表層改良とは
【住宅建築用語の意味】



 

業務内容

相見積サービスへ お客様の声へ

 

住宅業界の情報

ハウスメーカー比較へ ハウスメーカーのランキングへ 住宅業界の裏側へ

 

家づくりの知識

家づくりの基礎知識へ 快適な住まい方へ おしゃれなインテリアへ 実例ギャラリーへ 家相と風水へ

 

その他の基礎知識

不動産の豆知識へ 住宅ローン入門へ 住宅用語辞典へ

 

サイトの管理人

Placeholder image

(株)ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄

詳しくはこちら

 

問合せフォームへ

 

 

 

 

 

表層改良とは
軟弱地盤の層が地表から2メートル以内の場合に行う地盤改良工事です。

軟弱地盤層の強度を上げ、下部の良好地盤層と一体化させて支持地盤を造る工法です。

表層改良の画像

表層改良のイラスト

 

お勧め記事


この記事をご覧になった方は、次の記事もご覧になっています

他の部屋の部位へ地盤改良の工法と費用
 表層改良構法、柱状改良構法、鋼管杭工法などを解説

ベタ基礎の関連記事地盤調査の方法と種類
 地盤調査の方法や調査結果の見方を解説

他の部屋の部位へ住宅の基礎工事|種類とチェックポイント
基礎工事の配筋やコンクリートの流し方などを解説

 

 

 

 

 

 

表層改良の詳細説明

 

表層改良とは
軟弱地盤の層が地表から2メートル以内の場合に行う地盤改良工事です。

軟弱地盤層の強度を上げ、
下部の良好地盤層と一体化させて支持地盤を造る工法です。

固化材による植物などへの影響はありません。

表層改良の手順は右図のようになります。

表層改良工事による地盤改良の範囲は建物の外壁面より
50センチ外側まで行います。

改良深度を決める際の良好地盤とは、
粘性土でN値>3、
砂質土でN値>4が
連続する地層でなければなりません。

工期は通常1日から2日ほどです。

表層改良方法による地盤改良工事

 

 

 

 

 

 

 表層改良に掛かる費用

 

表層改良に掛かる費用は
1階の床面積が20坪程度で、深度1メートル程度を改良する場合、およそ30~50万円ほどが目安です。

深度が2メートルぐらいになると、
柱状改良の方が、安価に抑えることができます。

 

 表層改良の注意点

 

  • 改良する深さよりも浅い所に地下水位がある場合は、
    表層改良は避けた方が良いでしょう。

  • 良好な地盤が傾斜して存在する場合は
    表層改良は不適当です。

  • 改良した土は、200トンほどの重量になり、
    更に、家屋の重量が加わって下の良好地盤に掛かるので、
    しっかりと地盤の許容支持力を計算する必要があります。

  • 改良範囲に近接して、
    隣地の家屋や塀などがある場合は、
    掘削による影響を考慮する必要があります。

  • 以前は地盤改良した土壌から
    六価クロムが溶出するという問題がありましたが、
    現在はそのような事はありません。

  • 現在では無粉塵固化材が主流となっていますが、
    従来の固化材を使用する場合は粉塵が舞い上がり、
    近隣の迷惑になることがあります。

 

 

このページの関連記事

他の部屋の部位へ住宅の基礎工事|種類とチェックポイント
 基礎工事の配筋やコンクリートの流し方などを解説

他の部屋の部位へ地盤改良の工法と費用
 表層改良構法、柱状改良構法、鋼管杭工法などを解説

ベタ基礎の関連記事地盤調査の方法と種類
 地盤調査の方法や調査結果の見方を解説

他の部屋の部位へ木造住宅の工事|チェックポイント
 上棟前後のチェックポイントを動画と画像で解説


地盤改良の用語

 

 

 

 ★オススメの記事

 

 

 


このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市東山区泉涌寺東林町37-7

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅相見積サービス」を運営し、京都・滋賀・大阪・奈良で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について

▲Page Top