使いやすい間取りは家具の配置を考えて‥

京都と滋賀で家づくりを応援する情報サイトのタイトル
家づくりを応援するサイトのトップへ

>> 使いやすい間取りは家具の配置を考えて‥

 

 

注文住宅を建てるなら、
なんと言っても自由な間取りにできる事が最大の醍醐味です。

ハウスメーカーや工務店が、あなたのご要望をお聞きして、
オリジナルの間取りを作成してくれます。

ただ、ハウスメーカーや工務店は必ずしも、
間取りの作成に長けている訳ではありません。

ただ単に必要な部屋をはめ込むだけで、
使いやすい間取りかどうかは、あまり考えられていない場合がほとんどです。

ハウスメーカーや工務店から提示された間取り図を鵜呑みにして受け入れるのではなく、
自分自身で判断する力を身につけましょう。

使いやすい間取りかどうかを判断するのには
その間取りで実際に生活するところをイメージしなくてはなりません。

そのためには、間取り上に家具を配置してみるのが有効です。

テレビをどこに置いて、ソファーをどこに置くのか?
ダイニングテーブルはどうするのか?
ベッドや机の位置は?

間取り図の上に家具を書き込む事で、色々な事が分かってきます。

ここでは、簡単な例を元に、使いやすい間取りの作り方をご紹介します。

 

もし、間取りを作成するなら、こちらがお薦め!

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

まず、下記の間取り図をご覧ください。

間取りの実例 基本パターン

ひじょうにオーソドックスで、よくありがちな間取り図です。

この間取りは次のような要望から作成されました。

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

おそらく、一般の方がこの間取り図を見て、
要望は盛り込まれていますし、特に悪いと感じることはないでしょう

私のクライアントの方々から、
よく他社のハウスメーカーや工務店に作ってもらった間取りを見せてもらうのですが、
そのほとんどが、こんなレベルの間取り図です。

単にゾーニングをしただけで、 実際に生活する状況が、全く加味されていません

しかし、ほとんどの人は
要望は概ね満たされているし、プロが作ってくれた間取りですから、見積りを出してもらって、
この間取り図のまま契約をして、この間取り図のまま着工となります。

そして、完成した新居に引越す時になって、初めて、その使い勝手の悪さに気が付くのですが、
そうなってしまっては後の祭りです。

どうしたら使いやすい間取りを作る事ができるのか?
そのためには、間取り図から実際に生活しているところをイメージして細部を詰めていく作業が必要なのです。

では、各部屋ごと、具体的に見ていきましょう。

 

リビングの間取りへ 使いやすいリビングの間取り

主寝室の間取りへ 使いやすい主寝室ウォークインクローゼットの間取り

子供室の間取りへ 使いやすい子供室クローゼットの間取り

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

 

リビングと和室の間取り図の原案

 

こちらがDKの間取りです。このDKをキッチンの方から見た内観は下の絵のようになります。

ひじょうにオーソドックスで、特に問題ないように思えます。

でも、 テレビとソファーを置くとしたら、どこに置きますか?

ダイニングテーブルはキッチン寄りに置きますので、この空間の南側がリビングのエリアとなります。

いかがでしょうか?
南側のエリアにテレビを配置するとしたら、なかなかしっくりくる配置の方法が見つからないのではないでしょうか?

例えば、東側の壁にテレビを配置したいところですが、そうするとテレビが窓に掛からないように配置するのは困難です。

 

リビングの間取り(内観図)

 

結局、東側の窓を変更しなくては、上手くテレビを配置することができないのです。

 そこで、東側の壁にテレビを配置して、窓を変更したのが次の間取り図です。

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

- 変更案1 -

リビングと和室の間取り図の変更案1

 

東側は縦長の窓にして、テレビが置けるようにしました。

そして、南側の掃き出し窓を西寄りに移動して、その窓から外へ出やすくなるようにしました。

下の絵はこの間取りのLDをキッチンの方から見た内観図です。

等間隔で配置された縦長の窓が、何となくモダンな雰囲気を醸し出して、インテリアの見栄えも、ずっと良くなったと思いませんか?

このように、実際に家具を配置してみると、色々と不都合な点が見つかって、それを解決する案を出してみると、使い勝手も良くなって、しかも見た目にも美しくなるのです。

 

リビングの変更案1の内観図

 

上記の解決策で、家具は上手く配置できるようになりました。
しかし、これだけではまだ問題があるのです。

 

リビングの変更案1のゾーニング

 

リビングのエリアとしては6畳程度のスペースがあります。

しかし、この間取りだとソファーの後は通路として利用しなければなりませんので、実質的にリビングとして利用できる空間は4畳ほどの広さしかありません。

この間取り図のような形で、LDに隣接した和室をご希望される方は多いです。

その理由は、引戸を開け放てば、和室がLDと一体の空間となって、広く使えるからです。

確かにリビングと和室を合わせれば12畳の広さになりますが、実際に有効な空間が4畳では元も子もありません。

和室との一体感よりも、通路ゾーンをリビングゾーンに取り込むようにした方が、よりゆったりとしたリビングになります。

 

そこで、次の間取り図のように変更してみました。 

  

 

このページのトップへ ↑ 

 

- 変更案2 -

リビングと和室の間取りの修正案2

 

窓の位置は当初の間取り図と同じです。

ただし、東側の窓はハイサイド窓にしました。

この間取りの場合、得てして東側には隣の家が隣接して建っている場合が多いです。

ハイサイド窓にする事によって、隣の住人と目線が合わないようにできます。

そして、図のような形で、テレビを和室側に配置できるようにしました。

これなら、先の間取り図より、かなりゆったりとしたリビングになります。

ソファーも、幅が200センチだったモノから、ワンサイズ大きい240センチのモノが置けるようになりました。

 

リビングの間取りの修正案2の動線

 

また、キッチンから南の掃き出し窓へ行く動線も、2つの経路が産まれました。

普段はLDを突っ切って行きますが、もし、ソファーに座ってテレビを見ている人がいる場合は、和室を迂回して通れば、邪魔することなく、南の掃き出し窓まで行けます。

この間取りだと、和室との一体感と言う面では、弱くなってしまいますが、リビングゾーンの実質的な有効面積はずっと大きくなります

下の絵はこの間取りのDKをキッチンの方から見た内観図です。
先の内観図よりもリビングの家具がゆったりと配置できている事が伺えるかと思います。

比べやすいように、変更案2と先の変更案1内観図と並べます。

変更案2

リビングの間取りの修正案2の内観

変更案1

リビングの間取りの修正案1の内観

 

変更案1と2では、好みの違いにより、どちらを採用するかはわかれるところかと思います。

しかし、このぐらいまでは検討しておくべきかと思います。

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

主寝室とウォークインクローゼットの間取り(原案)

 

図は、元々の主寝室とウォークインクローゼットの間取りです。

夫婦2人で使う部屋なので、子供室より1.5畳広い、7.5畳。
そして、2畳のウォークインクローゼットが隣接しています。
北側と東側には腰窓が配置されています。

一見すると、何の問題もないように見えますが、この間取り図に家具を配置すると、色々と問題が見えてきます。

 

主寝室とウォークインクローゼットの間取り(原案)の問題点

 

例えば、シングルベッド2台にドレッサー(鏡台)を配置してみましょう。

まず、ベッドがドアに当たります

北側の窓は、冬になると冷たい空気が頭に降り注ぐので、非常に寝苦しい事になります。

しかも、西側のスペースは何の役にも立っておらず、無駄なスペースとなっています。
むしろ収納として利用する方が得策です。

クローゼットのドアの位置もよくありません。ドア付近には物を置く事ができないので、完全にデッドスペースとなっています。

 

これらの諸問題を解決するために、下の間取り図のように変更しました。

主寝室とウォークインクローゼットの間取り(改善案)

 

寝室を狭くした分、ウォークインクローゼットと物入れが広くなり、収納量を増やすことができます。

また、ウォークインクロゼットのドアの位置も、この方が有効です。

窓の位置も頭の上は避け、小さな窓にしてあります。

当然、入り口のドアは、ベッドに当たらない位置に移動します。

 

元々の間取りより、かなり合理的で使いやすい間取りになったのではないでしょうか。

実際は、まだまだ検討すべきポイントは有りますが、最低限、このぐらいは押さえておきましょう。

 

 

このページのトップへ ↑ 

 

子供部屋の間取りの原案

 

図は、元々の子供室とクローゼットの間取りです。

明るい南側に配置して、兄弟でケンカにならないように、両方とも6畳の広さで、窓の配置やクローゼットなど、できるだけ同じような条件になるようにしてあります。

一見すると、何の問題もないように見えますが、この間取り図に家具を配置すると、色々と問題が見えてきます。

 

子供部屋の間取りの原案の問題点

 

子供室に絶対必要な家具はシングルベッドと勉強机。

家具の配置の仕方は色々と考えられますが、理想的には図のように配置する事ができれば使いやすいでしょう。

子供室1では、このように配置すると入口が塞がってしまいます。また、南側の窓を開けた時、ベッドの上にいると、危険です。

同じことが子供室2でも言えます。

 

そこで、下の間取り図のように変更してみました。

 

子供部屋の間取りの窓位置の変更

 

窓の位置や大きさ、入り口の位置を変えて、なおかつ同じような条件になるようにしてあります。

これならしっくりとくる間取りになります。

ただ、もう一工夫加えてみましょう。

このクローゼットは奥行きが91センチありますが、チョッと深すぎます。クローゼットとしては60センチの奥行があれば充分です

 

そこで、クローゼットを下の間取り図のように変更してみました。

 

子供部屋の間取りのクローゼットの変更

クローゼットの奥行を60センチにして、
残った30センチ分は、反対側の部屋の本棚にします。

このようにしておけば、改めて本棚を買う必要もありませんし、
大工仕事で棚を作ってもらえば、ひじょうに安上がりです。

スペースの有効利用だけではなく、経済的にも大きなメリットが産まれてきます。

 

実際は、まだまだ検討すべきポイントは有りますが、最低限、このぐらいは押さえておきましょう。

 

このページのトップへ ↑ 


家の相談室へ
問合せへ

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。 ただ、WEB上で転用される場合は、 「家づくりを応援する情報サイト」からの転用である事を記載して、 更に、このホームページへのリンクをしてください。 どうかよろしくお願いします。

このサイトの管理者
株式会社ポラリス・ハウジングサービス
代表取締役 高田公雄
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1 京都1号館603

株式会社ポラリス・ハウジングサービスは「住宅CMサービス京都・滋賀」を運営し、 京都・滋賀で注文住宅を建てる人を第三者の立場でサポートする会社です。

会社概要  特定商取引に関する表示  個人情報保護について