棟木(むなぎ)とは【住宅建築用語】

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>>棟木(むなぎ)とは【住宅建築用語】

<スポンサードリンク>

 

 

棟木とは
母屋や桁と平行に取りつけられる、
屋根の一番高い位置にある部材です。

「ムナギ」あるいは「ムネキ」と呼びます。

棟木を取りつけることを上棟(ジョウトウ)
あるいは棟上げ(ムネアゲ)と呼び、

棟木を組む(上げる)ということは、
建物の骨組みを組み終わるということで、
その日に上棟式を行って、
棟梁が四方を清め、工事の無事完了を祈ります。

構造的には、棟木は母屋と共に
屋根の荷重を、小屋からへ伝える役目を果たしています。

 

屋根組

 

 

このページのトップへ ↑ 


住宅のサポートへ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について