土台とは【住宅建築用語】

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>>土台とは【住宅建築用語】

 

 

 

土台とは、 基礎の上に水平に固定される角材のこと。

地面に最も近いところにある木材のため、
細菌やシロアリにやられないように、
ヒノキ、ヒバ、栗、あるいは、
防腐・防蟻(ぼうぎ)処理された木材を施すことが一般的です。

 

1階の床組み

 

土台は、基礎と、建物の骨組みをつなぐ役割があり、
アンカーボルトによって固定されます。

アンカーボルトは
柱の取り付け位置や、
土台の継手から15cmぐらい離れた所と
在来工法の場合、途中4m間隔以内の所
ツーバイフォー工法の場合、途中2m間隔以内の所に
設置しなければなりません。

また、土台の上端には、
土台水切り鉄板などの雨じまい対策を施す必要があります。
また、土台と基礎の間には
防湿シートや基礎パッキンなどを敷いて、
直接、基礎に触れないようにします。

これは、基礎からの湿気が
土台に上がってこないように遮断するためです。

「土台」という言葉は、建築用語から派生して、
一般的に使われる言葉として定着しています。

「土台から崩れる」といえば、
まさに建物が元から崩壊する様を例えている訳で、
住宅建築上、土台は特に重要な部分です。

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

実際に土台の工事をしている状況を動画でご覧ください
(動画長さ 2分00秒)

 

 

 

 

 

このページのトップへ ↑ 


家の相談室へ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について