ヒートショック対策|高断熱高気密



 

業務内容

相見積サービスへ お客様の声へ

 

住宅業界の情報

ハウスメーカー比較へ ハウスメーカーのランキングへ 住宅業界の裏側へ

 

家づくりの知識

家づくりの基礎知識へ 快適な住まい方へ おしゃれなインテリアへ 実例ギャラリーへ 家相と風水へ

 

その他の基礎知識

不動産の豆知識へ 住宅ローン入門へ 住宅用語辞典へ

 

サイトの管理人

Placeholder image

(株)ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄

詳しくはこちら

 

問合せフォームへ

 

 

 

 

 

 

実は車の行きかう道路を歩いているよりも、
家でお風呂に入ったり、トイレに行く方が死ぬ確立が5倍も高いのです。

そして、その死の原因は、家の中の温度差です。

段差の無いバリアフリーは当たり前になっていますが、
温度のバリアフリーまだまだです。

まずは、実際に家中にほとんど温度差の無い家がどんなものなのか、取材した動画をご覧ください。

(動画長さ 3分20秒)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

交通事故より危ない!

 

道路より家の中の方が危険


 

家庭内でヒートショックにより亡くなる方がどれだけいるかご存知ですか?

 

●ヒートショックにより亡くなる人19,000人/年

厚生労働科学研究成果の推計によると、入浴中に死亡する人は全国で毎年19,000人だそうです。
そして、その原因のほとんどは、急激な温度差によるヒートショックです。

参考データ:厚生労働科学研究成果
ヒートショックの参考データ「入浴関連事故の実態把握及び予防対策に関する研究」

一方、平成29年度、交通事故死者数は全国で 3,694人です。ということは‥‥

 

● ヒートショックで亡くなる人は交通事故死者の約5倍

つまり、車が行きかう道路を歩くよりも、 家の中でお風呂に入いる方が
約5倍も危険だと言うことです。

 

 

 

 

 

家の中の温度差が原因

 

湿度コントロールが健康の肝


 

ヒートショックによる死亡者がこんなに多いのは、
このグラフでもわかるように日本に特有な現象です。

 

日本の家は高断熱高気密でないために、ヒートショック死が多い

 

これは、日本人が浴槽につかる入浴法を好んでいることと、
浴室の室温が低いことが大きな原因です。

 

 

 

 

 

 

そのことが覗えるデータとして、
国民生活センターのヒートショック死者数の月別推移を見ると、
次のグラフのように、冬に多くなっていることが分かります。

 

高断熱高気密でない家は、冬になるとヒートショックの危険が増える
 

 

そして、次のグラフから、
冬は浴室の気温とお湯の温度差が大きいことが、
その大きな要因であることが分かります。

 

ヒートショックは浴室と湯の温度差が大きな要因

 

冬場、リビングは暖房されて暖かくても、
一歩、廊下に出れば、ほとんど暖房されていない状態。

脱衣室や浴室は、さらに寒く、そこで脱衣して入浴することは、
お年寄りにとってあまりにも負担が大きすぎます。

これを解決するのに、最も有効な手段が、住宅の高断熱高気密化です。

 

 

 

 

 

高断熱高気密住宅なら、ヒートショックとは無縁

 

家の中の温度を計測


 

下のグラフは、真冬に高断熱高気密住宅で家の中の温度を測定したデータです。

場所は底冷えのする京都で外の気温が0度であっても、
家の中で最も暖かいリビングは22℃、最も寒い玄関は17℃でした。

家中、ほとんど温度差の無いことが分かります。

 

高断熱高気密住宅は家中の温度差が無い

 

このお宅の詳しいデータ

  • 京都市 2001年3月完成 延床面積40坪 5人家族(大人3人・子供2人) 
  • 木造(枠組壁工法) 外張り断熱工法
  • 断熱材:ウレタンフォーム(屋根:100mm 壁・基礎:50mm)
  • 窓:トステム・サーマルⅡ+LOW-Eペアガラス(ガラス隙間12mm)
  • 玄関ドア:断熱ドアK2仕様
  • 隙間相当面積:1.4cm/㎡
  • 24時間換気システム:第3種換気(ガデリウスのエクソネット)
  • 暖房:蓄熱暖房器(蓄熱量13kwh)+リビングエアコン1台のみ24時間運転
  • オール電化住宅:光熱費が最も高い月で28,000円

 

高断熱高気密住宅であればヒートショックの心配は皆無です。

 

 

 

 

 

高断熱高気密住宅であれば、真夏も快適!

 

外は35度でも家の中は・・・


 

下のグラフは、
夏に高断熱高気密住宅で家の中の温度を測定したデータです。

先ほどと同じ京都のお宅で、
外の気温が35度であっても、家の中はどこも常に28度以下。

28℃では暑いのでは?と思われる方もいるかもしれませんが、
高断熱高気密住宅は、その断熱性能で、
外の熱気がしっかり遮断されているので、
比較的高い温度でも、充分に涼しく感じられるのが特長です。

 

高断熱高気密住宅 夏の温度推移

 

冷房:2階寝室のエアコンを常時除湿運転、リビングのエアコン断続運転(27℃設定)

 

 

 

 

 

こんなに贅沢に暮らして、光熱費は大丈夫?

 

高断熱高気密が基本


 

24時間、家中を冷暖房しても、高断熱高気密の家であれば、

冷房費の最も高い月で1万円。暖房費の最も高い月で1万2千円。

一般的な戸建住宅とほとんど変わらない!

 

高断熱高気密住宅の冷暖房費

 

高断熱高気密住宅であれば、
少ないエネルギーで家中を冷暖房できてしまいます。

身体にもお財布にも優しい住まいです。

 

 

 

 

 ★オススメの記事

 

 

 


このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市東山区泉涌寺東林町37-7

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅相見積サービス」を運営し、京都・滋賀・大阪・奈良で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について

▲Page Top