【抵当権】一括競売



 

業務内容

相見積サービスへ お客様の声へ

 

住宅業界の情報

ハウスメーカー比較へ ハウスメーカーのランキングへ 住宅業界の裏側へ

 

家づくりの知識

家づくりの基礎知識へ 快適な住まい方へ おしゃれなインテリアへ 実例ギャラリーへ 家相と風水へ

 

その他の基礎知識

不動産の豆知識へ 住宅ローン入門へ 住宅用語辞典へ

 

サイトの管理人

Placeholder image

(株)ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄

詳しくはこちら

 

問合せフォームへ

 

 

 

 

 

抵当権の一括競売について

 

更地に抵当権が設定されて、後に建物が建てられた場合、抵当権が実行されると土地と建物を一括で競売にかけられます。

 

 

目次


  • 一括競売とは何か?
    弁済できるのは、土地の代金の範囲内だけ
    更地に抵当権が設定されていること
     

その他、抵当権の記事はこちら

 

 

 

その他、関連記事


 

 

 

 

 

一括競売とは何か?


 

次の図の例でご説明します。

AがBからお金を借りて、
更地だった土地に抵当権を設定したとします。

抵当権が設定されても、
Aはこの土地を自由に使えるので、
その後、Aは更地だったその土地に
自宅を建築しました。

ところがAはお金が返せなくなり、
抵当権が実行されることになったとします。

しかし、建物が建っている土地で、
敷地だけを競売しても、なかなか売れません。

そこで、このような場合は、土地と建物の両方を一括して、競売できることになっています。

 

抵当権とは

 

競売の結果、Cが購入。
ただ、抵当権に設定されていたのは土地だけなので、
Bが弁済(お金を回収)できるのは、土地の代金の範囲内だけです。

つまり、BがAに3000万円貸したとして、
一括競売の結果、土地が2000万円、建物が1000万円でCが買ったとしても、
Bに弁済(お金を回収)されるのは、2000万円までです。

 

一括競売のポイントは、更地に抵当権が設定されていることです。

すでに建物が建っていて、土地だけに抵当権が設定されたような場合はダメです。

 

 

 

(法定地上権)

(建物の明渡猶予期間)

 

 

 

その他抵当権のメニュー


 

 

 

 ★オススメの記事

 

 

 


このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市東山区泉涌寺東林町37-7

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅相見積サービス」を運営し、京都・滋賀・大阪・奈良で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について

▲Page Top