ローコスト住宅の実態(ハウスメーカー欠陥住宅シリーズ)


<スポンサーリンク>




 

ローコスト住宅のS社で家を建てた方からご相談がありました。

S社はテレビCMでよく見かけるハウスメーカーです。

どんな状態なのか?
ローコスト住宅を検討されている方は必見です。
ぜひこの動画をご覧ください。

動画のチャンネル登録をお願いします。
→ concierge takada のチャンネル

お施主様からは
色々と酷いお話をお聞きしました・・・


 

<スポンサーリンク>




 

まず初めは、やはりローコスト住宅で有名な
T社で家を建てるつもりでした。

打合せを重ね、間取りも決まったのですが
なぜか、なかなか着工するという話にならないのです。

その内、T社の営業担当者は
希望した期限内に家を完成させるのが無理だと言い出したのです。

そして、S社であれば期限内に建てられるから、
S社の営業担当者を紹介するという話になりました。

動画では細かい経緯はカットしましたが、
実はT社の営業担当者は
お施主さん(ご主人)の学生時代の同級生でした。

以前、阪神大震災で被災され、自宅を建替える際、
同級生の彼は大成建設のグループ会社で働いていていたので相談したところ、
ひじょうに親身に対応してくれて、
満足の家づくりができたそうです。

そんな事もあったので、彼を完全に信用していて、
今回の家づくりも、T社に転職していた彼に声を掛けたのでした。

ちなみに同級生の彼は
この一件のすぐ後、S社へと転職するのでした。

つまり、自分が抱えていた客と一緒に
S社へ移る事で、
S社から好待遇で迎え入れられた訳です。

 

<スポンサーリンク>




 

T社にしても、
S社にしても、
ローコスト系のハウスメーカーには
同級生まで裏切って、自分の利益しか考えないような
営業担当者ばかりなのでしょうね。

特にS社は
かつて欠陥住宅として社会問題にもなりました。

動画の中で、お施主さんもおっしゃっています。

「ローコスト住宅は、やめた方がいい」

もし今、ローコスト住宅で家の建築を計画している人がいるなら、
ここで一度立ち止まって、よく考えてみた方が良いかも知れません。

 

“ローコスト住宅の実態(ハウスメーカー欠陥住宅シリーズ)” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です