日本ハウスホールディングスの特徴(評判や坪単価など)

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>> 日本ハウスホールディングスの特徴(評判や坪単価など)

<スポンサーリンク>

 

他のハウスメーカーの特徴へ他のハウスメーカーの特徴はこちら

 

日本ハウスホールディングスの評判 目次

 

日本ハウスホールディングスの価格へ日本ハウスホールディングスの価格(坪単価)

日本ハウスホールディングスの営業スタイルへ日本ハウスホールディングスの営業スタイル

日本ハウスホールディングスの特徴へ日本ハウスホールディングスの特徴

日本ハウスホールディングスの歴史へ日本ハウスホールディングスの歴史

日本ハウスホールディングスの主婦の目チェックへ主婦の目チェック

日本ハウスホールディングスの総評へ日本ハウスホールディングスの総評

 

日本ハウスホールディングスのモデルハウス

日本ハウスホールディングスのモデルハウス

<スポンサーリンク>

 

 

 

★坪単価の目安

日本ハウスホールディングスの坪単価の目安は55~65万です。

標準仕様が比較的高グレードですし、
収納の中には、システム収納まで付いています。

それで、この価格というのは、
大手ハウスメーカーの中では、かなり安価な方です。

初めから、ほぼギリギリの価格を提示しているので、
あまり、大きな値引きは期待できないようです。

営業マンいわく、
値引きできるとしたら、決算期が狙い目とのこと。

 

★住宅設備はミカドとINAX

日本ハウスホールディングスの住宅設備の標準品は
LIXILが中心です。

標準品として設定されている以外の
他のメーカーの物に変更すると割高になってしまいます。

そこそこ良いグレードの物なので、
特にこだわりが無ければ標準装備のままでいいのではないでしょうか。

もし、変更するとしたら、キッチンをINAXの商品で選べば、
コストメリットはあるようです。

 

 

 

 

★直接発注

日本ハウスホールディングスは、 「棟梁システム」をウリにしていて、

大工さんを準社員として抱えているので、
他の多くのハウスメーカーのように、
下請けに丸投げするようなことはありません。

価格が割と安目なのも、そのためでしょう。

日本ハウスホールディングスの棟梁システム

写真は日本ハウスホールディングスのHPより拝借

★その他

その他については、特筆すべきことはありません。

24時間365日、不具合を受け付けるコールセンターとか、
10年目に有料の点検を受ければ、更に保証期間を延長。

標準で、次世代省エネルギー基準をクリアなど、

他のハウスメーカーがうたっていることについては、
一通り対応しているようです。

 

<スポンサーリンク>

 

このページのトップへ ↑ 

 

★みごとな打合せ議事録

日本ハウスホールディングスの営業マンは、
皆、打ち合わせの際に
複写式のレポート用紙を必ず持参することが徹底されています。

私に応対してくれた営業マンも、
しっかり、そのレポート用紙を持っていました。

最初の打合せの段階から
その場で打ち合わせ議事録を取り、
お客さんに渡します。

後に、「言った」「言わない」というようなトラブルを回避するためです。

以前、その議事録を見たことがあるのですが、見事です。
とても、その場で取った議事録とは思えません。
丁寧な文字で、すっきりと奇麗にまとめられていました。

応対してくれた営業マンに
「日本ハウスホールディングスの営業マンは、議事録の取り方の訓練を受けているの?」
と聞いてみましたが、
特にそのような訓練はされていないとのことでした。

おそらく、OJTで、実務の中で養われていくのでしょうね。

そこで思ったのですが、
日本ハウスホールディングスの営業マンの良し悪しを見分けるのに、
この議事録を見れば一目瞭然ですね。

何しろ、議事録の上手さの度合いに比例して、
経験値が分かる訳ですから。

もし、日本ハウスホールディングスで話を進めている人は
手元にある議事録を厳しくチェックしてください。

もし、見事な議事録でしたら、
その営業マンは経験豊富です。

そうでないとしたら、ちょっと考えた方がいいかも知れませんね。

 

<スポンサーリンク>

 

このページのトップへ ↑ 

 

★申込金が高い

他のハウスメーカーと同様に、
敷地調査から、プラン作成と見積り提出までは無料です。

ただ、次の仮契約の段階では
仮契約金として、100万円が必要になります。

ハウスメーカーとしては
そのぐらいの金額を取るところは他にもあります。

しかし、一般的には
安ければ10万円程度、高くても数十万円というところですから、
それと比べると、かなり高いです。

 

★軍隊式の社風

日本ハウスホールディングスの営業マンは、
皆、応対は紳士的です。

丁寧に対応してくれますし、
強引に売り付けるようなことはしません。

日本ハウスホールディングスが営業マンに対する扱い方は
体育会系というか、軍隊式のノリのようです。

そのノリが好きでない人にとっては
肌が合わないかも知れません。

ともかく、結構厳しく訓練されるように見受けられます。

そのためか、紳士的な応対と相反して、
上司からの無理な命令により
電話やアポイント無しの訪問をしてくる事もあります。

私も、住宅展示場のセンターハウスに名前を残すと、
大概、電話を掛けてくるのは日本ハウスホールディングスです。

だいぶ前の話ですが、突然、家に訪問してきたこともありました。

 

<スポンサーリンク>

 

このページのトップへ ↑ 

 

★ヒノキの無垢柱(四面切り溝)

日本ハウスホールディングスの構造材は、すべて無垢材で、
集成材は使用しません。

柱は杉ではなく、すべてヒノキです。

特に特筆すべきは「四面切り溝」です。

通常、柱は、後で狂いが生じて変形しないよう、
1辺に、柱の中心部付近までの切り溝を入れます。

しかし、日本ハウスホールディングスの切り溝は深さ2センチ程度で、
4辺すべてに切り溝が入っています。

こうすることで、通常の切り溝の場合よりも狂いが少なく、
更に柱の強度もアップするそうです。

日本ハウスホールディングスの実験値では、
四面切り溝のヒノキの無垢柱の方が
同じ太さの集成材よりも強いとのことです。

日本ハウスホールディングスの四面切り溝の柱

写真は日本ハウスホールディングスのカタログより拝借

 

★「木軸+パネル」構造

日本ハウスホールディングスは、在来工法でありますが、
柱と柱の間に、ツーバイフォー工法のような壁パネルをはめ込みます。

このことにより、強い耐震性が得られ、
阪神大震災の1.5倍の揺れでも、充分に耐えられるそうです。

この工法を「新木造システム」と呼ぶそうで、
壁倍率5倍の大臣認定を受けています。

筋交いをダブルでクロスさせた壁倍率が5倍とされているので、
日本ハウスホールディングスの場合、すべての外壁に
筋交いがダブルで入っているのと同じです。

確かに地震には強そうです。

日本ハウスホールディングスの壁倍率

イラストは日本ハウスホールディングスのカタログより拝借

 

<スポンサーリンク>

 

★特許取得の特殊なナットを使用

日本ハウスホールディングスでは、
柱と梁を締め付けるナットに、特殊なものを使用しています。

「HT座付きナット」と呼ぶそうで、
特許取得のオリジナルのナットです。

「HT座付きナット」は座金に強力なバネが付いていて、
ナットが緩むのを防ぎます。

通常、ナットの締め付けには「スプリングワッシャ」というものが使われ、
緩みを防止しているのですが、
2~3回、大きな地震にあうと、
どうしてもナットが緩んでしまうと言われています。

しかし、日本ハウスホールディングスの「HT座付きナット」は緩むことが無く、
締め付け力を維持できるようです。

確かに実物を見ると、「強力そうだな~」と思います。

日本ハウスホールディングスのボルト

 

★棟梁システム

他のハウスメーカーと特に違うのが「棟梁システム」です。

日本ハウスホールディングスが職人を直で組織し、
ボーナス、退職金、災害補償などを制定して、
準社員的に扱っています。

「棟梁の作る家」というのがウリです。
以前はよくテレビコマーシャルもしていました。

ただ、棟梁と言うと経験豊富な 匠 をイメージしますが、
おそらく、単に職人さんを、そう呼んでいるだけで、
新米でも、腕が悪くても、
日本ハウスホールディングスでは皆「棟梁」なんでしょうね。

ですから、この「棟梁システム」が本当に良いかどうかは分かりません。

日本ハウスホールディングスの棟梁システム

写真は日本ハウスホールディングスのHPより拝借

 

<スポンサーリンク>

 

このページのトップへ ↑ 

 

★その他の特徴

日本ハウスホールディングスのモジュールはメーターモジュールで、
次世代省エネルギー基準をクリアしています。

しかし、その2点を謳っているハウスメーカーは山ほどありますし、
特筆すべきことではありません。

また、デザイン的にも、これといった特徴は感じられず、
他のハウスメーカーでもありがちなモノばかりです。

商品のシリーズは色々あるようですが、
基本的に注文建築中心なので、
シリーズは、有って無いようなものです。

 

 

★京セラの太陽光発電

日本ハウスホールディングスは、ソーラー光発電が、まだ一般的ではなかった時から、
太陽光発電を謳っていました。

京セラと共同で、ソーラー発電を開発していたからでしょう。

ところが、今ではほとんどソーラー発電の家は売っていません。

10年ほど前、
京セラは、ソーラー発電ではシェアNO.1で、
そのころには日本ハウスホールディングスも積極的にソーラー発電を薦めていました。

ところがその後、京セラが
不正に国からの補助金を受け取っていたことが発覚し、
補助金申請の代行業務を停止させられてしまいました。

それをキッカケに
シェアはシャープに抜かれ、
発電効率も三洋に抜かれてしまいました。

同時に、日本ハウスホールディングスも、他のハウスメーカーに抜かれてしまいました。

京セラにあのようなことが無ければ、
今頃、日本ハウスホールディングスはセキスイハイムのように
ソーラー発電を前面に出していたのでしょうね。

 

 

<スポンサーリンク>

 

このページのトップへ ↑ 

 

 

コンシェルジェの奥さんがハウスメーカーを厳しくチェック

 

日本ハウスHDの主婦の目チェックへ主婦の目チェックはこちらからご覧ください

 

 

住宅とは関係のない、ホテルやリゾート施設などを経営し、
銀河高原ビールまで手掛けている日本ハウスホールディングスは
住宅業界において、異色の存在です。

(右の写真は銀河高原ビールHPより拝借)

家づくりにおいても、
他社にはない特徴を随所に見せています。

特に、日本ハウスホールディングスの社員教育は
他のハウスメーカーよりも徹底されていて、
契約時の内容が、現場まで正確に伝わるように、
打合せ議事録の作成を徹底しているところは
見事と言わざるを得ません。

ただ、日本ハウスホールディングスの商品自体には、これといった特色はなく、
開発力は他社より劣っています。

 

日本ハウスホールディングスの銀河高原ビール

他のハウスメーカーの特徴へ他のハウスメーカーの特徴はこちら

 

 ★オススメの記事

 

 

このページのトップへ ↑ 


住宅のサポートへ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について