ミサワホームの特徴(評判や坪単価など)

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>> ミサワホームの特徴(評判や坪単価など)

<スポンサーリンク>

 

他のハウスメーカーの特徴へ他のハウスメーカーの特徴はこちら

 

ミサワホームの評判 目次

 

ミサワホームの価格へミサワホームの価格(坪単価)

ミサワホームの営業スタイルへミサワホームの営業スタイル

ミサワホームの特徴へミサワホームの特徴

ミサワホームの特徴へミサワホームの評判

ミサワホームの歴史へミサワホームの歴史

ミサワホームの主婦の目チェックへ主婦の目チェック

ミサワホームの総評へミサワホームの総評

 

ミサワホームのモデルハウス

ミサワホームのモデルハウス

<スポンサーリンク>

 

 

 

★坪単価の目安

対応してくれた営業マンの話では
ミサワホームの坪単価の目安は、65万~75万円との事です。

住宅産業新聞の調べによると、
ミサワホームの全国平均坪単価は73.1万円となっています。

ハウスメーカーの中にあっては、普通よりやや安価な方です。

「蔵のある家」が主力で、
注文住宅で建てる人の半分以上が、それを採用します。

「蔵のある家」というのは、
1階と2階の間に、天井高1m40cmの収納スペースを設け、
収納の充実をウリにした家です。

以前は「蔵のある家」は、ミサワホームの専売特許で、
他のハウスメーカーは、そのような家を建てられませんでした。

しかし、2006年にその特許の期限が切れた際には、
他社の数社から「蔵のある家」によく似た商品が発売されましたが、
今では他社の「蔵のある家」はほとんど聞かなくなりました。

 

「蔵のある家」の特許が切れた頃にミサワホームでは、
「スマートスタイル」という商品を発売し、 現在では主力商品になっています。

「スマートスタイル」は完全な自由設計ではなく、 イージーオーダー的な感覚の家で、
坪単価の目安は、55万~65万円です。

完全な自由設計よりも安価に建てられるという商品です。

 

更に安価な商品として、「ミサワ・ウェブ・ダイレクト」というネット販売の商品があります。

ホームページ上でプランとインテリアを選び(ある程度のカスタマイズは可能)
見積価格や資金計画をシミュレーションする事ができます。

ウェブ上でプロに相談する事もでき、ホームページ上にはバーチャル展示場も用意されています。

ウェブダイレクトの坪単価に関しては調査中ですが、かなり安いことが期待できるでしょう。

 

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

 

★ディーラー制にて販売

他のハウスメーカーとは違い、
自動車業界と同じようなディーラー制で販売しています。

代理店はミサワホーム直轄ではなく独立しているので、
代理店によって格差が生じているようです。

私の印象では、
ミサワホームの営業マンは住宅の知識が浅く、基本的な質問をしても
答えられないことが多々ありました。

しかし、打合せの際は、設計専門のスタッフが同席し、
その辺りをフォローしていました。

また、設計スタッフはプレゼン手法が巧みで、 素人にも分かりやすい提案をします。

プレゼンが上手なだけに、
それほどたいしたことのないプランであっても、良く見えてしまううかも知れません。

ただし、これは京都で私が見聞きした事なので、
打合せのプロセスは代理店によって全く違うかも知れません。

なお、ミサワホームは、自由設計とは謳っていますが、
実際にはプラン上の制約が多く、 希望したプランができない場合も多々あります。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

 

「GENIUS 蔵のある家」が、
1996年に住宅業界で初めて「グッドデザイングランプリ」を受賞するなど、
商品の開発力に優れています。

また、南極の昭和基地の建物の9割は
ミサワホームが建てた事が自慢のようで、
モデルハウスには、それを説明するパネルが展示されています。

扱っている工法は、木質プレハブの他に
重量鉄骨造も扱っていますが、 売上の9割以上が木質プレハブです。

ミサワホームの販売方法は他のハウスメーカーとは違い、
自動車業界と同じようなディーラー制になっています。

本体のミサワホームは商品開発、部材供給、宣伝広告をするだけで、
設計、施工、営業などは全て傘下のディーラー(代理店)が行います。

代理店により経営方針が違いますし、 技術力にも差があるようです。

また、同じミサワホームの商品であっても、 価格も異なっているようです。

 

★木質パネルを接着剤で接合

ミサワホームの売上の9割を占める木質プレハブは、
ツーバイフォー工法と同じように力を
床、壁、天井の面で分散させるモノコック構造になっています。

ツーバイフォー工法の場合は
工場で製作した木質パネルを丸釘で接合していきますが、
ミサワホームの場合は接着剤とスクリュー釘で接合して組み立てるので、
より強固な一体構造になります。

ただし、基礎は布基礎が標準仕様になっています。
上物が面で支える構造であれば、
基礎も面で支えるベタ基礎にすべきではと思うのですが
いかがなものでしょう。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

★制震装置「MGEO」

ミサワホームでは「MGEO(エムジオ)」という制震装置を
オプションで用意しています。

最大で地震の揺れを1/2に低減し、
価格は1棟当たり約50万円ほどです。

ミサワホームで建てる人の半数は、この「MGEO」を採用するようです。

しかし、ミサワホームの家は木質パネルのモノコック構造です。
つまり、地震で揺らされても、建物は変形しにくい構造なのです。

実は、制震装置というのは、
建物が変形することをを利用して、地震の揺れを吸収するのです。
もちろん、ミサワホームの「MGEO」も同じです。

私にはなぜ「MGEO」という制震装置が有効に働くのか、 今一つよくわからないのですが、
一応、実物大の建物で実験しているようなので、確かなのでしょう。

免震装置を設置する場合は敷地の制約をかなり受けますし、価格も高いですが、
その点、「MGEO」のような制振装置であれば、その辺りは有利です。

ミサワホームの制震装置

ミサワホームの制震装置
MGEO(エムジオ)

 

★平成25年省エネルギー基準をクリア

標準で新しい省エネ基準の平成25年基準をクリアしています。

断熱材は16K高性能グラスウールで、90ミリ厚の壁パネル一杯に入っています。
オプションで120ミリ厚のパネルに変更が可能で、更に断熱効果を高める事ができます。

パネルの内部は格子で仕切られているので、
グラスウールが自重でずれるような事がありません。

サッシは標準でアルウッドサッシ。
(屋外側がアルミで、屋内側がMウッド)

ガラスはLOW-Eペアガラスで、アルゴンガス入りが標準となっています。

オプションで樹脂ウッドサッシにトリプルガラスに変更することもできます。

標準仕様よりも断熱性能をアップして、
太陽光発電とエコジョーズのような高効率給湯器を設置する事で
「低炭素建築物」の認定基準に対応する事が可能になっています。

「低炭素建築物」の認定を受けると
税制や融資の優遇措置があります。

 

ところで、ミサワホームでは気密測定をしていません。

ミサワホームの家を気密測定した事のある人に聞くと、
あまり良い数値ではなかったとの事でした。

躯体の構造としては気密性能を出しやすい 工法なので、
できれば、気密にも配慮してもらいたいですね。

<スポンサーリンク>

 

このページのトップへ ↑ 

★室内空気環境・・・エアテリア

ミサワホームでは家の中の空気環境を整えるエアテリアというシステムが用意されています。

全館空調と全熱交換の換気システムの組合せの他に
プラズマクラスター発生機を設置して
抗アレル内装材で壁と床を仕上げる事で
温熱環境だけではなく、ハウスダストや花粉などのアレルギー対策もしています。

アレルギー体質の人は採用を検討しても良いかも知れませんね。

 

★遮音性能

ミサワホームの家の遮音性能は
外部の騒音が75dBの場合、40dBに減音されます。

75dBは交通量の多い交差点レベルの騒音。

40dBは静かな公園レベルになります。

外部からの遮音に関しては、特に優れている訳ではありません。

 

ミサワホームの場合、
居室を間仕切る壁にも吸音材(グラスウール)が入っています。

家の中でプライバシーが守りやすいようになっています。

 

上下階の遮音は標準仕様でD-40(40dBの減音)です。
オプションで、下階の天井に石膏ボード(12.5ミリ厚)を2枚張りにする事で
D-50(50dBの減音)の遮音性能にする事ができます。

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

★岩山健一氏の記事のご紹介

よく、欠陥住宅の第一人者としてテレビなどに出演されている岩山健一さんが
「住まいの大学」というサイトに投稿した記事をご紹介します。

もちろん、ミサワホームの評判を示すうえで、この記事だけで
ミサワホーム全体としての評判と言う事は出来ないと思いますが、
著名な建築士のお話なので、ご参考にしていただければ・・・。

 

~・~・~・~・~・ ここから ・~・~・~・~・~

「蔵のある家」と聞くと、皆さんは何を思い出しますか? 私はある大手ハウスメーカーのことが浮かんできます。今回は、私が関わった欠陥問題のなかから、ミサワホームが引き起こした問題についてご紹介します。この記事を読んでいただければ、ミサワホームという会社の体質がどのようなものかおわかりいただけるのではないでしょうか。

 

この続きはこちらをご覧ください
4つの欠陥問題から見えてくるミサワホームの企業体質

さすがに、岩山さんは手厳しいですね。

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

 

ミサワホームの歴史へミサワホームの歴史はこちらからご覧ください

 

 

 

コンシェルジェの奥さんがハウスメーカーを厳しくチェック

 

ミサワホームの主婦の目チェックへ主婦の目チェックはこちらからご覧ください

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

数年前、仕事で申請されている特許を調べる機会がありました。
するとミサワホームが申請した特許が結構多い事に驚きました。

実際に商品化されていない特許がほとんどでしたが
ミサワホームの開発部門の頑張りを感じます。

それにしても、ミサワホームの営業マンの知識の浅さには驚きです。
もしかして、これはディーラー制の弊害かも知れません。

代理店は販売だけに特化しているため、
技術的な面においては、弱くなってしまうのではないでしょうか。

京都で調査しただけなので、他の地域では違うかも知れません。

試しに、グラスウールや換気システムについての質問をしてみて、
技術的知識がどうか確かめてみてください。

 

他のハウスメーカーの特徴へ他のハウスメーカーの特徴はこちら

 

 ★オススメの記事

 

 

このページのトップへ ↑ 


住宅のサポートへ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について