HOMEインテリアインテリアコーディネートのコツ

【インテリアコーディネートのコツ】おしゃれの基本



 

業務内容

相見積サービスへ お客様の声へ

 

住宅業界の情報

ハウスメーカー比較へ ハウスメーカーのランキングへ 住宅業界の裏側へ

 

家づくりの知識

家づくりの基礎知識へ 快適な住まい方へ おしゃれなインテリアへ 実例ギャラリーへ 家相と風水へ

 

その他の基礎知識

不動産の豆知識へ 住宅ローン入門へ 住宅用語辞典へ

 

サイトの管理人

Placeholder image

(株)ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄

詳しくはこちら

 

問合せフォームへ

 

インテリアのコーディネートのコツ

 

おしゃれでセンスの良いインテリアコーディネートをするための基本は、相性のいいアイテムを組み合わせて、部屋全体のテイストを統一させることです。

どうすれば相性の良さを判断できるのか?

ここではイメージスケールという手法を使って、誰でもおしゃれにまとめられる方法をご紹介します。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

目次


 

 

 

 

 

 

 

イメージスケールを利用しよう

 

イメージを「見える化」するツール


 

おしゃれでセンスの良いインテリアコーディネートをするための基本は、相性のいいアイテムを組み合わせて、部屋全体のテイストを統一させることです。

全体を意識せずに個々のアイテムにとらわれ、成り行き任せにセレクトしていくと、チグハグで落ち着かない空間になってしまいます。

 

インテリアをコーディネートする上で最大のコツとなるのは、「まず初めに、インテリアのスタイルを明確に決める事」です。

明確にイメージしたスタイルに合わせて、アイテムをコーディネートしていくことで、センスの良いインテリアが実現できます。

プロのインテリアコーディネーターは、様々なインテリアスタイルが頭の中に入っていて、そのスタイルにはどんなアイテムを選べばよいか判断できますが、一般の人ではそう簡単にはできません。

 

そこで、とても役に立つツールが、ここで紹介するイメージスケールです。

実は私も、インテリアをコーディネートする際には 、このイメージスケールを頭の中に浮かべ、内装ドアや床材、壁紙といった内装材はもちろん、家具や照明器具などのアイテムも選んでいます。

 

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

イメージスケールは
縦軸に 「SOFT-HARD」、横軸に 「WARM-COOL」 としてスケールを設定し、イメージを分類していきます。

 

イメージスケール

日本カラーデザイン研究所が考案した手法です)

 

何千人もの被験者から統計を取り、イメージという漠然とした概念を、科学的な手法で「見える化」させたのがイメージスケールで、「清潔な」とか「風格のある」、「温厚な」といった感覚的な概念をピンポイントでスケール上にプロットする事ができるようになっています。

 

イメージスケールについて詳しくはこちらをご覧ください

イメージスケールへ イメージスケールとは

 

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

インテリアスタイルの種類

 

代表的な6種類のスタイルを解説


 

インテリアのスタイルは無数にありますが、ここでは比較的人気の高いインテリアスタイル6種類を上げます。

その6種類のインテリアスタイルをイメージスケール上にプロットすると下のようになります。

 

センス良くまとめるための基本は

まず一番初めに
自分が目指したいスタイルをできるだけ具体的なビジョンとして思い浮かべる事です。

そこで、イメージスケールを使って、目指すべきインテリアスタイルがどの位置に当たるのかが分かる事で、よりビジョンが思い浮かびやすくなります。

 

インテリアのイメージスケール

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

それぞれの具体的なイメージは、次をクリックしてご覧ください。

 

シンプル&ナチュラルへ シンプル&ナチュラル

 

シンプルモダンへ シンプルモダン

 

カントリーへ カントリー

 

エレガントへ エレガント

 

アーバンモダンへ アーバンモダン

 

アーバンモダンへ クラシック&ダンディー

 

 

上にあげた6種類のインテリアスタイル以外にも少し「カントリー」よりの「シンプルナチュラル」というように、イメージスケール上にはそれぞれのインテリアスタイルの間に無数のスタイルが存在しています。

その無数のスタイルの中から、どのポイントを狙うのか、できるだけ絞ってください。

インテリアスタイルの方向性をハッキリさせればさせるほど、センス良くまとめることができるようになります。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

インテリアのアイテムを選定

 

統一感のあるインテリアコーディネートのコツ


 

インテリアスタイルを決めたら、それに合わせて内装材や家具、カーテン、照明器具などのアイテムを選んでいきます。

プロのインテリアコーディネーターが、センス良くインテリアをまとめられるのも、まず初めに、インテリアのスタイルをピンポイントで絞り込んでいるからです。

ところで、インテリアのアイテムには、よく似ているようであっても、実は違うテイストのものだったりすることがよくあります。
その辺りの「違いを見極める目」を養うことも、インテリアコーディネートをする上で重要なコツです。

 

例えば照明器具を、先ほどのイメージスケール上に配置すると次のようになります。

インテリアコーディネートのコツ・照明器具

 

椅子をイメージスケール上に配置すると次のようになります。

インテリアコーディネートのコツ・椅子

 

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

様々なインテリアのアイテムがイメージスケール上の同じ位置に来るものを選ぶと、自然と統一感が出てきます。

 

インテリアコーディネートのコツ・イメージの統一

 

アイテムが持つテイストの「違いを見極める目」を養うためには
インテリア雑誌などに載っている、インテリアコーディネートの見本をじっくり眺め、家具や小物の使い方や色使いなど参考にするのが良いでしょう。

 

 

 

 ★オススメの記事

 

 

 


このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市東山区泉涌寺東林町37-7

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅相見積サービス」を運営し、京都・滋賀・大阪・奈良で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について

▲Page Top