理人

Placeholder image

(株)ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄

詳しくはこちら

 

問合せフォームへ

 

 

 

子や孫への相続

 

遺産相続の順位では配偶者が最優先で、続いて第一順位の子供(場合により孫)が相続しますが、被相続人(亡くなった人)に子供も孫もいない場合、誰が相続することになるのでしょう?

このページでは、子供よりも下の順位である第二順位と第三順位について詳しくご紹介します。

 

 

目次


 

関連記事


遺産相続のメニュー配偶者と子供で分け合う
 ‥‥最も基本的な相続の形

遺産相続のメニュー子の代わりに孫が相続
 ‥‥代襲相続とは

遺産相続のメニュー相続の承認と放棄
 ‥‥プラスとマイナスの遺産

遺産相続のメニュー子供がいない場合
  ‥‥第二・第三順位

遺産相続のメニュー遺産分割と期限
  ‥‥遺産をどう分割するか

遺産相続のメニュー遺言書と遺留分
  ‥‥遺言書の種類と効力

遺産相続のメニュー相続税
  ‥‥いくら相続税がかかる?

 

 

 

 

 

遺産相続の基本は配偶者と第一順位の子供(場合によっては孫)が相続するのですが、
被相続人(亡くなった人)に子供がいない場合、誰が相続することになるのでしょう?

相続の次の順位は第二順位の直系尊属(親)になります。

しかし、親が既に亡くなっている場合は第三順位の兄弟姉妹が相続することになります。

相続の順位が決められているのは第三順位まで、それよりも遠い親戚(いとこ等)が相続人になる事はありません。

 

各相続順位による相続割合


それぞれの相続の順位によって、法定相続分の割合が違います。
どの様な割合で遺産を分割して相続する事になるのでしょうか?
それを示したのが次の表になります。

相続の順位 法定相続人 法定相続分
第一順位 直系卑属
(子・孫)
配偶者:1/2
子:1/2
第二順位 直系尊属
(父母・祖父母)
配偶者:2/3
直系尊属:1/3
第三順位 兄弟姉妹 配偶者:3/4
兄弟姉妹:1/4

 

第一順位についてはこちらをご参照ください

 

 

 

 

 

第二順位(親)

 

子供の次に優先されるのは親


 

相続で最優先されるのが配偶者で、 次いで第一順位である直系卑属(子供や孫)です。
基本的に第一順位で相続権を得るのは子供で、孫には相続権はありませんが、子供が亡くなっているなど遺産を受け取れない場合は、代わって孫が代襲相続する事になります。

孫の代襲相続について詳しくはこちら

 

しかし、被相続人(死亡した人)に子供も孫もいない場合、相続権が第二順位の直系尊属に移動します。

直系尊属とは父母や祖父母ですが、祖父母はとっくに亡くなっている可能性が高いので、父母と考えて差し支えないでしょう。

 

相続の割合(第二順位)


 

第二順位の相続の場合、被相続人(亡くなった人)に配偶者がいれば、配偶者が遺産の2/3を相続して、 残りの1/3を直系尊属(親)が分け合います

親が相続

 

上図の例でいうと、
遺産6000万円の内、4000万円を配偶者の妻が相続して、
直系尊属の父親と母親が、それぞれ1000万円ずつ相続することになります。

この場合、被相続人(亡くなった人)の兄は第三順位になるので、相続人にはなりません

また、当然ですが、愛人がいたとしたら、愛人は 相続人にはなりません。

 

 

 

 

 

第三順位(兄弟姉妹)

 

親の次の順位は兄弟姉妹


 

もし、被相続人(死亡した人)に子供や孫がいなくて、さらに、両親も既に亡くなっている場合はどうなるのでしょうか?

その場合、第三順位の兄弟姉妹が相続することになります。

 

相続の割合(第三順位)


 

第三順位の相続の場合、被相続人に配偶者がいれば
配偶者が遺産の3/4を相続して、 残りの1/4を兄弟姉妹が分け合います

兄弟姉妹が相続

 

上図の例でいうと、
遺産6000万円の内、4500万円を配偶者である妻が相続して、
兄弟姉妹は兄だけなので、兄が1500万円を相続することになります。

また、この場合も当然ですが、愛人がいたとして、愛人の取り分は0円です。

 

甥や姪に代襲相続


 

先の例で、もし兄が既に亡くなっているなど、遺産を受け取れない状態だったとしても、兄に子供、つまり被相続人の甥や姪がいれば、その甥や姪が代襲相続することになります。

 

甥や姪が代襲相続

上の図の場合、兄が受け取るはずだった1500万円を、兄の子供である姪が代襲相続します。

もし、兄の子供が2人いたとしたら、2人で750万円ずつ相続する事になります。

 

 

 

 

第三順位の相続人もいなければ

 

愛人にも可能性が・・・


 

これまで、第二順位と第三順位の説明で、わざわざ相続権の無い愛人を引き合いに出してきましたが、実は愛人が遺産を受け取れるパターンもあります。

例えば、
被相続人(亡くなった人)は結婚して直ぐに愛人を作り、それがきっかけで離婚 。
離婚してからは愛人と生活を共にして、婚姻届けは出していなかったが、事実婚状態であった。
元妻との間には子供がおらず、兄弟姉妹もいない。
そして、両親は既に亡くなっていた・・・というような場合はどうなるのか?

愛人が相続

愛人と被相続人(亡くなった人)との間に子供がいれば、 その子が法定相続人になりますし、子供もがいなくても、遺言を残してくれていれば、愛人自身が遺産を受け取る事ができます。

しかし、法定相続人が誰もいなくて遺言もない場合は、愛人が家庭裁判所の審判を受ける事で、「特別縁故者」として遺産を取得できる可能性があります

 

特別縁故者の条件

 

愛人が特別縁故者として遺産を受け取るためには、法定相続人が不在であることを決定してから3ヶ月以内に、「特別縁故者の相続財産分与の請求」を家庭裁判所に申し立てなければなりません

申し立てるためには、次の条件のどれかに該当している必要があります。

  • 被相続人と一緒に生計を立てていた者
  • 被相続人に対し、療養看護に努めた者
  • その他、被相続人と特別な縁故があった者

 

もし、愛人がいなくて(あるいは愛人が特別縁故者とは認められなくて)、被相続人(死亡した人)が天涯孤独の身で、相続する人が誰もいないのであれば、 遺産は国庫に帰属することになります。

 

 

さて、遺産は現金とは限りません。現金であれば簡単に分配できるのですが、多くの場合、現金以外にも土地や住宅などの不動産や、車や宝飾品など、簡単には分割できないものも含まれています。「次ページ」ではその辺りをご紹介します。

 

<< 前のパージ次のページ >>

 

 

 

このページの関連記事

遺産相続のメニュー子や孫への相続
 ‥‥最も基本的な相続の形

遺産相続のメニュー代襲相続
‥‥子供の代わりに孫が相続

遺産相続のメニュー相続の承認と放棄
‥‥相続を放棄した方が良い場合もある

遺産相続のメニュー第二順位と第三順位
‥‥子供や孫がいない場合の相続

遺産相続のメニュー遺産分割
‥‥土地や住宅、車、などをどう分割するか

遺産相続のメニュー遺言
‥‥自分の財産を誰にどれだけ託すのか、意思表示する

遺産相続のメニュー相続税
‥‥相続税がかかる? かからない?

 

 

 

 ★オススメの記事

 

 

 


このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市東山区泉涌寺東林町37-7

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅相見積サービス」を運営し、京都・滋賀・大阪・奈良で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について

▲Page Top