片流れ屋根(かたながれやね)とは
【住宅建築用語の意味】



 

業務内容

相見積サービスへ お客様の声へ

 

住宅業界の情報

ハウスメーカー比較へ ハウスメーカーのランキングへ 住宅業界の裏側へ

 

家づくりの知識

家づくりの基礎知識へ 快適な住まい方へ おしゃれなインテリアへ 実例ギャラリーへ 家相と風水へ

 

その他の基礎知識

不動産の豆知識へ 住宅ローン入門へ 住宅用語辞典へ

 

サイトの管理人

Placeholder image

(株)ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄

詳しくはこちら

 

問合せフォームへ

 

 

 

 

 

切妻屋根(きりづまやね)とは
住宅の屋根としては最も一般的な屋根です。

2方向に勾配を付け三角形を形取り、その三角形の壁を妻壁と呼びます。

片流れ屋根

 

お勧め記事


この記事をご覧になった方は、次の記事もご覧になっています

お勧めの記事屋根形状の種類と特徴
 住宅の屋根形状の種類とメリットとデメリットを解説

関連記事へ切妻屋根

関連記事へ寄棟屋根

関連記事へ片流れ屋根

関連記事へ陸屋根

関連記事へケラバ

関連記事へ軒天

関連記事へ破風・鼻隠し

 

 

 

 

 

 

片流れ屋根の詳細説明

 

片流れ(かたながれ)屋根とは
1方向だけに勾配を付けた屋根です。

屋根組みは切妻屋根以上にシンプルで、雨漏りの可能性も少なくなります。

 

片流れ屋根
片流れ屋根の実例

 

 

 

 

 

屋根の傾斜を南側に向けると
太陽光パネルを最大限に載せる事ができるメリットがあります。

ただし、その場合は北側に最頂部が来るので
北側斜線の厳しい地域ではかなり難しくなるというデメリットが出てきます。

屋根の傾斜を北側に向けた場合
高い位置に窓を設ける事ができるので
部屋が明るくなります。

また、雨樋を取り付けは1方向だけでよいので
その分、費用的に抑えられますが、
雨水を受ける量が増えるので、注意が必要です。

外壁の面積は増えるので、
高価な外壁材を採用する場合は不利です。

立面図の見付け面積が大きくなるので
耐風性についてはデメリットになります。

 

 

 

 

 

 

 ★オススメの記事

 

 

 


このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市東山区泉涌寺東林町37-7

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅相見積サービス」を運営し、京都・滋賀・大阪・奈良で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について

▲Page Top