【抵当権】明け渡し猶予(賃貸の場合)



 

業務内容

相見積サービスへ お客様の声へ

 

住宅業界の情報

ハウスメーカー比較へ ハウスメーカーのランキングへ 住宅業界の裏側へ

 

家づくりの知識

家づくりの基礎知識へ 快適な住まい方へ おしゃれなインテリアへ 実例ギャラリーへ 家相と風水へ

 

その他の基礎知識

不動産の豆知識へ 住宅ローン入門へ 住宅用語辞典へ

 

サイトの管理人

Placeholder image

(株)ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄

詳しくはこちら

 

問合せフォームへ

 

 

 

賃貸の物件の抵当権

 

抵当権の実行によって競売され、買い手が付いた時、その家が賃貸で、人が住んでいる場合はどうなるか?

家を明け渡してもらえるのだろうか?

 

 

その他、関連記事


 

 

 

 

賃貸として利用されている家が抵当権の実行によって競売に掛けられ、買い手が付いたとします。

でも、その家を借りて住んでいる人がいる場合はどうなるのか?

 

明け渡しの猶予

 

AがBからお金を借りて、
建物に抵当権を設定したとします。

ところがAはBにお金が返せなくなり、
抵当権が実行されて
建物を競売することにななりました。

競売の結果Dがこの建物を購入したのですが、実はこの建物は賃貸で、Cが借りて住んでいます。

 

Dは自分がこの家に住みたいので、賃借人のCに対し、「この建物の明け渡し」を要求しました。

 

競売建物に賃借権がある場合

 

この場合、Cには賃借権があるので、簡単に明け渡してもらうという訳には行きません。

賃借人のCは別の住み家を探さなければなりませんし、すぐに見つかるとは限りません。
直ちに追い出すと、野宿するしかないので、あまりにも可哀そうです。

そこで、賃借人のCには6か月間の猶予が与えられる事になっています。

 

 

賃借権を登記していれば明け渡さなくても良い

 

もし、Cの賃借権が登記されていれば、
上記のような場合でも、建物を明け渡す必要はありません。

ただし、ここで問題になるのは抵当権が設定される「前か、後か」という事です。

抵当権が設定されるよりもに登記されていれば、明け渡さなくてもよいです。

抵当権が設定されるよりも後に賃借権を登記したのであれば、
やはり、CはDに明け渡さなくてはなりません。

これは当然ですね。

賃借権が登記されている事を知りながら
抵当権を設定するのであれば、明け渡してもらえない事は覚悟の上です。

後で登記してもOKという事でしたら、あまりにもCに都合が良すぎます。

 

 

 

 

土地の賃借人はダメ

 

明渡の猶予期間が与えられるのは、建物の賃借人だけです。
土地の賃借人はダメです。

なぜかと言うと、
例えば、土地を借りて趣味で菜園をしていたとします。
ある日、急に明け渡すように求められたとしても「生きていくのには困らないでしょ」という事です。

 

 

 

 

(一括競売とは)

(抵当権の4つの性質)

 

 

その他抵当権のメニュー


 

 

 

 ★オススメの記事

 

 

 


このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市東山区泉涌寺東林町37-7

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅相見積サービス」を運営し、京都・滋賀・大阪・奈良で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について

▲Page Top