グラスウールとは【住宅建築用語】

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>>グラスウールとは【住宅建築用語】

 

 

他の断熱材へ他の断熱材はこちら

グラスウールとは、
短いガラス繊維でできた、綿状の断熱材です。

断熱材としては最も安価という事もあり、
建築物における断熱材として最も広く用いられています。

また、優れた吸音効果があるため、
スピーカー等や防音室の素材として用いられてます。
防火性にも優れており、
アスベストの代替材としても広く使われるようになりました。

Placeholder image

 

密度は10kg/m³・16kg/m³・24kg/m³・32kg/m³などがあり、
密度が高いほど、断熱性能が良くなります。

また、最近では一般的なグラスウールより、
繊維の細い高性能グラスウールも広く出回るようになり、
更に断熱性能は向上しました。

それぞれの密度ごとの断熱性能は次の表の通りです。
(熱伝導率は数値が小さいほど断熱性能が良い)

 

密度
熱伝導率
一般の
クラスウール
10kg/m³
0.050W/m・k
16kg/m³
0.045W/m・k
24kg/m³
0.038W/m・k
32kg/m³
0.036W/m・k
高性能
グラスウール
16kg/m³
0.038W/m・k
24kg/m³
0.036W/m・k
32kg/m³
0.035W/m・k
40kg/m³
0.034W/m・k
48kg/m³
0.033W/m・k

上記で最もよく使われているのが、
高性能グラスウールの密度 16kg/㎥、熱伝導率 0.038W/m・k です。

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

グラスウールの最大の欠点は、水に弱いことです。

いったん水に濡れると断熱性能・吸音性能が著しく低下してしまいます。
そのため、施工の状況や保管には厳重な注意が必要です。

 

もう一つの大きな欠点は
グラスウールが綿状で柔らかいモノなので、
隙間なくしっかり壁の中に施工するためには、かなり丁寧に施工しなくてはなりません。

ところが、セオリー通りしっかり施工できていない現場を非常によく目にします。

 

またグラスウールの繊維は脆く砕けけやすく、
施工中に砕けたガラス繊維は微細で鋭利な繊維となり、空気中を浮遊し、
吸ったり接触すると口の中に砂が入ったようになったり、
目が痛くなる、手が痒くなる、という症状が出ます。

そのため、施工時にはゴーグルとマスクを着用し、
長袖と手袋で作業をすべきですが、
夏場の作業だと、なかなか難しいです。

断熱材の繊維は非結晶性であるために
肺がんなどの原因になることは証明されておらず、
アスベストと比較すると危険性は相対的に低いとされています。

しかし煤塵を吸引することは呼吸器の傷害につながる可能性は否めません。
健康上好ましくないため、吸入はできるだけ避けた方がよいでしょう。

ただ、施工後、内装下地のボードで塞いでしまえば、
ガラス繊維が室内に飛散する心配はありません。

他の断熱材へ他の断熱材はこちら

 

 

このページのトップへ ↑ 


家の相談室へ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について