住友林業の評判・評価・価格(坪単価)

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>> 住友林業の評判・評価・価格(坪単価)

 

 

だいぶ前の話しになりますが、
東京・吉祥寺の高級住宅街に、漫画家の楳図かずお氏が 「まことちゃんハウス」と呼ばれる紅白のストライプ模様の自宅を建築し、 近隣住人とトラブルになりましたが、 実は、あの家の工事を請負ったのは住友林業でした。

そんな住友林業を偵察してきました。

住友林業の評判 目次

住友林業の価格へ住友林業の価格(坪単価)

住友林業の営業スタイルへ住友林業の営業スタイル

住友林業の特徴へ住友林業の特徴

住友林業の特徴へ住友林業のメリットとデメリット

住友林業の特徴へ住友林業の評判

住友林業の歴史へ住友林業の歴史

住友林業の主婦の目チェックへ主婦の目チェック

住友林業の総評へ住友林業の総評

 

住友林業のモデルハウス

住友林業のモデルハウス

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

★坪単価の目安

住友林業の営業マンに価格のことをたずねると、
「住友林業はプランの自由度が高いのが特徴です。
いつも、お客さんの予算に合わせたプランの提示をしていますので、 一概にいくらとは言えません。」
との事です。

でも、「タマホームのようなローコスト系のハウスメーカーを検討する ような客は来ないでほしい!」
というような ちょっと高飛車な感じがあります。

ですから、価格は決して安くありません。
大手ハウスメーカーの 中でも、高い方の部類になります。

実際に住友林業で建てた人達の話を聞くと、 外部の給排水・電気工事も含めた、最終引渡し価格は
坪単価80~90万円ぐらいが目安のようです。

住宅産業新聞の調べによると、
住友林業の全国平均坪単価は93.3万円となっています。

ハウスメーカーの中でも、結構高めの価格帯ですね。

 

 

★敷地調査は有料

これまでに、何人かの住友林業の営業マンに接したことがありますが、
皆、一様に紳士的で、同じ在来工法でローコストの「タマホーム」とは違い、 すごく品がいいです。

ただ、「ウチは貧乏な客を相手にしません!」というような ちょっと高飛車な感じを受けます。

「たまに、タマホームと競合させられることがあるんです。」 と言って、苦笑いをしていました。

これまでの私の経験上、 こちらから具体的なアクションを起こさない限り、 住友林業はあまりしつこい営業攻勢はしてきません。
(ちなみに、住宅展示場のセンターハウスでアンケートに答えると、 いつも真っ先に電話をしてくるのが東日本ハウスかミサワホームです。)

住友林業の営業スタイルで、他社と大きく違うのは、
他のハウスメーカーは無料で敷地調査をしてくれるのに対し、
住友林業では有料で、5万円の費用が必要です。

大手ハウスメーカーのほどんどは、敷地調査は無料です。
しかし、実際には、費用が発生している訳ですから、 敷地調査をしたのに受注できなかったお客さんの分は、
そのハウスメーカーで家を建てる人が負担していることになります。

ですから、住友林業のように有料にするという姿勢は評価できます。

住友林業と契約して以降の流れですが、
ヘーベルハウスでは、 初めは営業マン、設計段階では設計士、 詳細仕様決定の段階ではインテリアコーディネーター。
という具合に、ベルトコンベア式に分業されています。

住友林業では、建築士やインテリアコーディネーターが、 打合せに同席します。
でも常に営業マンがイニシアティブを取ります。
ですから、 住友林業で家を建てる場合、担当する営業マンによって、 家づくりの良し悪しの差が生じます。

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

住友林業は国内に4万ヘクタールの 社有林を所有している事もあり。
国内産の木を使用していることをウリにしていますが、 実際構造材に使われているのは3割ほどのようです。

冒頭でお伝えした楳図かずお氏の自宅の工事も請負うことができたぐらいですから、 他のハウスメーカーよりも自由度が高いです。

また、他のハウスメーカーに比べ、 社員総数に占める一級建築士の割合が、ダントツに多いです。

更に、住友林業緑化という外構専門のグループ会社を持っているので、
外構を含めて、家づくり全体を通したバランスの良い提案ができる という点において、他社よりも優れています。

★3種類の構法

住友林業では「マルチバランス構法」「ビッグフレーム構法」「ツーバイフォー構法」の3種類から選べるようになっています。
それぞれの構法の特徴は次のようになっています。

マルチバランス構法

木造軸組工法(在来工法)をベースにした構法です。

筋交いの代わりに、細く薄い板を斜め格子のように組合わせた、
「きずれパネル」と呼ばれる、ラティスフェンスのようなパネルを 柱の外側から釘打ちして、耐震性を確保しています。

標準で耐震等級3を実現しています。

構法に対して、特にこだわりが無い人は、マルチバランス工法で充分です。

住友林業のクロスパネル
※住友林業HPより

住友林業のマルチバランス工法

ビッグフレーム構法

木造のラーメン構造で、大きな断面形状の集成材を使って、金属で接合します。

大きな開口を作る事ができ、20畳を超える大空間を設ける事が可能で、間取りの自由度が高い構法です。

壁を設けなくても良いので、都会の間口が狭い敷地などでも、ひじょうに有利です。

ツーバイフォー構法 

元々はスミリンツーバイフォーと称して住友林業の家とは別ブランドでした。

壁を基本とした構法なので、他の2つの構法よりも自由度は高くありませんが、それほど気にする事はないでしょう。

ただ、ツーバイフォー工法ですから、構造に使用する木材は輸入材になります。

住友林業の場合、気密測定はしていませんので、どこまで気密性が確保されているか分かりません。
その点、ツーバイフォー工法は他の2つの構法よりも気密性が確保しやすいので、
気密性が気になる人はツーバイフォー構法を選ばれるのが良いかも知れません。

 

このページのトップへ ↑ 

 

★女性の視点による商品展開

住友林業では上記の構法の選択の他に、商品シリーズも選択します。

特に主力の「 mamato」、「ikiki」、「konoka」の商品シリーズは女性の視点を重視しているところが、他社とはちょっと違っていて、高評価のようです。

私の所にご相談に来られる方の中には、住友林業の例えば「konoka」のような家を建てて欲しいというご要望をおっしゃる方もいます。

それぞれの商品は次のような特徴があります。

 

mamato ママト

子育て世代に向けた商品

間取りはダイニングを中心に置いて、家事をラクにする動線と収納の在り方を提案しています。

自然素材を多用し、涼温房(これについては後に記載)とダブル発電(太陽光発電+エネファーム)を積極的に提案しています。

ikiki イキキ

二世帯住宅向けの商品

シェア型―― 夫の両親との同居・妻の両親との同居、の2通りのパターンを想定。

独立型―― 最もポピュラーな2階建て、都会用の3階建て、左右分離型、の3パターンを想定。

konoka コノカ

全ての女性に贈る・・と謳っています。「mamato」よりは上の年齢層をターゲットとしています。

北欧テイストのインテリアでリビングを中心とした間取りを提案。
リビングだけではなく家の色々なところで、チョッとした寛ぎの空間を演出したり、使いやすい収納の在り方を提示しているのが特徴です。

(ツーバイフォー構法では「コノカ」の代わりに「ノスタルジア」という商品が用意されています)

 

このページのトップへ ↑ 

 

★断熱性能は標準で「次世代省エネルギー基準」をクリア

標準仕様で「平成25年省エネルギー基準」をクリアしています。

北海道や東北以外の地域では余裕を持って基準をクリアしています。
しかし、北海道や東北においては、 基準をギリギリでクリアしているだけなので、
北海道や東北の人にとっては、 その断熱性能は物足りないかも知れません。

実際、北海道の方に聞いたところ、住友林業の家は地元の建築会社の家と比べると寒いとの事でした。

 

★自由度の高さ

だいぶ前の話しになりますが、
漫画家の楳図かずお氏が東京・吉祥寺の高級住宅街に建築した自宅が 赤白のストライプで近隣の人達とトラブルになり、
当時はかなり話題になりました。

こちらを参照

「まことちゃんハウス」は何が悪いのか? 

あの家、‥‥実は住友林業が建築しています。

楳図氏のデザインした、 あの個性的な建物の建築工事を請負えるのですから、 自由度の高さを感じます。

しかし、住友林業から出てくる提案には、 その自由度があまり活かされているようには感じられません。
保守的で無難な形でまとめてくることが多いようです。

でも、その保守的なところが住友林業の特色と言うこともできますね。

 

★自慢の社内検査。その実態は?

住友林業では工事の節目毎に、社内検査を実施して、
それに合格しなければ、先の工程に進めない事になっているようです。

その社内検査項目は360項目にも及ぶという説明を受けました。

どんな項目があるのかと言う事を尋ねると、 社外秘なので、施主であっても教えられないとのことです。

しかし、検査は施主のために行うべきものですから、 検査基準を公開し、施主に報告するのが本来の姿ではないでしょうか。

そもそも、身内で行う検査など、当てになる訳がありません。
特に決算期であれば、決算に間に合わせるように工事を終わらせ、 引渡ししてしまわなくてはなりません。

同じ会社の社員である検査員は、 その事情をよく分かっている訳ですから、
不具合を発見しても、 見なかったことにしてしまうなんて事はないのでしょうか?

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

★涼温房?

住友林業のモデルハウスに行くと「涼温房(りょうおんぼう)」 と書かれた展示パネルが目に入ります。

それは、言わば、住友林業の設計指針のようなもので、 風や太陽を利用して、冷暖房を補おうというものです。

そこで言っている事は、ごく一般的な内容で、 取り立てて、どうという事はありません。

ただ、あれ?と思ったのは、 冬に、南側の大きな窓から入ってくる太陽熱を床に蓄熱して、 夜間の暖房を補うという所です。

それ自体はいい考え方ですが、 よく考えてみたら、住友林業の窓ガラスは標準でLOW-Eガラスです。
普通のガラスより断熱性に優れ、熱を遮断します。

つまり、家の中に入ってくる太陽光線の熱も遮断してしまうので、 床に太陽熱をどれだけ蓄熱できるのか疑問が残るところです。

 

★24時間365日体制の「コールセンター」

住友林業では24時間365日体制の「コールセンター」を設置しています。

いつでも不具合やクレームを受付て、 直ぐに対応できる体制を整えています。
ただ、夜間の対応は、本部で一括して電話を受けるだけで、 翌日、該当の営業所に連絡し、実際の対応はそれ以降となるようです。

このサポート体制については、 以前、お邪魔したヘーベルハウスの営業マンが
「住友林業さんはヘーベルハウスの真似をして、後から始めたんです。」
とムキになって言っていたことを思い出だします。

 

 

 

 

★実際に私のところに届いたメール

住友林業で家を建てられた方や、契約を済ませたという方から
度々、メールや電話を頂きます。

その内の一つをご紹介します。

住友林業の評判を示すうえで、この一例のみで全体としての評判を語れるものでは無い事は十分承知しておりますが、
実際にあった事として掲載致します。

 

~・~・~・~・~・ ここから ・~・~・~・~・~

昨年秋、隣との境界線の杭が1本外れており、
将来私の世代以降何かトラブルがあってはいけないと思い、
住友林業○○支店(建築先拠点)に連絡し、
お客様センターが担当し、
最終的に下請けの測量士から連絡がくることになりました。

ところが約束の日時に連絡がなく、
こちらから連絡して理由を問うと・・・・・・

 

この続きはこちらをご覧ください
アフターフォロー 大手ハウスメーカーVS地元工務店

もし、住友林業に満足されている場合は、当然ながら私のところに相談を寄せてくる訳がありません。

したがって、私の耳に入る住友林業の評判は、あまりいい話は届きません。

ただ、建てる前の方から、
「住友林業が良いと思うのですが、どうでしょうか?」
という相談は何度かありました。

私としては、ご本人でご判断いただくしかありませんとお答えするしかないのですが・・・。

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

住友林業が住宅業界に参入したのは、かなり遅く、
積水ハウス、ダイワハウス、パナホーム、ミサワホームなどが 1960年代には、大躍進を遂げていたのに対し、
住友林業は1975年になって、ようやく住宅業界に登場してきました。

しかし、その後の住友林業の躍進は、それまでプレハブ住宅に押され 劣勢を強いられていた在来工法の活路を切り開きました。

そんな住友林業のルーツは言わずと知れた、住友財閥です。

住友財閥は、世界最大の財閥であるロスチャイルドより古い、 世界最古の財閥と言われています。

その歴史は、実に400年以上前にさかのぼります。

初めて住友の名が歴史に登場するのが、室町時代で、 当時は将軍の足利家に仕えていました。

その後、徳川家に仕え武家社会ではある程度の地位に付くのですが、
なぜか突然、武士を辞め、京都の洛中で「富士屋」という本と薬の店、 大阪で「泉屋」という銅商を営みました。

まさに、これが住友財閥の誕生でした。

住友家が財を成すキッカケとなったのが、天正19年(1591年)に 大陸から大阪の堺にやって来た「白水」という人物との出会いでした。

住友家はこの白水から、ひそかに、 「南蛮吹き」という粗銅から銀を分離する精錬法を伝授されたのです。
当時の日本には、そのような精錬技術はありませんでした。

住友家はこの「南蛮吹き」を秘伝として、代々受け継ぎ、 莫大な利益を上げていきました。
しかし、それは住友財閥にとっては、まだ序の口でした。

京都の洛中に「富士屋」を開いた
住友財閥の祖 政友
※写真は住友グループ広報委員会より拝借

住友財閥の祖

時は元禄3年(1690年)「切り上り長兵衛」という人物がいました。
長兵衛は、あちこちの鉱山を渡り歩き、 腕利きの坑夫として知られていました。

その彼が、愛媛県の新居浜で銅鉱脈らしきモノを見つけ、 その事を当時、既に、銅で名をはせていた住友家に報告しました。
(おそらく、長兵衛はこの事で、 住友家から相当額の報奨金を得たのでしょうね)

これが後に、世界最大の産量を誇る事になる別子銅山の発見でした。
この別子銅山こそが、住友財閥を築き上げることになったのです。

長兵衛から報告を受けた住友家は、すぐさま銅山の開発に乗り出し、
別子銅山は、翌年には正式に開坑します。

元禄4年(1691年)の開坑以来、昭和48年(1973年)に 閉山するまでの282年間、一貫して住友が採鉱してきました。

これだけの永い期間、一企業だけが採鉱し続けた鉱山は 世界広しと言えども、他に例がありません。

と、まあこれだけでもその歴史はたいしたものです。

さて、肝心の住友林業ですが、 実はこの別子銅山と大きな関係があるのです。

明治20年ごろ、別子銅山では煙害問題が深刻さを増し、 新浜の農民から直訴騒動が起こっていました。

明治時代の別子銅山
※この写真は週末の旅人のHPより拝借

住友財閥の別子銅山の様子
住友財閥の別子銅山の煙突

この問題に対し、住友財閥は真摯に解決に尽くし、
その事で、「企業の社会責任」の先駆者と評されています。

同時に、銅山の開発によって荒れ果てていた山々を
「青々とした姿にして、大自然にかえさねばならない」として、
植林を施すなど、環境復元にも心血を注ぎました。

それらの山林の管理会社として設立されたのが住友林業でした。

今から100年以上も前に、住友財閥は環境問題に取り組み、 その担い手として誕生したのが住友林業という訳です。

住友林業ではその時の精神が、 今なお、脈々と受け継がれていると自負しています。

他のページで、「タマホーム」の誕生秘話をご紹介しましたが、

⇒ タマホームの誕生秘話はこちら

確かに、その誕生の経緯には、天と地ほどの差がありますネ。

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

コンシェルジェの奥さんがハウスメーカーを厳しくチェック

★住友林業のモデルハウス

住友林業のモデルハウスの間取り
モデルハウスの外観

外観

住友林業のモデルハウスのリビング

リビング

住友林業のモデルハウスのダイニング

ダイニング

 

★営業マンをチェック!

年齢は30代半ばってところかな。
前、見に行ったタマホームとは違って、品が良くて紳士的。(* ^ー°)
ちょっとイケメンで、背が高くて(186センチ)、ルックスはOKね!

私の旦那は181センチですけど、ちょっと背伸びをしながら 「身長はいくつあるんですか?」なんて聞いて、変に意識してるみたい。

アホ! 向こうの方が背は高いし、若いし、イケメンだし、勝ち目なし。

ただ、ちょっとタカビーな感じ。
「高額所得者しか相手にしません」というオーラが出てる。
その反面、頼りがいがありそう。

もし、住友林業で家を建てようと思っている京都の人は、 是非とも、彼に担当をお願いしたら。

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

★木の香りが‥‥‥

モデルハウスの玄関に入った途端、

あれ?これはかすかな木の香り?

他のハウスメーカーのモデルハウスではこんな事はありませんでした。

さすがはスミリン。木に対するこだわりを感じます。

でもまさか、芳香剤を使ったりは、してないでしょうね。
辺りを見渡してみたけど、それらしきモノは無さそう。

この木の香りは、ポイント高いかも。

 

★今時、スキップフロア?

このモデルハウスは何を考えて設計したの?
階層が複雑に入り組んだスキップフロアになってます。

バブルのころは、こんなのがよくあったけど、今時これはチョッと‥。

バリアフリーなんて、まったく無視って感じ。

最近、太り気味の旦那なんか、上がったり下ったりで、 息を切らせてちゃって‥‥。
「運動不足なんじゃないの?」

はっきり言って、この家にお年寄りは絶対に住めません。
設計の自由度をアピールしたいのかも知れないけど、 もうちょっとリアルなモノにして欲しいな‥‥。

よく、「モデルハウスは夢を見せるところ」と言うけれど、 これは、まさにその典型ね。

 

★良く見たら、贅沢なインテリア。

広いリビングとダイニングには、 よくよく見たらシステムキッチンと面材を統一した、 作り付けの家具がありました。

旦那の見立てでは、それらの作り付けの家具だけで、100万円は下らないとのこと。
特注特大のシステムキッチンも入れたら、どれだけするんでしょうね。
さりげないけど費用が掛かってます。

やっぱりタマホームのようなローコスト系のモデルハウスとは レベルが違います。

 

★外を走る車の音がうるさい

すごく気になったのは外を走る車の音。

すぐ近くを幹線道路が走っているとは言うものの、 他のモデルハウスに入ったときには、こんなに聞こえてなかった‥。

確か、断熱気密が良い家は、外の音が聞こえにくいはず。

住友林業は、標準で次世代省エネルギー基準をクリアしてるって 言うけど、ホントなの?

 

★ラティスフェンスがくっついてる‥‥

住友林業の家の構造が分かるように実物大模型が置いてありました。
でも、それを見てビックリ。

家の周りに「きづれパネル」というのを張り付けるらしいのですが、
それがまるで、ホームセンターで1枚1000円ぐらいで売っている ラティスフェンスのようです。

すごく頼りなく見えるんですけど、このラティスフェンスで、 筋交いがなくても大丈夫だとか。

何か、朝顔かヘチマのツルを這わせたくなっちゃいます。

住友林業のクロスパネル

まるでラティスフェンスのような
住友林業のクロスパネル
※住友林業HPより

ちなみに、このラティスフェンスは、 釘を倍打つと、強度も倍になるらしいです。 それなら、初めから倍打ってくれたらいいのに‥‥。

 

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

在来工法のトップメーカーですが、
地元工務店とは違って、非常に高額です。

積水ハウスやヘーベルハウスなどのプレハブメーカーと 肩を並べるほどの価格です。

工法では、在来工法という強みを活かし、設計の自由度をウリにして、 他の大手ハウスメーカーとは差別化を図っています。

でも、提案は非常に保守的ですから、 個性的な提案を希望する人には向きません。
(楳図かずお氏のように、自分でデザインするのであれば別ですが)

高断熱高気密に関して、大手ハウスメーカーの中では、 割りと充実している方ですが、 北海道や東北の人には物足りないかもしれません。

24時間365日体制の「コールセンター」を設置していて いつでも不具合やクレームを受付て、 直ぐに対応できる体制を整えています。

他社の似たような体制よりは、少し先を行っているような感じはします。

ところで、住友林業のお客さんには 非常に熱烈なファンもいれば、険悪な状態の人もいて、 両極端の人が存在しているようです。
おそらく、担当者の力量に差があるためでしょう。

最後に、 住友林業は、予算の限られた人が行くべきではありません。
間違って行ってしまうと、営業マンから白い目で見られそうです。

 

 

このページのトップへ ↑ 


家の相談室へ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について