モジュールとは【住宅建築用語】

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>>モジュールとは【住宅建築用語】

<スポンサードリンク>

 

 

モジュールとは、
建築において設計する上で基準となる基本寸法のことです。

モジュールには主に、次の3種類があります。

「インチモジュール」 1,218mm 
「メーターモジュール」 1,000mm 
「尺モジュール」 910mm

この中で、日本の住宅建築にて最も多く使用されるモジュールが
尺モジュールです。

 

<スポンサードリンク>

 

910mmというのは3尺の寸法です。

910mmを基本寸法にして、
例えば柱の芯と芯の間隔を
2分の1の455mm、3分の1の303mm
2倍の1820mm、3倍の2730mmという具合に寸法を決めていきます。

910mmの尺モジュールは関東間サイズの寸法で、
関西では京間サイズの980mmの尺モジュールが使われていました。
しかし、現在では関西でも
ほとんど910mmの尺モジュールが使われています。

日本で流通している建材のほとんどが
910mmの尺モジュールを基にしたサイズで作られているので、
他のモジュールで設計してしまうと、
材料が割高になったり、材料の無駄が多くなったり、
色々と不都合の生じる場合が多いです。

しかし、最近では
メーターモジュールに合わせた建材も
徐々に多く出回るようになりました。

 

 

メーターモジュールは1m(1000mm)が基本単位なので、
廊下の幅が、尺モジュールに比べ90mm広くなるなどのメリットがあります。

 

尺モジュールとメーターモジュール

 

大手ハウスメーカーの多くが
メーターモジュールを採用しています。

インチモジュールは
北米で使用されるモジュールです。

ですから、北米の輸入住宅では、
メーターモジュールよりもさらに広い、
1218mmが基本単位で、
より、ゆったりとしているので、体の大きい人にとっては魅力的かもしれません。

 

 

 

このページのトップへ ↑ 


住宅のサポートへ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について