消費税10%へ増税!住宅はいつから?


<スポンサーリンク>




 

 

来年(2019年)の10月1日から消費税が10%に増税されます。

注文住宅の場合は9月31日までに引渡しが済んでいれば
消費税は8%が適用され、
10月1日以降の引渡しだと10%が適用されるというのが基本です。

という事は、注文住宅を建てるのであれば
いつから動き出せば良いのでしょうか?

注文住宅のスケジュールは次の図のようになります。

2019年の2月ごろには
工務店なりハウスメーカーが決まっていないと間に合わなくなってきます。


<スポンサーリンク>




 

 

前回、消費税が5%から8%に増税された時には
増税の4ヶ月前になってから
私の所に注文住宅のご相談に来られた方がいらっしゃいました。

その方は増税前までに契約すればOKだと勘違いされていました。

注文住宅の場合は「増税前までに引渡し」が基本なのでご注意ください。

ただ、経過措置というのが設けられています。

それは何かというと
9月31日の半年前(3月31日)までに契約をしていれば
引渡しが10月以降になっても8%の消費税が適用されるというものです。

その方が、じっくりと打合せの時間を取って
家づくりができるので良いですね。

 

増税前に家を建てるのが良いのか?

 

<スポンサーリンク>




 

 

もし、2500万円の家であれば、
消費税が8%だと200万円。
10%であれば250万円。

増税前の方が50万円お得になる訳ですが、
実は単純にそうとは言いきれません。

「すまい給付金」というのがあり、
年収755万円以下(目安です)の人が住宅ローンを組む場合、
家を取得するタイミングが消費税増税後であれば
最大、50万円の給付が受けられます。

年齢が50歳以上であれば住宅ローンを借りなくても給付を受けられる場合があります。

また、住宅資金を親や祖父母から援助してもらう場合、
現在は1200万円までが贈与税の非課税枠になっていますが
増税後は3000万円まで引き上げられます。

人にもよりますが、
増税で増える負担と緩和による恩恵を差し引きすると
ほとんど変わらなかったりして、
それなら駆け込み需要で住宅建築が集中する時期を避け
じっくり家づくりをした方が良いという事も多々あります。

その辺りはファイナンシャルプランナーなど
専門家に相談してみて、
自分たちはいつ家を建てるのがベストなのか
しっかり検討するのも良いでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です