仮設工事とは【住宅建築用語の意味】

家づくりを応援する情報サイト


家づくりを応援するサイトのトップへ

>>仮設工事とは【住宅建築用語の意味】

 

 

 

仮設工事とは、
工事中、作業をスムーズに行うために設ける
一時的な施設や設備を組み立てる工事のことです。

 

仮設足場

仮設工事:足場

仮設工事には、一般的に次のような項目が含まれます。

  • 足場‥‥‥‥高所の作業のために設ける作業用の床。
  • ネット‥‥‥主に材料の転落防止用に足場の外側に儲けるネット。
  • 仮囲い‥‥‥防犯上、安全上の観点から工事現場の外周を囲う柵。
  • 仮設トイレ‥工事期間中に職人が使用するためのトイレ。
  • 仮設電気‥‥工事期間中に引込む電気とその間に使用する電力。
  • 仮設水道‥‥工事用に儲ける水道とその間に使用する水量。
  • 養生‥‥‥‥仕上げ材を保護するために施す、シートやボードなど。
  • 水盛遣方‥‥工事を着手する前に、建物の位置や高さを出す作業。
  • 清掃片付け‥工事をスムーズに行うための現場の清掃作業。
  • 残材処理‥‥工事中に発生した端材などの処理費用。
  • 運搬‥‥‥‥搬入された材料などを現場内の所定の場所に運ぶ作業。
  • 現場消耗品‥現場用の看板、バケツ、雑巾、スリッパ、軍手など。

 

 

仮設水道

仮設工事・仮設水道

 

仮設工事は、工事中には必要不可欠なものですが、
建物が完成たときには撤去されてしまう性格のものです。

いわば、工事を陰で支える作業です。

特に仮設足場は、
組み方により、安全性や作業効率に大きく影響を与えるので
特殊な技能が必要で、仮設足場専門の業者に依頼します。

これら仮設工事には、
一般的には全工事費の2~3パーセントが費やされます。

ハウスメーカーによっては、見積りの際に、
この仮設工事を本体価格とは別扱いにしている場合があります。

これは本体価格の坪単価を
少しでも安く見せるためのテクニックです。
ローコスト系のところは、よくそのようなことをしているので、
見積りを比較するときには、注意してください。

 

 

 

 

 

 ★オススメの記事

 

 

このページのトップへ ↑ 


住宅のサポートへ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市東山区泉涌寺東林町37-7

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅相見積サービス」を運営し、京都・滋賀・大阪・奈良で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  個人情報保護について

 

 

 

 

▲Page Top