HOME家づくりの基礎知識地盤改良の工法

地盤改良の工法と費用



 

業務内容

相見積サービスへ お客様の声へ

 

住宅業界の情報

ハウスメーカー比較へ ハウスメーカーのランキングへ 住宅業界の裏側へ

 

家づくりの知識

家づくりの基礎知識へ 快適な住まい方へ おしゃれなインテリアへ 実例ギャラリーへ 家相と風水へ

 

その他の基礎知識

不動産の豆知識へ 住宅ローン入門へ 住宅用語辞典へ

 

サイトの管理人

Placeholder image

(株)ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄

詳しくはこちら

 

問合せフォームへ

 

住宅の基礎

 

住宅の建設予定地が軟弱地盤の場合、地盤改良により、住宅の荷重に地盤が耐えられるよう地盤補強しなくてはなりません。

地盤改良の工法にはいくつか種類があり、費用も違います。
どの地盤改良の工法を採用するのかは地盤調査によって決まります。主な工法は表層改良構法、柱状改良構法、鋼管杭工法などがあります。

このページでは地盤改良の工法の種類、そして費用について分かりやすく解説します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅の基礎工事の種類

 

ベタ基礎と布基礎がメイン


 

地盤改良が必要かどうかは、地盤調査をしてみないと分かりません。

仮に隣の敷地では地盤改良の必要が無かったとしても、
地盤改良をしなければ事もあります。

地盤調査は更地の状態で、建つ予定の建物の四隅と中心の
最低5ポイントで測定します。

 

住宅の地盤調査のポイント

 

 

 

 

 

 

ですから、建て替えの場合は、
住宅会社と契約した後、既存建物を解体してからでなければ、
地盤改良の有無の判定が出ません。

状況によっては、解体工事をする前でも
既存建物の畳を上げれば5ポイントを測定できる場合もありますが
なかなか、うまい具合に事が進むとは限りません。

地盤改良が必要になるであろうことを見越して、
資金計画を立てておくことが賢明です。

改良工法は、地盤の状況に応じて工法が違ってきます。
一般の住宅では、主に次の3つの工法があり、それぞれ、費用も違います。

 

住宅の地盤改良の種類

 

表層改良工法 表層改良工法(詳細はこちら)

軟弱地盤が深度2mまでの場合に行う工法です。

柱状改良工法 柱状改良工法(詳細はこちら)

軟弱地盤が深度2m~8mまでの場合に行う工法です。

鋼管杭工法 鋼管杭工法(詳細はこちら)

軟弱地盤が深度2m以上で、狭小地など大型重機の搬入が難しい場合に行う工法です。
深度30mまで工事可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 ★オススメの記事

 

 

 


このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市東山区泉涌寺東林町37-7

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅相見積サービス」を運営し、京都・滋賀・大阪・奈良で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について

▲Page Top