HOMEインテリア部屋別コーデ洗面・トイレ

洗面室・トイレ【おしゃれと機能性が両立する壁紙選び】


<スポンサーリンク>

 


 

業務内容

相見積サービスへ お客様の声へ

 

住宅業界の情報

ハウスメーカー比較へ ハウスメーカーのランキングへ 住宅業界の裏側へ

 

家づくりの知識

家づくりの基礎知識へ 快適な住まい方へ おしゃれなインテリアへ 実例ギャラリーへ 家相と風水へ

 

その他の基礎知識

不動産の豆知識へ 住宅ローン入門へ 住宅用語辞典へ

 

サイトの管理人

Placeholder image

(株)ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄

詳しくはこちら

 

問合せフォームへ

 

おしゃれなトイレ

 

リビングや寝室のインテリアは比較的イメージしやすいですが、洗面所やトイレはどう考えたらいいのか分からないと言う人も多いでしょう。

洗面室やトイレは、まずは汚れや匂いなどが気になる部屋なので、その辺りの機能性を考慮する必要があります。

一方で1日に何度か利用はするものの使用時間はそれほど長くないですし、狭い空間なので、インテリアコディネートの際は冒険してみても良いかもしれません。

機能性を備えつつおしゃれも両立した洗面所やトイレについて実例を交えながらご紹介します。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

洗面室のインテリアコーデ

 

ポイントは湿気対策


 

洗面室は洗顔や手洗い、歯磨き等はもちろん
洗濯機も設置してあったり、 隣が浴室になっていて、
バスタイムには浴室の湯気が流れ込んできます。

家中の中で、最も水と湿気の対策が必要な部屋です。

 

 

 洗面所の床材(床の仕上げ)

 

 

洗面室の床材は
水に強く、価格の安さとう点からクッションフロアをお薦めします。

柄や色も無数にあります。

写真は斑模様のクッションフロアーです。

 

クッションフロアーの洗面所の床

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

 

クッションフロアー以外にも
Pタイル、コルクタイル、磁器タイルなんかを使う場合もあります。

フローリングでも耐水性や汚れ防止の加工がされ
継ぎ目に水がしみ込みにくい構造のものでしたら大丈夫です。

無垢のフローリングは避けた方が良いでしょう。

タイル貼りの洗面所の床

 

 

 洗面所の壁紙(壁の仕上げ)

 

洗面室には洗濯機を設置してある場合が多く、
何かと汚れやすくなります。
洗面台からの水の飛び散りや歯磨き粉などの飛び散りなども気になります。

また、隣の浴室からの湯気で、湿気やすく
カビの発生なども気になるところです。
防カビ効果や防汚効果の機能を持つ壁紙がお薦めです。

キッチンパネルを貼ってしまうというのも良いかも知れません。

写真は壁にキッチンパネルを貼った洗面所です。

 

青色が基調色の寝室

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

 

 洗面室の配色

 

窓が無く暗くなりがちな洗面室の場合、
壁紙も床材も、できるだけ白に近い明るい配色にするのが良いでしょう。

そうでなければ基本的にはどんな配色にしても良いのですが
私のお薦めとしてはピンク系の色でまとめるのが良いかと思います。

ピンクは暖色になるので、
お風呂に入るために脱衣した際、心理的に寒さを和らげてくれるでしょう。

また、鏡に映る自分の顔にピンク色が反射して
血色が良いように感じられるでしょう。

朝、顔を洗った時に鏡に映った自分の顔を見て
顔色が悪そうに見えたら、なんとなく元気が出ませんよね。

 

ピンク色の効果について、詳しくはこちら
インテリアの色の効果インテリアのカラーコーディネート 色の使い方と効果

ちなみに風水では洗面所の色について、このように言われています
インテリアの色の効果【家相・風水】洗面所・浴室の方角と色の相性

 

ピンク色の壁の洗面室

 

<スポンサーリンク>

トイレのインテリアコーデ

 

ポイントは清潔感と清掃性


 

トイレは汚れやすい場所なので 「清潔感」が重要なキーワードになります。

また、耐水性も必要です。
特にトイレ内に手洗い器があればなおさらです。

毎日、何度も使う場所ですから 清潔でおしゃれな空間となるようにしましょう。

 

間接照明のベッドルーム

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

 トイレの床の仕上げ

 

 

トイレの床材は
水に強く、掃除もしやすく、価格も安いという点で
洗面室と同様にクッションフロアをお薦めします。

廊下の木製フローリングをそのままトイレの床に張ったりもしますが、
フローリングは継ぎ目や溝などの凹凸があるので
清潔に保つという点では不利に働きます。

磁器タイルにする事もよくありますが
水には強いですが、目地の凹凸で掃除しにくくなります。

トイレの床は、何といっても清掃しやすい事が第一です。

 

クッションフロアーのトイレ

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

 壁紙(壁の仕上げ)

 

トイレを清潔に保つために壁紙に必要な機能は 第一に防汚効果、そして抗菌効果です。

また、消臭効果のある壁紙もあります。

壁の腰の高さ下は防汚・抗菌効果のある壁紙にして、
腰から上は消臭効果のある壁紙・・・という具合に貼り替えても良いかも知れませんね。

キッチンパネルを腰から下に高さまで貼ってしまっても良いかも知れません。

 

壁紙を貼り分けたトイレ

腰から下は防汚・抗菌機能の壁紙

キッチンパネルを貼ったトイレ

腰から下はキッチンパネル

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

 トイレの配色

 

清潔感を演出するという点で
私のお薦めは淡いブルー系の色でまとめるのが良いかと思います。

そして、黄色をアクセントカラーにすると良いでしょう。

実は黄色には心理的に緊張感を与えるので
その影響でお通じを良くしてくれる効果があります。

タオルや置物、あるいはマットなどを
アクセントカラーとして黄色にすると良いかも知れませんね。

 

黄色の効果について、詳しくはこちら
インテリアコーディネートのコツインテリアのカラーコーディネート 色の使い方と効果

ちなみに風水ではトイレの色について、このように言われています
インテリアの色の効果【家相・風水】トイレの方角と色の相性

 

黄色がアクセントのトイレ 

 

 

 

 ★オススメの記事

 

 

 


このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市東山区泉涌寺東林町37-7

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅相見積サービス」を運営し、京都・滋賀・大阪・奈良で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について

▲Page Top