通し柱とは【住宅建築用語】

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>>通し柱とは【住宅建築用語】

 

 

 

通し柱とは
木造軸組工法(在来工法)などで使用される
最も重要な構造用の柱で、
2階建て以上の建築物において、
土台から軒まで通った
継ぎ目のない柱のことです。

通常の柱よりも2倍から3倍の長さがあります。

通し柱はおもに外周に立てられ、
通し柱同士は胴差し(どうざし)
側面に突き刺さるような形で固定されます。

通し柱は1階と2階を構造的に一体化し、
建物の耐震性や耐久性を
高める役割を果たします。

 

胴差し 

 

建築基準法では、
木造軸組工法(在来工法)の隅柱や隅柱に準ずる柱は、
通し柱とすることになっています。

通し柱は胴差しを差し込むため、断面欠損が大きくなることから、太い材を使います。
住宅では、管柱よりも太い、4寸柱(12cm×12cm)が用いられることが一般的。

また、平面図では、
通し柱の位置を丸で囲んで他の管柱と区別しています。

 

 

 

このページのトップへ ↑ 


家の相談室へ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について