縦すべり出し窓とは【住宅建築用語の意味】

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>>縦すべり出し窓とは【住宅建築用語の意味】

<スポンサーリンク>

 

  

 

縦すべり出し窓とは、窓枠の上下に設けられたレールに沿って、窓を外側(室外側)にすべり出させて開ける窓。
縦すべり出し窓は、欧米の住宅でよく用いられる窓です。

縦すべり出し窓は回転軸が垂直方向なのに対し、回転軸が水平方向になっているモノを横すべり出し窓といいます。

縦すべり出し窓は、全開状態にすると窓が90度になり、サッシの開口面積を最大限に開放することができ、通風の効率が良いです。

 
縦滑り出し窓 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<スポンサーリンク>

 

 

縦滑り出し窓のメリットとデメリット


 

ひじょうに気密性に優れていることが、縦すべり出し窓の大きなメリットです。
住宅の気密性にこだわる場合は、縦滑り出し窓や横滑り出し窓を多用すると効果的です。

縦すべり出し窓は、窓が外に開くので、サッシの部屋内側が汚れやすいのはデメリットと言えるかもしれません。

しかし、縦滑り出し窓を全開にした状態にした場合、サッシの外側に手が届くので、掃除しやすいというメリットがあります。

縦すべり出し窓の形状は縦長なので、それを上手くデザイン的に取り入れる事で、おしゃれな外観や内観を実現できます。

縦すべり出し窓の実例

 

縦滑り出し窓は、引き違い窓や上げ下げ窓の様に、外側に網戸を取り付けることが出来ません。

そのため、縦すべり出し窓の網戸は、室内側に付きます。
縦すべり出し窓の網戸には色々な種類があり、上げ下げ式やロール式、内開き式などがあります。
(写真は、縦すべり出し窓の上げ下げ式網戸)

 
閉じた状態の縦滑り出し窓 縦すべり出し窓を
閉めた状態の網戸
 
開いた状態の縦滑り出し窓縦すべり出し窓を
開けた状態の網戸

 

縦滑り出し窓の形状は縦長になります。
人の頭が入らないぐらいの細い縦滑り出し窓であれば、防犯面で非常に有効です。

 

風を屋内に入れようとした場合、引き違い窓だと、壁に垂直に当たる風を入れる事はできますが、平行に通る風は効率よく部屋に入れる事はできません。

 

引き違い窓と風の関係

 

その点、縦滑り出し窓は壁に平行に通る風も、効率的に部屋の中へ入れる事ができます。

また、縦滑り出し窓を2連以上で設置する場合、開き勝手の向きを揃えずに、反対にしておけば、左右どちらから風が吹いてきても大丈夫です。

 

縦滑り出し窓の開き勝手の向きが反対
縦滑り出し窓の開き勝手の向きが反対の実例

 

縦滑り出し窓の最大のデメリットは、コストです。
引き違い窓に比べ、同じぐらいの大きさでも、1.2~1.5倍はします。

また、ロールスクリーンを設置する場合、引き違い窓であれば、既製品で対応できることが多々ありますが、縦滑り出し窓はオーダーで対応しなくてはならず、高くつきます。

更に、ロールスクリーンの縦横比の差が大きくなるとメーカー保証が付かない場合があります。

 

  

 ★オススメの記事

 

 

このページのトップへ ↑ 


住宅のサポートへ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市東山区泉涌寺東林町37-7

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅相見積サービス」を運営し、京都・滋賀・大阪・奈良で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について