丁張りとは【住宅建築用語】

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>>丁張りとは【住宅建築用語】

<スポンサーリンク>

 

丁張り(ちょうはり)とは
工事を着手する前に、 建物の正確な位置を出す作業のことで、
別名、水盛り・遣り方(みずもり・やりかた)とも言います。

 

丁張りは
まず、設定GL(基準となる地面の高さ)を決め、
約1.8m間隔に水杭(ミズグイ)を立て、
水平ライン(基礎の上端の高さ)を記し水貫(ミズヌキ)でつないでいきます。

水杭と水貫が動かないように、
筋交い貫(すじかいぬき)を斜めに打ち付けて固定します。

更に水貫と水貫の間に水糸を張って、
基礎(建物)の中心線を印します。

丁張りは
レーザーによる位置出し器を使って直角や水平を出しますが、
レーザーが普及していない頃は、
原始的な方法で正確な直角や水平を出していました。

 

やりかた

 

<スポンサードリンク>

 

直角の出し方は
辺長さが、3m、4m、5mの三角形を作ると、
直角三角形を作る事ができます。

大工さんはこの方法を「三四五(サシゴ)」と呼んでいます。

「三四五(サシゴ)」について、詳しくはこちら

直角の出し方

水平の出し方は
透明なチューブの中に水を入れ、図のように出していました。

水盛のやりかた

水盛り・遣り方(みずもり・やりかた)は
「水盛り」が水平を出す作業、「遣り方」が周囲に板で囲いを作る作業を指す訳ですが、
この作業をなぜ「丁張り」と呼ぶのかは、よく分かりません。

もしかしたら、遣り方の水杭と水貫が「丁」の形に似ていて、そこに水糸を張る事から「丁張り」というのかも知れません。

「丁張り」はどちらかというと土木で使う場合が多く、「水盛り・遣り方」は建築で使う場合が多いです。

 

 

 

 

 ★オススメの記事

 

 

このページのトップへ ↑ 


住宅のサポートへ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市東山区泉涌寺東林町37-7

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について