HOME住宅建築用語さ行三四五(さしご)

三四五(さしご)とは
【住宅建築用語の意味】



 

業務内容

相見積サービスへ お客様の声へ

 

住宅業界の情報

ハウスメーカー比較へ ハウスメーカーのランキングへ 住宅業界の裏側へ

 

家づくりの知識

家づくりの基礎知識へ 快適な住まい方へ おしゃれなインテリアへ 実例ギャラリーへ 家相と風水へ

 

その他の基礎知識

不動産の豆知識へ 住宅ローン入門へ 住宅用語辞典へ

 

サイトの管理人

Placeholder image

(株)ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄

詳しくはこちら

 

問合せフォームへ

 

三四五(さしご)とは
建築の世界で、昔から使われてきた直角を出すための手段で、各辺の比率が3:4:5の直角三角形を描いて直角を出します。

サシゴとは

 

お勧め記事


この記事をご覧になった方は、次の記事もご覧になっています

他の部屋の部位へ住宅の基礎工事|種類とチェックポイント
 基礎工事の配筋やコンクリートの流し方などを解説

お勧めの記事木造住宅の工事|チェックポイント
 上棟前後のチェックポイントを動画と画像で解説

他の部屋の部位へ地盤改良の工法と費用
 表層改良構法、柱状改良構法、鋼管杭工法などを解説

 

 

 

 

 

 

三四五(さしご)の詳細説明

 

三四五(さしご)とは

古くから建築の世界で使われてきた
「矩(かね)」を出すための手段です。

建築の世界では直角の事を「矩(かね)」あるいは「矩手(かねて)」と言います。

 

建築現場で丁張り(ちょうはり)などの墨出しの際に使われてきました。

最近ではレーザー墨出し器を使って直角を出しますが
以前は各辺の比率が3:4:5の三角形を描いて直角を出していました。

 

直角の出し方

 

 

 

 

 

 

大昔から、大工などの建築職人たちは
ピタゴラスの定理を知らなくても
この方法を「三四五(さしご)」と呼んで利用していました。

「三四五(さしご)」の起源は非常に古く、
ピタゴラスの定理が発見されるよりも以前、
4500年前のエジプトでは既に3:4:5の直角三角形を使っていたそうです。

ちなみにバビロニアでは5:12:13の直角三角形を使っていたそうです。

水盛のやりかた

 

 

このページの関連記事

 

 

 

 ★オススメの記事

 

 

 


このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市東山区泉涌寺東林町37-7

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅相見積サービス」を運営し、京都・滋賀・大阪・奈良で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について

▲Page Top