ZEH(ゼロエネルギー住宅)とは【住宅建築用語】

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>>ZEH(ゼッチ)とは【住宅建築用語】

<スポンサーリンク>

 

 

ZEH(ゼッチ)とは
Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を略した言葉になります。

読み方は「ゼッチ」。「ゼロエネルギー住宅」とも呼ばれています。

住まいの断熱性・省エネ性能を上げ、太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、
年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。
その ZEH(ゼッチ)について、分かりやすく簡単にご紹介いたします。

 

ZEH(ゼッチ)は経済産業省が推進していて
2030年までに、日本で建てられる新築住宅全体でエネルギー消費量「プラスマイナスゼロ」にする事を目指しています。

もし、大量の太陽光パネルを載せて発電すれば、エネルギー消費量をプラスマイナスゼロにする事は可能ですが、
それは国が推進しているゼロエネルギー住宅ではないので、ZEH(ゼッチ)とは呼びません。

住宅の断熱化と省エネ化をしっかり行い、エネルギー消費量をできるだけ少なくする事が前提となります。

 

グラスウールによる断熱
ウレタン吹付による断熱

 

でも、いくら住宅の断熱化と省エネ化を図っても、消費エネルギーがゼロになる訳ではないので、
どうしても必要となるエネルギー消費量と同じ量、あるいは上回る量のエネルギーを自ら創る事ができる住宅を、ZEH(ゼッチ)と呼びます。

ですから、ZEH(ゼッチ)には、太陽光発電システムやエネファームなどのような、
エネルギーを創る設備が必ず設置されていなければなりません。


 

<スポンサーリンク>

 

このページのトップへ ↑ 

 

ZEHにするための必要条件

ZEH(ゼッチ)の必要条件は次の3点です。

<断熱>

壁の断熱や、断熱性能の高い窓を採用し、エネルギー消費量を次の基準値以下に抑えた住宅にしなければいけません。

ZEHの断熱基準

表中の「UA値」についてはこちらをご覧ください。

熱貫流率へ外皮平均熱貫流率(UA値)とは


<省エネ>

エアコンや給湯器のようなエネルギーをたくさん消費する住宅設備は、省エネ性能が高いものを採用しなければなりません。

ZEH用の省エネ設備


<創エネ>

太陽光発電システムやエネファームのような、エネルギーを生み出せる設備を設置し、
エネルギー消費量と同じか、それを超えるエネルギーを創るようにします。

ZEH用の創エネ(太陽光発電)

 

 

「断熱」「省エネ」「創エネ」の3点セットが揃えばZEH(ゼッチ)が実現します。

 

 

<スポンサーリンク>

 

ZEHのメリットとデメリット

何物にもメリットもあればデメリットもあります。

ZEH(ゼッチ)のメリットとデメリットは何か?

 

 ZEHのメリットとは

 

ランニングコスト

何といっても、エネルギーの収支がゼロになるのは最大の魅力です。

太陽光発電の容量が大きければ、むしろ収支がプラスになり、売電により収益が得られる事もあります。

 

快適な温熱環境

高いレベルでの高断熱高気密の施工が求められるので、家中(廊下やトイレ、浴室まで)冬は暖かく、夏涼しい環境が手に入ります。

ハウスダストも減り、アレルギー症状の軽減が期待できますし、冬場のヒートショックの危険も軽減されます。

 

 ZEHのデメリットとは

 

イニシャルコスト

高断熱高気密施工に太陽光発電やエネファーム。そして省エネタイプの設備機器。
補助金が出るとは言え、高額な出費が伴うのは必至です。

イニシャルコストはZEHの最大のデメリットです。

 

ノウハウの有無

創エネのための太陽光発電やエネファーム、省エネの設備機器などは、特に問題ないところですが、
高断熱高気密の施工はノウハウが必要になってきます。

ハウスメーカーも工務店も、その辺りのノウハウを蓄積できているところは少数派です。

下手をすると、メリットである快適な温熱環境を享受する事ができないどころか、エネルギー収支ゼロを実現できなくなる事もあり得ます。

 

メンテナンス費用

システムが複雑になればなるほど、故障する可能性が高くなり、メンテナンス費用が嵩む事に繋がります。
ZEHはハッキリ言って、重装備で複雑な住宅になります。

例えば、太陽光発電やエネファームは20年を超えてくると、故障の可能性が出てきますし、元々高価なものなので、そのメンテナンス費用もバカにならないでしょう。省エネタイプの設備機器もしかりです。

その辺りのメンテナンス費用を考えると、ランニングコストが安くなっても、それほどのメリットが得られない事もあり得ます。

 

ZEHの採用に関しては、ハウスメーカーや工務店などから薦められたとしても、鵜呑みにはせず、メリットとデメリットをよく検討してから決めるようにしてください。

 

 

 ★オススメの記事

 

 

このページのトップへ ↑ 


住宅のサポートへ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について