【回想録】素人が住宅の仕事をすることに‥‥


<スポンサーリンク>




 

 

私は京都に安住の地を得て、
これまでに身に付けた、製品開発のスキルを活かして、
仕事も順調でした。

私の人生の物語は、
これで、めでたし、めでたしで終わるはずだったのですが‥‥。

当時勤めていた会社は、京都の小さな製造メーカーでした。

ところが、私がその会社に転職してから3年ほどして、
社長が突然、「住宅事業を立ち上げる」と言い出したのです。

そして、なぜか私がその事業を立ち上げる事に‥‥。

でも、私はもちろんですが
会社自体、住宅建築のノウハウは皆無。

本業とは全く畑違いの事業です。

普通なら、どこかの工務店やハウスメーカーから
住宅建築のプロフェッショナルを連れてきますよね。

ところが、社内の人員だけで
事業を立ち上げると言うのです。

私は設計を担当‥‥
理由は工業製品の設計ができるから。

‥‥そんな馬鹿な。


<スポンサーリンク>




 

 

私以外にも、営業担当と現場担当が招集されました。

営業担当者は社内の営業部から‥‥
でも、一般消費者相手の営業はした事がありませんし、
もちろん、住宅建築の知識もありません。

現場担当者は、過去に工務店に勤めた経験があるらしいのですが、
それも1~2年程度で、なんのスキルも持っていません。

そんな状態で、住宅事業を立ち上げるなんて
あまりにも見通しが甘すぎます。

工業デザイナーとして順調に歩んでいた私でしたが
またしても、人生に暗雲が立ち込めてきました。

 

<スポンサーリンク>




 

 

まず、最初の1棟目は社長の親戚の家でした。

難易度も低く、初めての物件としては
まずまずなのですが、こっちはズブのド素人。

それまで私は、大工さんをはじめとする職人さんたちは
工務店の社員だと思っていました。

ところが、職人さんたちは皆、自営業者だと知ってビックリ。

そんな職人さんたちを、どう手配したらいいの?
そもそも、大工さん以外にどんな職人さんが必要なのかも分からない。

必要な建材は職人さんが手配するの?
それともこっちで手配するの?

建材をこっちで手配するとしたら、どこから仕入れたらいいの?

寸法は尺貫法が使われているし、
専門用語だらけで、さっぱり訳が分からない。

その時、私は34歳。
その年になって、
全く未知の世界に足を踏み入れなければならないとは‥‥。

この先の、悪戦苦闘の様子は、また後日。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です