【回想録】大失態!大工さんからは手待ち代の請求が‥‥





 

 

なぜか、当時勤めていた会社が
住宅事業を立ち上げる事になり、
私を含め、一緒に立ち上げる事になった他のメンバーは
次々に戦線離脱。

ド素人の私一人で、家を建てる事になったのです。

当然、失敗の連続です。

最初の大失態は基礎工事が終わって、
建て方(柱や梁を組み立てること)を始める時の事でした。


<スポンサーリンク>




 

 

私は誰よりも早く現場に入りました。

やがて、大工さんたちが現場に到着。
いきなり、思いもよらぬ第一声が‥‥。

「おいっ、足場は?」

「えっ、足場を掛けとかなければいけないの?」

大工さんは、一端、空を見上げたかと思うと、
呆れ顔で、私を見ていました。

普通は基礎工事が終わったら、
直ぐに足場を組んで、それから建て方です。

足場が無いと、建て方ができないのです。

でも、ド素人の私のイメージは
建て方の時に足場あると
レッカーで材料を吊り上げ、柱や梁を組むのに、
邪魔になりそうじゃないですか。

てっきり、足場は建て方が終った後だと思い込んでいました。

 

<スポンサーリンク>




 

 

そんな言い訳が通用する訳もなく、
その時、大工さんを5~6人、呼んでいたのですが、
皆、怒って帰ってしまいました。

大工さんだけではありません。

レッカー車にも帰ってもらわなければならず、
プレカットした材料も、
プレカット工場へ引き上げてもわなければなりませんでした。

皆、怒って帰ってしまった‥‥。

それだけで終われば、まだ良いのですが、
それだけでは済みません。

後から、「手待ち代」として費用を請求されたのです。

職人さんというのは会社員とは違います。
日雇い労働者のようなもので、
毎日仕事ができるように、色々な現場の仕事を取ってきて、
なんとか食いつないでいます。

私に建て方の仕事を頼まれていなければ、
他の現場の仕事をしていたのに、
私のミスで、仕事に穴が開いてしまったら
本来、その日に得られるはずだった収入がふいになってしまう。

それを補填しろというのが「手待ち代」です。

 

<スポンサーリンク>




 

 

これが、気心が知れた職人さんであれば
手待ち代を請求されることもないのですが、
皆、初対面の人たちばかり‥‥。

それと、私のようなド素人がやっている現場の仕事など、
二度とやりたくない‥‥という意思表示でもあります。

結局、その日は何の作業もできていないのに、
十数万円の費用を支払う事になってしまいました。

そんな調子ですから、何かにつけ、いらない費用が発生し
ほとんど利益は出ませんでした。

社長からは
「何をやっているんだ!」
「給料を払ってやっているのに、お前は給料泥棒だ」
などと罵られるありさま。

素人の私に、無理やり家を建てさせておいて、
そんな言い方はないでしょ。

正直、こんな会社にはいたくないと思いました。

しかし、その時、
既にバブルは完全に崩壊し、
転職しようにも、どこにも仕事が無い状態。

妻子を抱える身としては、
ここで頑張るしかありませんでした。

ここから先、さらに大失敗を重ねました。

50センチほどずれた状態で基礎を作ってしまったり、
床暖房を設置しなければいけない事をすっかり忘れ、
家が完成してから気が付いたり‥‥‥などなど、
悪戦苦闘を繰り返す事になるのですが、
この続きは、また後日。

 

<スポンサーリンク>




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です