HOMEインテリアベッドのサイズ

ベッド【サイズの選び方と配置】


<スポンサーリンク>

 


 

業務内容

相見積サービスへ お客様の声へ

 

住宅業界の情報

ハウスメーカー比較へ ハウスメーカーのランキングへ 住宅業界の裏側へ

 

家づくりの知識

家づくりの基礎知識へ 快適な住まい方へ おしゃれなインテリアへ 実例ギャラリーへ 家相と風水へ

 

その他の基礎知識

不動産の豆知識へ 住宅ローン入門へ 住宅用語辞典へ

 

サイトの管理人

Placeholder image

(株)ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄

詳しくはこちら

 

問合せフォームへ

 

ベッドのサイズの選び方と配置

 

ベッドの「サイズ・寸法」は、対応人数はもちろんの事、部屋の大きさも考慮に入れ、選択しなければなりません。

また、ベッド以外の机や収納家具などとの関係も検討する必要があります。

ここではベッドのサイズやベッドの配置に必要となる様々な寸法を押さえ、使いやすい寝室をレイアウトするための基礎知識を見ていきましょう。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

目次


 

 

 

 

 

 

 

ベッドのサイズの種類

 

シングルサイズからキングサイズまで


 

ベッドの高さと長さに関しては
建物の設計をする際に、概ね次のような寸法で考えます。

ベッドの一般的な寸法

 

高さは40センチ前後が一般的で
ベッドから楽に起き上がれる寸法になります。

長さは、ヘッドボードも入れて210センチ。
もし、身長が190センチぐらいあるような大きな方は
更に10センチ長いロングサイズで考えます。

 

 

 

 ベッドの幅と対応人数の関係について

ベッドのサイズはメーカーによって多少違います。
ここではフランスベッド(株)の寸法で記載します。

 

 1人用のベッド

 

シングルサイズ
シングルサイズのベッド

1人用の標準サイズです。
ただ、体の大きめの人はワンサイズ上の方が良いでしょう。

 

ワイドシングルサイズ
ワイドシングルサイズのベッド

1人用のゆったりサイズです。
身体の大きめの人はこのサイズが良いでしょう。

 

セミダブルサイズ
セミダブルサイズのベッド

身体の大きな人も余裕のサイズです。
また、お母さんと子供の添い寝にも対応できます。

 

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

 

 2人用のベッド

 

ダブルサイズ
ダブルサイズのベッド

2人用の標準サイズです。
ただ、体の大きめの人には窮屈かも知れません。

 

クィーンサイズ
クィーンサイズのベッド

2人でも余裕のサイズです。
大人2人と子供1人にも対応可能です。

 

キングサイズ
キングサイズのベッド

大人2人と子供1人でも余裕のサイズです。

 

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

ベッドと家具の関係

 

ベッドと家具の間に必要なスペース


 

注文住宅であれば、作り付けのクローゼットやウォークインクローゼットを設けて
収納家具がなくても生活できるようにするでしょう。

しかし、注文住宅でなければ、なかなかそういう訳には行きません。

家具を置く場合、
ベッドとの間に最低限必要な寸法を見てみましょう。

 

 チェストとベッド

 

チェストの場合、引き出しの引き代が必要です。

引き代にプラス、人が立つスペースも必要なので
ベッドとの隙間は最低限75センチ空ける事になります。

 

 

チェストとベッドの間隔

 

 クローゼットとベッド

 

一般的なクローゼットの扉は、幅の狭い開き戸であったり折れ戸です。

ですから、図のような形でクローゼットを配置する場合、
扉の開け閉めに大きなスペースは必要ないので
人が通れる最低限のスペース、50センチあれば大丈夫です。

 

 

クローゼットとベッドの間隔

 

 机とベッド

 

子供部屋の勉強机やドレッサーを
図のような形で配置する場合は、70センチのスペースが必要です。

もし、椅子に座っている人の後ろを別の人が通るとしたら、
100~110センチのスペースが必要です。

 

 

机とベッドの間隔

 

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

ベッドの周りに必要なスペース

 

壁との隙間と通路の取り方


 

ベッドのサイドを壁に沿って配置する場合は
壁から10センチ離して、ベッドメイキングできるようにします。

ベッド周りの通路スペースは、最低限50センチ必要です。

 

ベッドの周辺に必要な寸法

 

それらを踏まえた上で
ダブルベッドとシングルベッド2台の場合で、必要になるスペースの寸法を見てみましょう。

 

 ベダブルベッドに必要なスペース

 

ダブルベッドの場合、
両サイドと足元に50センチの通路を確保すると
最低限254センチ×260センチのスペースが必要です。

 

ダブルベッドに必要なスペース

 

ですから4畳半の部屋の広さがあれば納まります。

ダブルベッドは狭い寝室に向いていますが、
ドアの位置によってはドアがベッドにぶつかって、うまく開閉できない場合もあるので注意が必要です。

 

★シングルベッド2台に必要なスペース

 

シングルベッドを2台置く場合は、
4畳半の部屋では無理とは言いませんが、ちょっとしんどいです。

5.25畳の広さ(1.75間×1.5間)があれば、図のような寸法がちょうど納まります。

 

シングルベッド2台に必要な寸法

 

ベッドだけでなく、クローゼットやドレッサーなどの家具も置くのであれば
8畳以上の広さがないと窮屈です。

 

 

 

 ★オススメの記事

 

 

 


このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市東山区泉涌寺東林町37-7

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅相見積サービス」を運営し、京都・滋賀・大阪・奈良で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について

▲Page Top