垂木(たるき)とは【住宅建築用語】

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>>垂木(たるき)【住宅建築用語】

<スポンサードリンク>

 

 

垂木(たるき)とは
小屋組の一部で、屋根の野地板のすぐ下に
屋根の一番高い箇所である棟木(むなぎ)から
桁(けた)にかけて、
斜めに取り付けられる部材のことです。

 

在来工法の屋根組

在来工法

 

ツーバイフォー工法の屋根組

ツーバイフォー工法

 

 

<スポンサードリンク>

 

垂木の間隔の標準は45㎝です。

垂木の断面寸法は、
その屋根の葺く材料の重さや軒の出の寸法によって
決められますが、標準的な寸法は

在来工法の場合、幅4.5センチ×高さ6センチ

ツーバイフォー工法の場合 、2×6材。

材料としては、松や杉が多用されます。

垂木は
在来工法の場合は「ヒネリ金物」
ツーバイフォー工法の場合は「ハリケーン帯」
と呼ばれる金物で桁に対し止められ、
強風により屋根があおられないようにします。

 

 

 

このページのトップへ ↑ 


住宅のサポートへ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について