横すべり出し窓とは【住宅建築用語の意味】

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>>横すべり出し窓とは【住宅建築用語の意味】

<スポンサーリンク>

 

  

 

横すべり出し窓とは
窓枠の左右に設けられたレールに沿って上部の吊元がスライドし、窓の下部を外側(室外側)にすべり出させて開ける窓。

窓の吊元(軸)が水平方向なので「横すべり出し窓」。

吊元が垂直方向になっている窓は「縦すべり出し窓」と呼びます。

横すべり出し窓は外側に開くため、外側に網戸を取り付ける事ができないので、部屋内側にアコーディオン網戸やロール網戸を取り付ける事になります。

 
縦滑り出し窓

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

横すべり出し窓のメリットとデメリット


 

横すべり出し窓のメリットは
まずは気密性を確保しやすい事です。

しかし、90度まで開ければ、窓面積分がほぼ全開になるので、同じ面積の引き違い窓や上げ下げ窓より通気効率が良いです。

ただし、通気性は横すべり出し窓よりも縦すべり出し窓の方が効率的です。

なぜ、縦すべり出し窓の方が通気性が優れているのか?
その理由は「縦すべり出し窓」のページをご覧ください。

 

また、ガラス面が庇の様な役目をするので、突然の降雨でも雨が室内に入りにくいです。
少しの雨であれば、窓を開けたまま、通気を確保する事も可能です。

 

横すべり出し窓の形状は正方形か、横長の形状になるので、それを上手くデザイン的に取り入れる事で、おしゃれな外観や内観を実現できます。

横すべり出し窓の実例

 

 

横すべり出し窓のデメリットは
価格が引き違い窓に比べ、同じぐらいの大きさでも、1.2~1.5倍はします。

網戸の価格についても、部屋内側にアコーディオン網戸やロール網戸を取り付ける事になるので、多少割高になります。

また、横すべり出し窓は開けた時にガラスの外側が上を向くので、他の窓に比べ外側が汚れやすい事も少しデメリットと言えるかも知れません。
ただし、90度まで窓を開けると、サッシの上枠と吊元の間から手を入れて、外側を掃除できます。

 

  

 ★オススメの記事

 

 

このページのトップへ ↑ 


住宅のサポートへ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市東山区泉涌寺東林町37-7

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅相見積サービス」を運営し、京都・滋賀・大阪・奈良で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について