ルーバー窓(ジャロジー窓)とは【住宅建築用語の意味】

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>>ルーバー窓とは【住宅建築用語の意味】

<スポンサーリンク>

 

  

 

ルーバー窓(ジャロジー窓)とは
横に細長いガラス板が、ブラインドのように縦に並んでいる窓のこと。

元々は玄関ポーチなどの屋外空間で使われる事を想定して作られました。

ハンドル操作により、それぞれのガラス板の角度を変える事ができ、通風の量を調整できます。

 


ルーバー窓(ジャロジー窓)の実例

ルーバー窓(ジャロジー窓)の網戸は部屋内にFIX状のものを取り付けます。

また、開閉の際の稼働スペースが少ないので、面格子を取り付ける事もできます。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

ルーバー窓のメリットとデメリット


 

ルーバー窓(ジャロジー窓)のメリットは通気性の良さです。

横すべり出し窓の様に、窓を開けていても、少量の雨であれば室内に雨が入りにくく、通気を確保する事が可能です。

しかし、ルーバー窓(ジャロジー窓)は横すべり出し窓よりも、開閉の際の稼働スペースが断然少ないので、隣地境界ギリギリであっても、取付けが可能です。

ルーバー窓(ジャロジー窓)がよく利用される場所は、洗面所やお風呂など、特に通気を必要とする場所になります。

 

ルーバー窓(ジャロジー窓)のデメリットは
屋外での使用を前提に作られた窓なので、気密性と断熱性は確保できません。

気密性を高めたルーバー窓(ジャロジー窓)もありますが、それでも他の窓より気密性が劣ります。

そのため、高断熱高気密にこだわった住宅では採用しません。

防犯上もルーバー窓(ジャロジー窓)は簡単にガラス板を外せるので、1階で採用する場合は、防犯面格子を取り付けるのが良いでしょう。

ルーバー窓の防犯性のデメリット

ルーバー窓は簡単にガラスが外れる

ルーバー窓の面格子

ルーバー窓の面格子

 

また、機構が複雑なので、非常に高価なのが大きなデメリットです。

 

  

 ★オススメの記事

 

 

このページのトップへ ↑ 


住宅のサポートへ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市東山区泉涌寺東林町37-7

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について