天窓とは【住宅建築用語の意味】

家づくりを応援する情報サイト


家づくりを応援するサイトのトップへ

>>天窓とは【住宅建築用語の意味】

 

 

  

 

天窓とは
屋根や天井に設置する窓で、トップライトとも呼ばれています。

 


縦滑り出し窓

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

天窓は採光だけを目的とした、はめ殺しの天窓と、換気もできる開閉可能な天窓があります。

開閉可能な天窓は電動で操作するかチェーンを垂れ下げて操作します。
天窓を開けると、建物上下の温度差によって、効率よく換気する事ができます。

しかし、天窓が開いている時に雨が降ると大変なので、はめ殺しの天窓を採用するのが一般的です。

 

 

 

 

 

 

天窓のメリットとデメリット


 

天窓のメリットは何といっても採光です。
一般的な壁に設置する窓に比べ、同じ面積の天窓であれば、3倍の採光効率があります。

都市部で隣家に囲まれていても天窓であれば採光を確保する事が可能です。
また、家の中央部付近の採光の取りにくい箇所でも、天窓が有効です。

 

天窓のデメリットは夏の暑さです。
天窓を取り付けるのであれば、南向きは避け、北向きにした方が良いでしょう。

また、掃除ができない事も天窓のデメリットです。汚れが心配な方はガラスをクリアガラスではなく、型ガラスにすれば、汚れが目立ちにくいでしょう。

大粒の雨が降ると、ガラス面に当たる音がうるさいと訴える人もいます。

気密性に関しては天窓自体は問題ないのですが、普通の窓よりも納まりが複雑なので、上手く施工しないと、天窓の周辺部で漏気してしまう可能性があります。

 

 

  

 ★オススメの記事

 

 

このページのトップへ ↑ 


住宅のサポートへ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市東山区泉涌寺東林町37-7

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅相見積サービス」を運営し、京都・滋賀・大阪・奈良で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  個人情報保護について

 

 

 

 

▲Page Top