屋根形状の種類と特徴(メリット・デメリット)

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>> 屋根形状の種類と特徴

<スポンサードリンク>

 

 

屋根形状の種類と特徴について、実例写真をご紹介しながら解説します。

 

屋根形状のメニュー

 屋根形状の種類 一般的な屋根形状

切妻屋根・寄棟屋根・片流れ屋根・陸屋根

 屋根形状の種類 和風の屋根形状

入母屋屋根・越屋根

 屋根形状の種類 洋風の屋根形状

ギャンブレル屋根・マンサード屋根

 屋根形状の種類 モダンな屋根形状

かまぼこ屋根・バタフライ屋根

<スポンサードリンク>

 

 

屋根の形状には色々な種類があります。

屋根の形状によって住宅の外観イメージは大きく変わります。

例えば、住宅で採用される屋根形状を挙げてみると
次の一覧のように沢山あり、それぞれの屋根に名称も付けられています。

 

屋根の形状の一覧

 

ここに挙げた以外にも、まだまだ違う形状の屋根があるとは思いますが、
とりあえず、ここに挙げた屋根の形状の違いだけでも
外観イメージに与える影響がお分かりいただけるかと思います。

これらそれぞれの屋根形状について、
外観イメージだけではなく、特徴も異なり
それぞれにメリットとデメリットがあります。

それぞれの屋根形状の実例写真をご紹介しながら
特徴を解説いたします。

 

 

<スポンサードリンク>

 

 

一般的な屋根形状

 

住宅の屋根形状としてよく採用されるのが次の4種類です。

 

切妻(きりづま)

切妻屋根 

日本だけではなく、世界中で最もポピュラーな屋根です。
ですから、和風でも洋風でもどちらの外観でも採用できます。

 

切妻屋根について、メリットやデメリットなど
詳細はこちらをご覧ください切妻へ

 

寄棟(よせむね)

寄棟屋根 

切妻に次いで、多く採用されるのがこの屋根です。
世界中で一般的に見られる屋根なので、和風でも洋風でも大丈夫です。

 

寄棟屋根について、メリットやデメリットなど
詳細はこちらをご覧ください寄棟へ

 

片流れ(かたながれ)

片流れ屋根 

最もシンプルな屋根形状で、モダンなイメージになります。
また、南側に向けて傾斜することで
太陽光発電パネルを最大限に設置することができます。

 

片流れ屋根について、メリットやデメリットなど
詳細はこちらをご覧ください片流れへ

 

陸屋根(りくやね or ろくやね)

陸屋根 

鉄筋コンクリート造や重量鉄骨造でよく採用されます。
キューブ状の外観になり、モダンな雰囲気になります。
屋上利用が最大のメリットです。

 

陸屋根について、メリットやデメリットなど
詳細はこちらをご覧ください陸屋根へ

 

 

<スポンサードリンク>

 

このページのトップへ ↑ 

 

和風の屋根形状

 

古くから日本の住宅で使われてきた屋根形状として、代表的なのが次の2種類です。

 

入母屋(いりもや)

入母屋屋根 
入母屋屋根の実例 

上部は切妻で下部が寄棟の形状で、
古くは弥生時代から日本建築ではよく見られる屋根です。

メリット
非常に重厚感のある外観デザインになります。
切妻屋根と同様に小屋裏の通気が取りやすいです。

デメリット
切妻や寄棟よりも複雑な構造になるので、
雨漏りの可能性は高くなります。

 

越屋根(こしやね)

越屋根 
 
越屋根の実例 
越屋根の実例 

屋根の上に小さな屋根を載せたような形状になっていて、
古民家などでよく見かける屋根です。

メリット
この小さな屋根が採光や換気の役目を果たします。

デメリット
入母屋以上に構造が複雑になるので
コストがかかりますし、雨漏りの可能性も高くなります。

 

 

 

<スポンサードリンク>

洋風の屋根形状

 

ヨーロッパや北米の伝統的な屋根形状として、代表的なのが次の2種類です。

 

ギャンブレル屋根

ギャンブレル屋根 
 
ギャンブレル屋根の実例01 
ギャンブレル屋根の実例02 

 

切妻屋根の勾配が途中から急勾配になっていて
将棋の駒のような形になっています。

もともとは牛舎の2階に干し草を収納する目的のために
真ん中に柱を使わずに屋根組を支えるように設計されています。

日本でも北海道や東北で見受けられます。

 

マンサード屋根

マンサード屋根 
マンサード屋根の実例 

 

ギャンブレル屋根は切妻の2段階勾配ですが
寄棟の2段階勾配になっています。

17世紀にフランスの建築家フランソワ・マンサールにより考案されたと言われています。

ギャンブレル屋根と同様に柱が無くても屋根組みを支え、
小屋裏空間を利用しやすくするように設計されています。

ドーマー窓を設けて、小屋裏部屋として利用する事が多いです。

 

 

スポンサードリンク

 

このページのトップへ ↑ 

 

モダンな屋根形状

 

建築家が好んで設計しそうな屋根形状です。

 

かまぼこ屋根

かまぼこ屋根 
かまぼこ屋根の実例 

 

かまぼこの様なR(アール)形状の屋根です。

体育館などの公共建築ではよくありましたが、
建築家が設計するような住宅では採用される事がありそうですね。

屋根形状に合わせて、R(アール)の天井にすると楽しい空間になります。

 

バタフライ屋根

バタフライ屋根 
 
バタフライ屋根の実例01 
バタフライ屋根の実例02 

 

蝶が羽を広げたような形状の屋根です。

モダンの極みのような個性的な住宅になります。

ただ、屋根に大きな谷を設けるというのは
雨漏りには非常に不利なので、施工に十分な留意が必要です。

 

 

 

 

 ★オススメの記事

 

 

このページのトップへ ↑ 


住宅のサポートへ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について