HOME住宅建築用語は行ベタ基礎

ベタ基礎(べたきそ)とは
【住宅建築用語の意味】



 

業務内容

相見積サービスへ お客様の声へ

 

住宅業界の情報

ハウスメーカー比較へ ハウスメーカーのランキングへ 住宅業界の裏側へ

 

家づくりの知識

家づくりの基礎知識へ 快適な住まい方へ おしゃれなインテリアへ 実例ギャラリーへ 家相と風水へ

 

その他の基礎知識

不動産の豆知識へ 住宅ローン入門へ 住宅用語辞典へ

 

サイトの管理人

Placeholder image

(株)ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄

詳しくはこちら

 

問合せフォームへ

 

ベタ基礎とは、
基礎の立上りだけの布基礎とは違い、底板一面が鉄筋コンクリートになっている基礎です。

家の荷重を底板全体で受け止め、面で支えます。

ベタ基礎

一般的なベタ基礎

 

お勧め記事


この記事をご覧になった方は、次の記事もご覧になっています

他の部屋の部位へ住宅の基礎工事|種類とチェックポイント
 基礎工事の配筋やコンクリートの流し方などを解説

他の部屋の部位へ地盤改良の工法と費用
 表層改良構法、柱状改良構法、鋼管杭工法などを解説

他の部屋の部位へ木造住宅の工事|チェックポイント
 上棟前後のチェックポイントを動画と画像で解説

 

 

 

 

 

 

ベタ基礎の詳細説明

 

ベタ基礎とは
基礎の立上りだけでなく、底板一面が鉄筋コンクリートになっている基礎です。

家の荷重を底板全体で受け止め、面で支えます。
また、地面をコンクリートで覆うので、地面から上がってくる湿気を防ぎ、シロアリも侵入しにくくなります。

 

 

 ベタ基礎と布基礎の違い

 

最近の木造住宅ではベタ基礎を採用するところがほとんどです。

ベタ基礎の一般的な寸法は立上りの幅を120mm以上、底板の厚さを150mm以上とし、立上りの高さを地面から400mm以上を確保します。

 

ベタ基礎の配筋

 

ベタ基礎は布基礎に比べ、コンクリートと鉄筋の量は増えますが
布基礎の場合、①フーチング、②立上り、③床下の押えコンクリートと、3回に分けてコンクリートを打設しなければなりません。

 

布基礎
布基礎の工程

 

その点、 ベタ基礎は①底板、②立上りの 2回の打設ですみます。

その分、 施工手間がかからないので、ベタ基礎の採用が増えた大きな理由の一つになっています。

ベタ基礎
ベタ基礎の工程

 

 

 

 

 

 

布基礎は建物の荷重を線で支えて、ベタ基礎は床下全面で支えます。
ですから、ベタ基礎は不同沈下を起こさないといわれていますが、ベタ基礎を採用していても、敷地全体の地耐力が均一でない場合は、不同沈下が起こる可能性が充分あります。

また、地盤が軟弱な場合、ベタ基礎は布基礎に比べ基礎自体が重いので、地盤への負荷が大きくなります。構造計算のやり方によっては、布基礎を採用した方が有利な場合も出てきます。

 

 

さらに、ベタ基礎は底板より上の立ち上がりの高さが35センチほどですが、布基礎はフーチングから上の立上りの高さが50センチほどになります。

実は、立上りの高い布基礎の方が上からの荷重に対抗するのは有利です。

そのため、一概にベタ基礎の方が優れているとは言えません。

ベタ基礎と布基礎の高さの違い
布基礎 

 

 

 

 

 

 

 

 ベタ基礎の工事の様子

実際のベタ基礎の工事の様子を動画でご覧ください。

(動画長さ 3分40秒)

 

ベタ基礎工事の動画の内容

  • 0分22秒 かぶり厚さの確認 鉄筋を地面から6センチ以上浮かせる
  • 0分50秒 鉄筋のピッチ(間隔)の確認
  • 1分08秒 防湿シートの状況
  • 1分20秒 鉄筋の重ね代 鉄筋を継ぎ足しする重ね代の状況
  • 2分05秒 コンクリートを流す作業の状況
  • 2分30秒 コンクリートを流すときの注目ポイント

 

 

 

 ベタ基礎の配筋

ベタ基礎の配筋は
底板部はD10(φ10)以上の鉄筋を
300mm以下の間隔で縦と横に配置します。

間取りや地盤の状況によっては
配筋の間隔を狭めたり、D13(φ13)使用したり、
ダブル配筋(2段に鉄筋を組む配筋)にすることもあります。

 
150mmピッチの配筋をしたベタ基礎

D13(Φ13)の鉄筋で150mm間隔の配筋

 

 

 

 

 

ダブル配筋のベタ基礎

D13(Φ13)の鉄筋のダブル配筋

 

 

ベタ基礎は
立上り基礎で囲まれた区画の面積が大きくなると、底板の厚みを大きくしたり、地中梁を設けるなどの処置が必要になるり、コスト高になるので、あまり大きな区画割は避けた方が良いでしょう。

 

 

このページの関連記事

他の部屋の部位へ住宅の基礎工事|種類とチェックポイント
 基礎工事の配筋やコンクリートの流し方などを解説

他の部屋の部位へ地盤改良の工法と費用
 表層改良構法、柱状改良構法、鋼管杭工法などを解説

ベタ基礎の関連記事地盤調査の方法と種類
 地盤調査の方法や調査結果の見方を解説

他の部屋の部位へ木造住宅の工事|チェックポイント
 上棟前後のチェックポイントを動画と画像で解説


基礎工事の用語

 

 

 

 ★オススメの記事

 

 

 


このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市東山区泉涌寺東林町37-7

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅相見積サービス」を運営し、京都・滋賀・大阪・奈良で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について

▲Page Top