三井ホームの評判・評価・価格(坪単価)

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>> 三井ホームの評判・評価・価格(坪単価)

 

 

三井ホームの評判 目次

三井ホームの価格へ三井ホームの価格(坪単価)

三井ホームの営業スタイルへ三井ホームの営業スタイル

三井ホームの特徴へ三井ホームの特徴

三井ホームの歴史へ三井ホームの歴史

三井ホームの主婦の目チェックへ主婦の目チェック

三井ホームの総評へ三井ホームの総評

三井ホームのモデルハウス

三井ホームのモデルハウス

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

三井ホームは大手ハウスメーカーの中でもかなり高い部類になります。

「規格住宅」「準規格住宅」「注文住宅」の
主に3段階の価格帯に分かれた商品が用意されています。

価格は違いますが、家の基本性能は一緒だとか。

★規格住宅(バーリオ)

最も安い価格帯として、規格住宅があります。
その代表格が「バーリオ」という商品です。

坪単価の目安は、55万~65万円。

間取りが90プラン用意されていて、プランの変更はほとんどできず、
用意されたプランの中から選ぶしかありません。

仕様の選択肢が少なく、外観も5つのパターンしかありません。

もし、敷地に当てはまるプランがあれば、
そこそこ手頃な価格で家が建てられます。

しかし、三井ホームの特徴の1つである、
優秀な外部ブレーンの建築士やインテリアコーディネーターを
活用するというメリットはなくなってしまいます。

その辺りのメリットがなくなると、
三井ホームでなければならないという理由が
全く無いように思います。

三井ホームのバーリオ

 

★準規格住宅(マイレーヴ)

規格住宅よりも選択範囲が広い、準規格住宅があります。
その代表格が「マイレーヴ」です。

坪単価の目安は、65万~75万円。

間取りは100プラン用意されていますが、かなり変更がききます。
仕様の選択肢も規格住宅よりは豊富で、
外観は10タイプのパターンが用意されています。

30~40代の比較的若い世帯をターゲットとした商品で、
「マイレーブ」のモデルハウスは全国各地にあるようですが、
注文住宅のモデルハウスと比べると
かなり見劣りしてしまいます。

逆に、その方が現実的で良いという評が多いと
営業マンは言っていました。

三井ホームのマイレーヴ

 

★注文住宅

敷地の条件などにより、規格住宅も準規格住宅も難しい場合は
注文住宅で建てることになります。

営業マンの話では、注文住宅は「坪65万円からとの事でしたが、
規格住宅も準規格住宅も難しいということは、
施工上の難易度が高くなるわけですから、
その分、価格も高くなることが予想されます。

ですから坪単価は、70万~80万円ぐらいを見た方がよいでしょう。

三井ホームの注文住宅

 

 

★ウェルブリースプラス(全館空調換気システム)

三井ホームはオプションで「ウェルブリースプラス」という
東芝製の全館空調換気システムを用意していて、
三井ホームで家を建てる人の7割が
このシステムを採用しているようです。

このシステムは第一種換気で、
換気だけでなく、家中の空調と湿度調整もします。

(第一種換気というのは、給気も排気もファンを使って、
強制的に換気する方式です)

このシステムにより、家中の温度が一定になります。
各部屋ごとの温度設定をすることはできませんが、
1階と2階のフロアーごとであれば、設定できます。

価格は延床面積によって違ってきますが、150万~200万円ほど。

家中が一定の温度になり、
快適に生活できるということで、採用する人が多いようです。


このシステムの欠点は、音です。

実際にモデルハウスに行ってみると、
回りの音が大きいので、それほど気にはならないのですが、
もし夜、寝静まっていると、かなり気になるのではないかと思います。

ですから、設計する際に、
寝室の近くには設置しないようにする必要があります。


ところで、このシステムを採用する場合、
メンテナンス契約をしなくてはなりません。
費用は年間1万2千円とのことなので、
それほど負担にはなりません。

メンテナンス契約をすることで、
消耗品や劣化した部品の交換を実費でしてくれます。

部品は業務用の製品と同じものを使っているので、
生産中止になって入手できないということはないとのことでした。

ただ、空調の技術は日進月歩で開発が進んでいるので、
部品を交換するだけで、その進歩についていけるとは到底思えません。

10年あるいは15年後に、
今よりも格段に進歩したエアコンを横目に見ながら、
旧態依然としたこのシステムを
使い続けなくてはならなくなってしまいます。

私は、住宅の設備は、
できるだけシンプルな方が良いと思うのですが‥‥。

 

 

★三井ホームの標準の換気システムでは不十分

三井ホームの標準仕様の換気システムは、
パイプファン(小型の換気扇)を使った、第三種換気です。

(第三種換気というのは、排気はファンを使って、
給気口にはファンは使わず、自然に給気する換気方式です)

第三種換気の場合、家の気密性がかなり良くないと
上手く換気することができません。

気密性が悪く、隙間が多いと、
排気ファンの近辺の隙間から空気が入り込んでしまい、
本来空気が入ってきて欲しい給気口からは
ほとんど空気が入ってこないことになってしまいます。

三井ホームはツーバイフォーなので、
気密性が良いとは言うものの、
特に気密施工はしておらず、気密測定もしていないので、
充分な気密性は期待できないように思います。

ちなみに第三種換気で換気するのでしたら、
最低でもC値が2.0以下の気密性が必要です。

※C値とは、(別名、隙間相当面積)
住宅の気密性能を表す数値で、床面積1平方メートルに対し、
どれだけの隙間があるかを数値で表します。
数値が小さいほど、隙間が少ない事になり、
気密性能が良いという事になります。


三井ホームで家を建てる場合、
標準の換気システムでは、充分な換気量が得られないとなると、
先にご紹介した、第一種換気の
「ウェルブリースプラス」を採用するしかないですね。

 

このページのトップへ ↑ 

★外部ブレーンの建築士やインテリアコーディネーター

三井ホームで最も特徴的なのが、
打合せに参加する建築士やインテリアコーディネータが、
外部ブレーンだということです。

他社の場合、建築士は自社の社員なのですが、
建築士の資格は持っているものの、ただのサラリーマンです。

独立して自力で渡り歩いている建築士とは、
気概が違いますし、レベルも違います。

三井ホームは、そんな外部ブレーンの建築士を
積極的に使っているということで、
提案力には期待が持てそうです。

 

★極端な値引きに注意

一般的な評では、三井ホームは紳士的で、
あまり値引きはしてこないと言われているようです。

しかし、私は昔、工務店に勤めていたころに何度か、
三井ホームと競合したことがあり、信じられないようなスゴイ値引きをする状況に遭遇したことがあります。

それもナンと、600~700万という値引きでした。

そのような極端な値引きは、要注意です。
値引きした分は、契約した後に必ず取り返され、最終的には当初の予算よりかなりオーバーしてしまったという事態が何度かありました。

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

日本でいち早くツーバイフォー工法を採用し、
ツーバイフォーのリーディングカンパニーを自負しています。

ツーバイフォー協会の会長企業で、
ツーバイフォーの設計基準が三井ホームによって作成されたといっても
間違いではありません。

設立当初から、外観やインテリアなどのデザインには力を入れていて、
お洒落な洋風の生活スタイルを
日本に浸透させてきた立役者と言っても過言ではありません。

そんな三井ホームも、一時期より、
テレビコマーシャルの量も、ツーバイフォー住宅のシェアも
かなり減ってしまいました。

経営立て直しのために、リストラを推し進めたようで、
三井ホームの設計士やビルダーが、
地元でツーバイフォー工法を手掛ける中小工務店にドンドン流出し、
結果、日本のツーバイフォー工法の底上げになったように思います。

三井ホームの工事現場

 

★屋根の断熱に優れたSDパネル

三井ホームの最大の特長は、屋根にSDパネルという、
ひじょうに断熱性を備えたパネルを採用していることです。

SDパネルは、
発泡ポリスチレンの断熱材を、構造用面材でサンドイッチしたもので、
真夏の日射で屋根が照りつけられても、
2階が暑くなるようなことはありません。

ただし、気密測定などは特にしておらず、
全棟に気密測定をしているセキスイハイムや一条工務店と比べると、
高断熱高気密に対する姿勢は、今1つという感は否めません。

 

 

★制震装置は扱っていません

免震装置は地震の揺れを大きく吸収し、
震度7の大地震が来ても、
ダイニングテーブルの上のワイングラスから
ワインがこぼれない程の効果があります。

しかし、価格が300万円以上もするため、
ほとんど採用されることがありませんでした。

そこで、免震装置に変わって出てきたのが制震装置です。
制震装置は免震装置ほどの効果はありませんが、
家の倒壊を防いだり、家具の転倒を防ぐ程度に減震してくれます。

そして価格も数十万円程度なので、
大手ハウスメーカーは各社オプションで制震装置を揃え、
ウリの1つにしています。

しかし、三井ホームは制震装置を扱っていません。
それには理由があります。

三井ホームはツーバイフォー工法だからです。

制震装置は地震によって建物が変形するのを利用して、
地震の揺れを吸収する仕組みになっています。

ところがツーバイフォー工法は構造的に変形しにくく、
制震装置を設置しても、ほとんど揺れを吸収することができません。

そんな訳で制震装置を扱っていないのですが、
ツーバイフォー工法と似たような木質パネル工法の
ミサワホームは「MGEO」という制震装置をウリにしています。

私が思うに、ミサワホームも変形しにくい構造なので
「MGEO」を設置しても、意味がないのではないでしょうか。

数十万円の出費を強いることで、
少しでも売上を高めようとしているようにしか思えません。

実際に大地震が来たとしても、
制震装置が有効に働いたかどうかは分かりませんし、
家具が転倒した場合、想定外の大きな地震だったと言えば、
逃げられますしね。

その点、三井ホームの方が正直だといえるのではないでしょうか。

 

★インテリアセンス

北米生まれのツーバイフォー工法ということもあり、
会社設立当初から、洋風のデザインを積極的に取り入れ、
高級でお洒落というイメージを確立しました。

デザインには力を入れていて、
特に25年ほど前にインテリアコーディネーターの資格が
通産大臣認定の資格として制定されたのも
主に三井ホームの働きかけによるものでした。

ですから、三井ホームのモデルハウスを見ると、
大手ハウスメーカーの中では
インテリアセンスの良さが、際立っているように思います。

ただ、贅を尽くしたモデルハウスとは違い
予算に制限のある一般住宅で、
どこまでそのデザインセンスが反映できるかは疑問です。

 

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

三井ホームは
1974年にツーバイフォー工法がオープン化(基準を守れば誰でもつくれる工法になること)
されたのと同時にスタートしました。

ツーバイフォー工法が日本でこれだけ普及したのは
三井ホームの貢献が大きかったと思われます。

そんな三井ホームは三井不動産の子会社として設立され、
言わずと知れた旧三井財閥系の会社です。

その三井財閥のルーツは古く、
今から約340年前、江戸時代の延宝元年に
今の東京の江戸本町に開店した、呉服屋の「越後屋」です。

そうです、時代劇によく出てくる
「越後屋、お主も悪よの~」の、あの悪名高き「越後屋」が
三井ホームのルーツなのです。

それにしても、「越後屋」は時代劇の中で、

遠山の金さんには、はりつけ獄門を申し渡され、
仕置き人にはお仕置きされ、
暴れん坊将軍には叩き切られ、

あれだけ悪者扱いされているのに
一切文句を言わない三井グループは
さすが、懐が深いです。


さて、ここから先は三井ホームと全く関係のない話なので、
興味のない人は読み飛ばしてください。
単なる私の趣味で書いています。

 

 

住友林業の号でお伝えした住友財閥は鉱業を元に財を築いたのに対し、
三井財閥は商業を元に財を築きました。

江戸に「越後屋」を出店したのは
越後(伊勢・松坂)の商人、三井高利という人物です。

三井高利はひじょうに商才に優れ、
次から次へと、革新的な新商法を考え出し、
「越後屋」はドンドン大きくなり、
他の呉服店から妬まれ、迫害を受けるほどになりました。

どのような商法かというと、

それまでの呉服屋は、大名、武家、大きな商家などを回って歩き、
商品や見本を持って行き、注文を取っていました。

三井財閥の祖 三井高利

支払いは盆暮れにそれまでの分をまとめて支払うというのが
慣わしでした。

そのため、人手も金利も掛かり、
商品の価格は高くなり、資金の回転も悪かったのです。

それに対し「越後屋」では
ターゲットを一般の町人に絞り、店頭売りをしました。

布の切り売りに対応し、
支払いはその場にて現金決済。
そのため、資金の回転がよく、店頭売りは人手も掛からないので、
商品を安く売ることができました。

また、次々と新しい趣向の商品で店を飾り、
来店を促すチラシも配りました。

日本で、初めてチラシによる集客を行ったのは
この「越後屋」だといわれています。

浮世絵に描かれた越後屋

更に、雨が降ると越後屋のマークが入った傘を無料で貸し出し、
店のPRをしたそうです。
(ちなみに今でも三井グループ社員の胸には
この時と同じマークの社章が付いています。)

今でしたら、当たり前のように行われる商法ですが、
それを300年も前にやっていたというのは、すごいですね。


ところで、「越後屋」が三井財閥の財を築いたのは
呉服屋の商売だけではありませんでした。

もうひとつ重要なのが両替商としての商売でした。

三井グループの社章

当時は、金貨、銀貨、銭貨(銅貨)の三種類の貨幣が使われていました。
しかし、それぞれは独立した貨幣として存在し、
それぞれが別の国のお金のようなものでした。
更に、それぞれの貨幣のレートは日々変化していました。

そこで、それぞれの貨幣を別の貨幣に換金する商売を行っていたのが
両替商でした。

「越後屋」も呉服屋の傍ら、両替商を営んでいたのですが、
三井高利は両替商としても、その商才を発揮しました。

高利が目を付けたのは、幕府の公金の送金システムでした。

それまでは、年貢などとして大阪に集められた莫大な現金を
陸路や海路を使って、江戸まで輸送しなくてはなりませんでした。

しかし、賊に襲われたり、事故に遭う危険が付きまとい、
おまけに、輸送コストもバカになりませんでした。

そこで、大阪の「越後屋」にこの莫大な公金を預ければ、
江戸の「越後屋」で引き出せるというシステムを作り上げました。

今では、銀行を通じて送金するというのは当たり前ですが、
それを、300年前にシステム構築したというのは、すごいですね。

これにより、「越後屋」は幕府の御用両替商となりました。

そして、この送金システムは、一般の商取引でも利用され、
江戸と大阪の商人の間で、多額の商取引が可能になったのです。

「越後屋」は江戸時代のファッション文化と経済を発展させた
立役者だったのです。

現在、「越後屋」の呉服商を受け継ぐのが三越、
両替商を受け継ぐのは三井銀行です。
両方とも別の会社に統合されてしまいました。


以上、三井ホームとは全く関係のないお話でした。

唯一関係があるとしたら‥‥、

三井ホームがデザインに力を入れているのも、
元々の発祥が江戸のファッションリーダーの呉服屋だったことに
起因するのかも知れませんね。

いや~、それは無いか!

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

コンシェルジェの奥さんがハウスメーカーを厳しくチェック

★モデルハウスの間取り

三井ホームのモデルハウスの間取り

 

★インテリアのセンスは抜群ね

前回お邪魔したのが、ダサダサの一条工務店だっただけに、
余計に良く見えてしまいました。

聞けば、三井ホームの全てのモデルハウスは
細かく家族設定がされていて、
建築士やインテリアコーディネーターが腕を振るっているそうです。

チョットした小物まで気が配られていて、
センスの良さを感じます。

三井ホームのリビング吹き抜け

今回お邪魔したのは京都の五条住宅展示場なんですけど、
そこそこご年配のご夫婦で、成人した未婚の子供が同居。
奥さんがフラワーコーディネーターという設定らしい。

キッチンの横にはアトリエのコーナーがあって、
家の所々に奥さんの作品を展示するスペースがありました。

ご主人の具体的な職業は設定されていないみたいだけど、
寝室のカウンターの上には、レミーマルタンをはじめ、
高級なお酒のボトルが何本か‥‥。 w(°0°)w

三井ホームのキッチンとダイニング

こんなお酒で毎晩、晩酌しているところを見ると、
一流会社の重役、はたまた開業医ってとこかな?

間違っても、ご主人、中小企業勤めのサラリーマン
奥さん、近所のスーパーでパート勤務、
てな設定はありません。

ご主人は、ジャズが趣味という設定だそうで、
棚には古いレコードやミュージシャンの写真が‥‥

あれっ?
この写真はボブ・マーリー‥‥‥!

あの~、ボブ・マーリーはレゲエミュージシャンなんですけど‥‥。

まっ、いいか!
細かいことは気にしない。
雰囲気、雰囲気!

三井ホームにあったボブの写真

 

 

★二十数坪の家に「ウェルブリースプラス」?

三井ホームは「ウェルブリースプラス」って言う
全館空調換気システムを売りにしているみたいだけど、
ちょっと‥‥‥???

営業マンによると二十数坪ぐらいの家にも付けた事があるとか‥‥。

設置スペースに畳み半畳大の面積が必要なんですけど、
二十数坪ぐらいの小さな家だと、結構バカにできない広さ。

それでも、快適性を優先したとか‥‥。

でも、このシステムって結構うるさい。  ( -д-)
二十数坪ぐらいの家だったら、夜、寝静まった時なんか、
家中に音が響き渡るんじゃないの?


それより何より、大型のファンやコンプレッサーなどから発せられる
低周波音が健康被害を及ぼすって、
以前、テレビのワイドショーなんかで問題になってました。

低周波音症候群って言うらしいんですけど、
常に低周波音にさらされていると、
頭痛やめまい、不眠症、内臓疾患などの症状が出て、
普通に生活するのも、ままならなくなるとか‥‥。

快適性を優先してって言うけど、
もし、そうなったら本末転倒じゃない?

 

★「ウェルブリースプラス」が故障したら?

そもそも一般住宅に、こんなご大層な装置が必要なの?

装置がご大層だと、その分、故障しやすくなるでしょ。

こういうのって、決まって、お盆や正月に故障するでしょ。
そうなったら、家中が暑いやら、寒いやら。
おまけに、メンテナンス会社は休みで、
何日も我慢する羽目になっちゃう。

営業マンのトークによると
各部屋にエアコンを1台ずつ付けるのと
同じ費用で設置できますと言うけれど、

エアコンだったら、一度に全部、故障しないモンね!

私はシンプルなのが一番だと思うんですけど‥‥。

 

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

実は何年か前に、三井ホームさんには悪いのですが、
一般客を装って、偵察したことがあります。

その時、営業マンがこの様なことを言ってました。

「ウチは高価格の商品も、低価格の商品も、
基本的な構造は全く一緒です。
積水ハウスさんは、価格帯によって、構造が違います。」

暗に、積水ハウスの低価格商品は手を抜いているけど、
三井ホームは低価格でも手を抜かないと言ってますよね。

もし、積水ハウスの立場から、三井ホームのことを言うとしたら、

「ウチはお客さんの色々なご要望に応えられるように、
色々な工法を取り揃えています。
三井ホームさんは1つの工法だけです。」

三井ホームの営業マンは必ず、
どの商品も基本構造は一緒ということをメリットとして言います。
当然、そのことによるデメリットは言いません。

実は、自分達のデメリットを知らないんです。

三井ホームの営業マンに限らず、
住宅の営業マンのほとんどが、
自分達の家が最高だと、洗脳されているのです。

営業マンは口が上手くて、騙されそうで嫌だ
と思っておられる方も多いかと思います。

しかし、彼らが洗脳されているということを頭に入れて、
冷静な目で見れば、全く恐れることはないのです

 

このページのトップへ ↑ 


家の相談室へ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について