HOMEインテリア床の間・様式と種類

「床の間」の様式と種類|真・行・草


<スポンサーリンク>

 


 

業務内容

相見積サービスへ お客様の声へ

 

住宅業界の情報

ハウスメーカー比較へ ハウスメーカーのランキングへ 住宅業界の裏側へ

 

家づくりの知識

家づくりの基礎知識へ 快適な住まい方へ おしゃれなインテリアへ 実例ギャラリーへ 家相と風水へ

 

その他の基礎知識

不動産の豆知識へ 住宅ローン入門へ 住宅用語辞典へ

 

サイトの管理人

Placeholder image

(株)ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄

詳しくはこちら

 

問合せフォームへ

 

床の間の部位の名前と名称

 

床の間には様々な種類の形式があります。

書院造りの本格的な本床から、少し砕けた蹴込床、茶の湯の影響を受け更にくずした踏込床や洞床などなど・・・。
代表的な床の間の形式8種類について、特徴をご紹介します。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

目次


 

関連記事


床の間とは【住宅建築用語】

「床の間」の歴史や飾り方について

他の部屋の部位へ和室の部位【名前・名称】

「和室」の各部位の名称・・・鴨居、敷居、長押など

他の部屋の部位へ部屋の部位【名前・名称】

「洋室」の各部位の名称・・・ドア枠、ケーシング、沓摺など

 

 

 

 

 

真・行・草(しんぎょうそう)

 

書には「真・行・草」の3種類があります。

真書(楷書)は一点一画を正確に書いた書体。
行書は真書をやや省略した書体。
草書は行書がさらに砕けてくずした書体。

書の真行草の実例
「花」の字の真行草の例

「床の間」の形式も同様に真行草に分けられます。
一般的には書院造りの本格的な様式が「真」、千利休により完成された草庵茶室は「草」になります。
真と草の間には「行」が存在するのですが、その境目は曖昧で、人により見解が変わります。

千利休の草庵茶室
草庵茶室の代表格-高台寺遺芳庵
Wikipediaより

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

本格的な和室の勝手

 

本格的な和室では縁側の方(光が入ってくる方)に書院、反対側に違い棚を設けた床脇を配置します。

左側に縁側があって左から「書院」「床の間」「床脇」という順番に並んでいるのを「本勝手」といいます。

書院造りの本勝手の実例

右側に縁側があって、本勝手とは逆の並びになっているのを「逆勝手」といいます。

書院造りの逆勝手の実例

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

床の間の種類・真から草まで

真(厳格)から草(ラフ)に至るまで、床の間の形式を順番に並べてご紹介します。

 

 本床(ほんどこ)

【真】

床框(とこかまち)を施して一段高くし、床板を張るか畳敷きにします。
壁面の中央側に床柱を立てて、上部に小壁を設け、小壁の下端には落とし掛けを施します。
床脇と書院を設けると、さらに本格的な設えとなります。

「床の間」の部材の名称はこちらを参照

本床の例

 

 蹴込床(けこみどこ)

【行】

本床と同じように、客座より一段高くしますが、床框を省略した床の間。
床板の木口を見せて、床板と畳寄せの間の少し奥まった所に蹴込み板をハメ込みます。
蹴込み板の代わりに丸太や竹を使う場合もあります。

蹴込床の断面

蹴込床の例

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

 袋床(ふくろどこ)

【草】

床の間の左右のどちらか片方に袖壁を設け、袋状になっている事から袋床と呼ばれます。
袖壁には開口部を設けたり、内側には地袋や飾り棚などを取り付けたりします。

袋床の例

 

 踏込床(ふみこみどこ)

【草】

床の面を一段高くせずに、客座の畳と同じ高さにした床の間のこと。
畳を敷き込む場合もありますが、客座と同じ畳敷きだとメリハリが無くなるので、地板を張るのが断然一般的です。
踏込床の事を、敷込床(しきこみどこ)とも言います。

踏込床の例

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

 洞床(ほらどこ)

【草】

床の間の間口よりも床の内部の方が広くなっていて、洞穴を連想させる事から洞床という名が付きました。
床柱や落とし掛けを設けず、塗り回して仕上げます。
主に茶室などで用いられ、千利休により創案されたと言われています。

洞床の例

 

 釣床(つりどこ)

【草】

下部に床板や床框などは無く、畳敷きのままで、上部だけに小壁を設け、落とし掛けと釣り束、雲板を施し、掛け軸などを飾れるようにしたものです。
普段の生活では部屋を広く使い、必要な時に置き床などで生け花などを飾り、床の間としての設えをします。

釣床の例

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

 織部床(おりべどこ)

【草】

廻り縁の下に、20センチ前後の化粧板を柱と柱の間に取り付け、軸釘を打っただけの簡単なものです。
化粧板は一般的に雲板(くもいた)と呼ばれるものですが、古田織部(安土桃山時代の武将)が好んで用いた様式なので、織部板と呼ばれ、
この形式の床を織部床と言います。

織部床の例

 

 置き床(おきどこ)

【草】

部屋の壁際に、移動可能な床板を置き、床の間の代用としたもの。
置き床の標準的な大きさは、90~100センチで、奥行き45センチほど、形式は様々で、特に決まりはありません。
釣床と併用して使われる事もあります。

置き床の例

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

床刺しはタブー

 

真・行・草のどの様式であっても、「床刺し」は縁起が悪いのでタブーとされています。

床刺しというのは

天井の場合、竿縁天井であれば竿縁が、目透かし天井であれば天井板の目地が、床の間に対し直角になっている状態のことです。
畳の場合、床の間の前の畳が、横向きではなく縦向きに敷いてある状態のことです。

床刺しのイラスト

おそらく、床框や落とし掛け、違い棚など、床の間は横のラインが基調の構成になっているので、天井も畳も、その横のラインと合わせた方が、見た目に良いからだと思われます。

 

 

このページの関連記事

床の間とは【住宅建築用語】

「床の間」の由来や歴史について

他の部屋の部位へ和室の部位【名前・名称】

「和室」の各部位の名称・・・鴨居、敷居、長押など

他の部屋の部位へ部屋の部位【名前・名称】

「洋室」の各部位の名称・・・ドア枠、ケーシング、沓摺など

 

 

 

 ★オススメの記事

 

 

 


このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市東山区泉涌寺東林町37-7

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅相見積サービス」を運営し、京都・滋賀・大阪・奈良で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について

▲Page Top